Img_3461

今回はミュージカル

『peter pan』を見に行きましたgood

central lineのwhite city stasion から徒歩5分ほどのTroubadour white city Theatreというところで行われていました。受付にいた方々はとても陽気な方で、チケットを受け取るのもとてもスムーズでした。

まず印象的だったのは日本の映画館と同じように、食べ物や飲み物が持ち込み可能だったことですeye入り口の近くにもスナックやドリンクを販売していたのでそちらでも購入する事ができます。公演が7時30分でちょうど夕食の時間なので、軽く飲食ができるのは嬉しいですよねgood

しかし、公演中はスナックの袋の音や食べている音は周りに響くので注意が必要です!

公演を実際に見た印象として、表現の仕方がかなり面白かったですsun

まず、私たちがアニメで見てきた『ピーターパン』のイメージとは真逆のものでした。

アニメに登場するティンカーベルは小さくて可愛らしいメージでしたが、このミュージカルではそのイメージが覆されます。なので登場シーンでは観客全員が驚きに包まれていました。

他にも様々な役者が我々の想像を超えていました。日本のミュージカルでは出来ない、多種多彩な表現ができるのはイギリスならではなのだと感じましたshine

また、日本で黒子といわれるアシスタント側の人は、基本的に目立たないよう黒色の衣装を着ていると思います。

しかし、今回のミュージカルでは、彼らを隠すわけではなく役者と一緒になってパジャマのようなラフな格好をしていました。なので、劇中に彼らがどのような動きをしているのかが一目で分かります。役者が宙に浮く場面でもアシスタントは重要な動きをしているので、ときどき視点がそちらに向いてしまいますeye

このとうに、アシスタントの人が表に出て、舞台の流れを観客に見せるのも演出の一つなのだと感じました。

そして、ミュージカルの中でミュージシャンは端の方でスーツを着ながら演奏しているのが、私のイメージでした。

しかしこの劇のネバーランドの世界では、ミュージシャンも子供たちの輪に入り、表情を作りながら演奏し一緒に演じていました。そのため、音楽と劇に一体感があったように感じます。

アシスタントの方のようにミュージシャンの方の動きにも注目してみてみるのも面白いですnote

他にも、小道具をよく見てみると手作り感があるように見えて、細部にまで凝っていました。フック船長が苦手なワニが登場するシーンでは、リアルに再現されたワニではなく鉄のような板をワニに見立てて、目の部分をライトで表現していました。それを数人の人が持ちながら動きをつけていました。

このような演出もしっかりと味が出ていて、どこに視点を置いても飽きる事がありませんでした。

また、狼の登場するシーンでは狼と認識してできるのは、頭の被り物のみでした。しかし、骨折した時などに使う杖を狼の脚に見立てて4本足を表現していました。このような、日常で使っているものをミュージカルの中で表現できるのは面白いと感じました。

今回のミュージカルを見た中で、役者とミュージシャン、アシスタントの方全員で演じているようで、一体感を感じる事が出来ました。また物語の内容にそりながらも、キャラクターと役者の印象が全く違ったり、装飾品や生き物が面白く表現されていて、様々な面で覆される作品でしたeyeshine


A

2019

お得!美味しい!優待クーポンはこちらから

54px ☆H.I.S. ロンドン支店ホームページはこちら 


54px イギリス(海外生活・情報) ブログランキン ● にほんブログ村 

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS ロンドン支店

    ロンドン優待クーポン イギリス国内オプショナルツアー、ロンドン発欧州パッケージツアー PREMIER LEAGUE H.I.S.はアーセナル公式代理店です
    2019.11
    loading...
    WORLD情報局
    テーマ一覧