Selamat Pagi~!スラマッパギ~!

Apa kabar?dash


先日バリ島のお隣、ペニダ島にある
洞窟の中にあるお寺に参拝体験をしに行ってまいりましたrun

その名も...


ギリプトゥリ寺院(Pura Goa Giri Putri)



ペニダ島はバリ島のお隣、東側に位置する島です。

ペニダ島と言えば、「クリンキンビーチ」「エンジェルビラボン」など

数々の絶景があり近年バリ島の観光客からの

人気が高まっているスポットですflair




バリ島サヌールの港からスピードボートで約45分ですが、

この日はサヌールからさらに北上して

天然塩の産地として有名なクサンバ(Kusamba)の港

から出発しました!ship




📷クサンバ港の様子

Img_6019

Img_6016

Img_6018




向こう側を見ると、すぐそこにペニダ島が見えますeye

クサンバからペニダ島へ行くとスピードボートでたった20分

しかも船の揺れもほとんどありませんでした。

すぐ船酔いする私には有難かったですhappy02


Img_6020




そしてペニダ島のサンパラン(Sampalan)という港に着くので、

ギリプトゥリ寺院までアクセスしやすいのですdash



ペニダに到着してから、バイクで向かいますbicycle

いい天気sun

Img_6085



2017年頃にペニダ島の絶景スポットを巡った時は

舗装が十分にされていないぼこぼこの道で苦労した記憶がありますが、

今回のギリプトゥリへ向かう道はきれいに舗装されており

スムーズでしたhappy01



いよいよ目的のギリプトゥリ寺院に到着です!

Img_6030

Img_6031




さぁいよいよ洞窟へ!!!

・・・と思ったら、まずは結構な長さの階段が待ち受けていましたcoldsweats01

お祈りのために正装を着ているため足元は巻きスカート状態なのもあり

運動不足の体にはややハードでした。


Img_6033



頂上(?)に到着するとそこには祭壇があり、

洞窟に入る前に最初のお祈りをします。

こちらのスペースはそこまで広くないため、

人が集まるときは順番待ちで、先ほどの階段の下まで

行列ができるそうですcoldsweats02

Img_6036

Img_6042





その後ろに署名と寄付金をおさめるところがあるので

そちらも済ませた後、いよいよ洞窟へ!!

Img_6040

Img_6044






なんとこの小さい穴を通って中に入っていきます!!

わかりましたか??

こちらの穴です!!!




B374466a5b1146fcba96d12673e018bc



大人1人がぎりぎり入れるかなsign02

というくらいの大きさです。

※ちなみに出口は別です。


ドキドキしながら中に入ると…



Img_6045



その入口からは想像もつかないほど、

とーっても広いですsign03eye



中はランプで明かりもあり、扇風機も置かれていました。

想像していたような洞窟の窮屈な感じはなく、

広々としていて、神聖な雰囲気が漂っていました。

Img_6048_2




洞窟内には複数の参拝箇所があります。

Img_6049


メインの参拝箇所は少し高くなっており、階段を上りました。


Img_6052



階段の手前には聖水でお清めするスペース。

Img_6055







Img_6056


要所要所でお供えとお祈りを行いました。

出口手前、最後の参拝箇所だけは中華風でした。


Img_6059




このギリプトゥリ寺院は『胎内』を表し、

参拝を終えて出口をでると、”生まれ変わる”という

意味があるそうですflair



とても神聖な場所でバリ・ヒンドゥーの参拝体験を

どっぷりとさせていただいて、心も体も浄化された気分ですhappy01



まだ行ったことのない方、是非訪れてみてくださいnote







Sampai jumpa lagi! サンパイ ジュンパ ラギ~(またね~)!


✿バリ島在住!猫好き2人とパグ好き1人の【チーム旅ブロ】✿

Selamat Pagi~!スラマッパギ~!
Apa kabar?dash


バリ島には電車が走っていないため、

主な交通手段は自身のバイクや車となりますrvcar

日本と比べるとバイクの所有率が高く、

一家に一台はあると言われるほどですflair

バイクはホンダ、ヤマハ、カワサキなど、

日系メーカーのものが人気ですよwobbly



バイクや車の所有者は、

日本と同様に年に1度税金の支払いが必要になります。

納付のタイミングはバイクの購入(登録)日から

起算して1年になりますので、

人によってタイミングはまちまちです。



ちなみに余談ですが、インドネシアでは

日本で取得した国際免許証が有効な国(ジュネーブ条約締約国)

に含まれていないため、

インドネシアで運転をする場合にはインドネシアの免許の取得が必要ですflair

無免許はもちろん、

検問時に賄賂を渡すことも犯罪ですので

旅行者はお気を付けくださいdanger




さて前置きが長くなりましたが、

本日は実際にバイクの納税に行ってみた様子をご紹介しますrun


いつもはインドネシア人の知人の方に

代理で手続きをお願いしていたのですが、

言葉の壁を心配しつつ、今回は自身で手続きに挑戦しましたrock


SAMSAT(サムサット)と呼ばれる事務所にて手続きを行います。

まず向かったのはクタエリア、サンセットロード沿いにある

大型スーパー カルフール(Carrefour)

なぜスーパーへ向かったかというと、

「カルフールの駐車場スペースに簡易サムサットがある」

という情報をゲットしたためですrock

通常のサムサットよりも早く手続きができる、

その数週間前に実際に手続きをしたという知人の話もあり

意気揚々と足を運びました。

すると・・・


到着。

Img_5171



駐車場をうろうろ…あ!あそこだ!!

