みなさん こんにちはnotes

今回は、プロウスリブ プトゥリ島について発信させて頂きますhappy01


前回紹介させて頂きました、プロウスリブ、パンタラ島は
旧JALの島として知られますが、他の島は、島により何が違うのか、
宿泊施設はどんな感じなのか今一つわからないですよね。。wobbly

・・というわけで、前回のパンタラ島に続き、
調査の為、今回はプトゥリ島に行って来ました~up
⇒パンタラ島体験記はこちら

それでは、どうぞ~happy01

プトゥリ島ツアーの始まりは、パンタラ島同様にアンチョール港から出発note
朝08:00と少し早い出発時間です。7:30くらいには到着して下さいdash
こちらがアンチョール港での受付の様子ですup

Photo_14

Photo_15

Photo_16

Photo_17

ライフジャケットもあり、モーターも日系メーカー製ですup

Photo_18

Photo_19



アンチョール港から出港して1時間30分、プトゥリ島に到着happy01
水が透明で魚もたくさんいますnote

2_11

到着すると人魚とダンスでお出迎えup

もちろんウェルカムドリンク付きで一気にリゾート気分になりましたhappy01

1_10

Photo_20

まずは、チェックインは午後2時にしますので、チェックイン時間まで島内を散歩したり、ご自由にどうぞ・・

島内の様子を写真でどうぞnote

Map

Free_of_charge

Art_shop

Front_office

Dive_shop

Sea2

Shop

Lizard

Map2

Other_room

Pool

そして、気になるお部屋はこちらup

Room_puturi

Room2

Room

カーテンを開けるときれいな海が広がっていますhappy01

Sea_2

エアコンも冷蔵庫もあり快適に過ごせましたup

Room_ac

Room_etc2

Room_etc

もちろん、トイレも水洗で、シャワーはお湯もでますhappy01
バスタオル、シャンプー・石鹸もついていましたup

Room_etc3

Room_etc4

が・・歯ブラシとボディソープがなかったのでこちらはお持ち頂いた方がいいですbearing

虫は出ませんでしたが、
気になる方は虫よけや蚊取り線香などもお持ち頂いた方がベターですup


そんなこんなで昼食の時間・・
ローカルフードのバイキングup
海を見ながらのビールはうまいhappy01
※ビールは売店・もしくはレストランで購入できました

Lunch4

Restrant

Lunch3

Lunch2

Lunch

レストランの隣の池に2匹のトカゲが飼われているのですが、
子供たりが興味しんしんで常にマスコット的な感じでしたhappy01

Lizard2

食後、ミニボートをレンタルし、釣りをしましたnote
エサは食堂でイカが買えましたhappy01
ちなみに価格はボート1隻1時間で3,000円くらいです。(ミニボートは4人まで乗れます)
私たちは、ボートを使って釣りをしましたが、シュノーケリングをすることもできるそうですhappy01

Boat

Boat2

Fishing1

1時間釣りをしましたが、10匹くらい連れましたup

Fishing2

おじさんいわく、今日は不漁と言っていましたdown
早朝が一番釣れるよと言っていましたが、とりあえず保留・・sweat01


フィッシング後、特典のサンセットクルーズまで時間があったので
シュノーケリングを楽しみましたhappy01

Snorkeling1

Snorkeling2

珊瑚がすごくたくさんあり、ポイントも広く楽しめますeye
ウニには注意です・・sweat01


その後、サンセットクルーズへ(16:00出港)up
こちらの船で行きますnote

Sunset_cruise

サンセットクルーズの途中、
偶然イルカに遭遇し、一緒に泳いでくれましたhappy01
乗っていた人たちもテンションMAXですup

夕日もきれいですheart04
⇒こっちがメイン笑

Sunset_cruise2

プトゥリ島に戻り、ディナーの時間まで
少し時間があったのでシャワーを浴びてからディナーhappy01
ディナーは19:00からでしたup

Dinner

Dinner2

釣った魚も一緒に食べられますhappy01

クッキングチャージは25000Rp(250円程度)でしたnote

Dinner_fish


音楽もダンスあり楽しい雰囲気のディナーでしたup

Dinner3


たくさん泳いだからか、その後、部屋に戻り爆睡でしたsleepy



翌朝、朝食会場へnote
朝ごはんはビュッフェ形式ですが、
そこでパンをもらって、後で魚にあげると大量に魚が寄ってきますhappy01


そんなことをしていると特典のボトムグラスボートの時間(AM09:00)に・・
海中の珊瑚や魚の観賞をを船中からお楽しみ頂けますhappy01
ガラスが厚いからかきれいに写真が撮れませんでしたが、ご紹介させて頂きますdash

Glassbottomboat

Glassbottomboat2

Glassbottomboat3

ボトムグラスボート終了後、ランチup


ランチを食べてゆったりしていると帰りの時間に・・

帰りも行きと同じボートですが、帰りはすごく揺れました・・
吐いている人はいませんでしたが、気になる方は酔い止めを持たれた方がよいかもしれませんsweat01

アンチョールには15:30頃到着しました
それでは、またpaperhappy01

みなさん こんにちはhappy01

今回は、プロウスリブ パンタラ島について発信させて頂きますup
旧JALの島として知られるパンタラ島ですが、現在はローカル企業に委託され、
どの程度施設が利用できるのかなど、気になる方も多いですよねnotes

そんなパンタラ島の現状を確認するためsmileパンタラ島に行って来ましたnotes

そんなパンタラ島ツアーの始まりは、朝08:30にアンチョール港から出航sign01
余裕を持って出発したのですが、到着したのは08:00頃でしたdash
こちらがアンチョール港の様子ですeye
ancol1
ancol2
ancol3

受付の様子ですnotes
ancol4

このスピードボートでパンタラ島に向かいますup
ちゃんとライフジャケットも1席に1つづつ設置されていましたnotes
boat1
こちらボートの中の様子ですnotes
boat3

モーターも日系メーカー製ですeye
boat2

それにしてもアンチョール港の水は汚いですね・・
ancol_water

アンチョール港から離れるにつれ、海がどんどんきれいになっていき気持ちがいいですhappy01
揺れもなく、快適でしたnotes
こちらは船の中からの写真ですが、うまく伝わりませんね・・sweat01
boat4

アンチョール港から出航して2時間後、パンタラ島に到着しましたhappy01
水がとても透明でめちゃくちゃきれいです
どどーんeye
pantara1
pantara2

到着後、まっすぐ行くと受付がありますnotes
pantara3

ウェルカムドリンク&ミュージックのお出迎えですっかりリゾート気分ですhappy01
welcome1
welcome2

チェックイン後、昼食まで時間があったので、島内をブラブラfoot
島内の様子を写真でどうぞshine
pantara4
pantara5
ロビーも広々としていますnotes
lobby1
ロビーには案内ボードもございますgood
lobby2

こちらは、マリンスポーツショップですhappy01
こちらで各種アクティビティの受付ができます
ツアー特典のシュノーケリングなども直接こちらのお店に行けばOKですscissors
shop
こちらが料金ボードです。リゾート感が出てますねfish
activites_menu

プールもきれいですup
pool

売店もあります24hours
pantara6

こちらはお部屋までの通路ですfoot
pantara7

そして、気になるお部屋はこちらup
コテージタイプのお部屋で目の前にはビーチが広がっていますeye
cottage1
cottage2
cottage3
cottage6

お部屋の中の様子はこちらnotes
cottage5
cottage4

エアコンも冷蔵庫もあり快適に過ごせましたbleah
もちろん、トイレも水洗で、お湯もでますscissors
バスタオル、歯ブラシ、シャンプー・石鹸もついていましたnotes
cottage8

cottage7

殺虫剤もございます・・・sweat02


水も置いてくれていましたが、ビールやつまみはないので、
アルコールが必要な方は持ちこみをお勧めいたしますhappy01


昼食まで、まだ時間があったので、特典のシュノーケリング1時間無料を行いましたhappy01
因みに受付・道具レンタルは、先ほどの入口すぐのスポーツショップで行えますnotes
diving_point
snorkeling4

凄い魚の数ですeye
多すぎて怖いくらいでした笑
snorkeling1
snorkeling3
snorkeling2

シュノーケリングでお腹も減ったことで・・レストランで昼食restaurant
ビーチの上にあるレストランは、どの席からも海が見え、開放感抜群でしたnotes
restrant1
restrant2
こちらがメニューですhappy01
ビュッフェスタイルで、ちゃんとスープやデザートもありますnotes
menu1
munu3
munu2
全てローカルフードですが、清潔で、美味しく頂きました
lunch