Img_5173


閉まってる!!crying (※TUTUP=CLOSE)

Img_5174

クローズの理由はわからずですが、

近くにいたスーパーの店員さんに伺ったら

当面開きませんと回答が…down



というわけで、自宅から最寄のサムサットへ向かいました🏍






バリ島らしい赤い瓦屋根の建物

Img_5192



まずは入ってすぐのところの受付で、書類のチェックを行います。

対応してくださったお姉さんがピースscissorsしてくれましたhappy02


Img_5182



私はSTNK(車両登録書)のコピーが不足していたため、

再度この建物をでてすぐ、同敷地内にあるコピーカウンターで

コピーをとりに戻りました。

Img_5180

感染対策で透明の仕切りが設置されています。

順番はあってないようなもので、列などないため

積極的にお願いしないといけませんhappy02

コピーが終わると写真にある

紙製のクリアファイルのような”MAP”と呼ばれる入れ物に

挟んで渡されます。

どうやらこのMAPも手続きの際必要だったようです。

Img_5181




再び先ほどの建物に戻り、

『PROGRESIF』と書いてるカウンターで

持っている書類を見せます。

番号札を渡されて、

指定された窓口の前のイスに座って、

あとはひたすら待ちますthink

Img_5184



手書きの番号札。

Img_5188

Img_5185




ここでお支払い、と思っていたのですが、

何やら私のバイクは手続きが異なるようで、

また違う窓口に移動になりましたcoldsweats01

Img_5189


あとはひたすら自分の番号が呼ばれるのを待って、

お支払いとなりました。



支払いカウンター

Img_5190

そしてまた別の窓口で

新しいSTNK(車両登録書)と納税証明書を受け取って

終了です!

合計で約1時間ほど待ちましたねcoldsweats01




何かの書類に記入することや

難しい質問をされることもなく

基本的には必要書類を提出してお支払いするのみなので

心配してたほど難しいことはありませんでしたhappy01




なかなか観光の際には触れることのない

お役所の雰囲気を垣間見ることができて興味深かったですeye



それではまた別の記事でお会いしましょう~cancer



Sampai jumpa lagi! サンパイ ジュンパ ラギ~(またね~)!


✿バリ島在住!猫好き2人とパグ好き1人の【チーム旅ブロ】✿

Selamat Pagi~!スラマッパギ~!
Apa kabar?dash


本日は2021年3月9日(火)ですsign03


今週末3月14日(日)はいよいよバリ島のお正月とされる

ニュピ(Nyepi)がやって参ります。



ニュピとは

バリヒンドゥーの新年の儀式です。
ニュピ当日はこの1年を振返る静寂の日、祈りと瞑想の日です。
午前6時から翌日午前6時までの24時間、
バリ島内にいるすべての人の

・外出

・労働

・電気・火の使用

・食事・娯楽 

が禁止され、空港も閉鎖されます。


※実際には多くの人が食事をとります。

電気を使えないため、夜はきれな星空が広がり、

天の川もバッチリ見れますよshine

なおバリ島で使われている月の満ち欠けを基にした

『サカ暦』という暦を使用するため、ニュピの日付は毎年異なりますpencil


そしてニュピの前日は、プングルプカン(Pengerupukan)

呼ばれるお祭りで『オゴオゴ』(Ogoh Ogoh)という

巨大な張子人形のパレードが行なわれ、

バリ島の街中のいたるところが通行止めになりますcoldsweats02

※そのため旅行者は要注意ですdanger

昨年に引き続き今年2021年も生憎オゴオゴは中止になりますが、

本日は、例年どのような雰囲気なのかを写真でお伝えします📸


740c62637fc24cf99f88c6fc24cffbd6





各地区ごとに作成した巨大な張り子人形は、

皆なんだかおどろおどろしい見た目をしています。



0349cb008d84428cb2a8ac2e5135875b





これらは鬼や悪霊をモチーフとしており、

このパレードが終わった後、張り子人形は海で燃やされ

”悪霊退散”となり、

静かに平和なお正月を迎えるというわけです。


831e1a9f741a417b998bf4d6b37d4e83

652c42be44274462a9bf7d3ef106da78



夕方から夜にかけて、各自治体ごとに

このオゴオゴをお神輿のように担いでオゴオゴ会場を練り歩きます。

(走るrunといった方が正しいかも)

88c4bec9ad564e8fa23cc0b9472e0ffb








ちなみにニュピの前々日には『ムラスティ』と呼ばれる、
寺院に祭ってある御神体を海で清める儀式があり、
正装をしたバリ人達がビーチに集合して
みんなでお祈りを捧げる光景が見られますよeye


インドネシアの中でもバリ島独自のこの期間、

バリ好きなら一度は経験してみたいですよねcancer



Sampai jumpa lagi! サンパイ ジュンパ ラギ~(またね~)!


✿バリ島在住!猫好き2人とパグ好き1人の【チーム旅ブロ】✿



HIS バリ支店

バリ島旅行
2021.05
loading...