食後、フィッシングへpisces
島の裏側からローカルボートに乗り、出発shine
fishing4
ボートで少し行くと、魚が飛び跳ねていました!釣れそうですnotes
エサはイカです
fishing3
fishing1
鯛の様な魚やカサゴも釣れますが、南国らしい魚も釣れましたeye
けっこう大きいです 30cmくらいありますhappy01
fishing2

3時間やって30匹も釣れましたup


フィッシング後、特典のサンセットクルーズへnotes
海に沈む夕日が幻想的で美しい夕日でしたhappy01
sunset_cruise2
sunset_cruise1

日が暮れるとすっかり雰囲気がかわっていましたdash
dinner1
レストランでディナーですrestaurant
先ほど釣った魚も料理して、一緒に出してくれましたpisces
やっぱり釣りたてはおいしいhappy01
dinner_fish
波の音と生の演奏がマッチし、雰囲気も最高ですnotes
dinner2


食後、少し散歩しましたが、
きれいな星空が広がっていて、ジャカルタや東京では感じられない夜を感じることができましたnighthappy01

その後、部屋にもどり、シャワーを浴びたあと爆睡しましたsleepy
もちろん、お湯もでました
虫は出なかったですが、(気が付かなかっただけ?)
念のため、蚊取り線香の準備をお勧め致します。sweat02


翌朝、朝食会場へnotes
朝から美しい海を見ながらの食事は最高ですhappy01
morning1
morning2

朝食後、プールで泳いでお昼を食べるとあっという間に出発の時間ですdash


帰りも行きのボートと同じでしたが、帰りは揺れました・・wobbly
吐いている人はいませんでしたが、気になる方は酔い止めを持たれた方がよいかもしれません。

アンチョールには15:00過ぎに到着しましたnotes
それでは、またhappy01

皆さんこんにちは。

ご無沙汰しております・・・



編集途中のブログが見事に3回も消え、テンションガタ落ちの私です。。。

さぁ、気を取り直していきますね!





先日行ったプロウスリブのTidung島のお話です。

ジャカルタ アンチョール港から船で1時間ちょっとで行けちゃう島です。

その日は天気もよく、張り切って2階屋外席へ座って、

いざ出発~!!

船酔いを警戒して酔い止めを服用して乗船したせいか

出港間もなく夢の中へ~

睡魔に襲われる前に撮った写真がこちら!


『 H.I.S.ジャカルタ支店へSelamat Datang di   (ようこそ)!!』

アンチョールから出て間もない頃の海の色です。



船長さんに起こしてもらって、次に見た海がこんな色!!



じゃーーーん!

透き通るほどの海の色~

ジャカルタから1時間ほどでこの色の海!


『 H.I.S.ジャカルタ支店へSelamat Datang di   (ようこそ)!!』

Tidung島で生活している人もいて、

隔離された島、リゾートというイメージよりは、昔の雰囲気をそのままに残した

どこか親しみを感じる島でした。

レンタサイクルもあって、島をグルグル

(自転車の写真を撮り忘れました、すみません・・・)

もちろんU字ハンドルのママチャリです。。。


お食事処は、屋台が3軒ほど・・・

一緒の船に乗ってきた人たちが大荷物だったのは、そういうことでした。

自分たちでお菓子やらなにやらを持っていっていた訳です・・・





『 H.I.S.ジャカルタ支店へSelamat Datang di   (ようこそ)!!』

バナナボートもありました!!



気軽に行けちゃうプロウスリブ!

ちょっとしたリフレッシュに、皆さんいかがでしょうか?

日ごろの疲れやストレスを解消してくれると思いますよ

エイチ・アイ・エスではプロウスリブ特集をしています。

ちょっと気になったなー、という方は是非、ホームページへ!!

http://www.his-jkt.com/pulauseribu/









インドネシアからのご旅行ならH.I.S.ジャカルタ支店へ
お問い合わせ受付中


メール info.jkt@his-world.com

お問い合わせ・支店情報はこちら
MaiMai Bali
2019.06
loading...
WORLD情報局