観光 2016.07.20

更新が遅くなり申し訳ございません。

(気がつけばローマの旅行からだいぶ時間が経ってしまいましたsweat01

今回このイタリア・ローマ旅行<パート2>では

私が参加したHISオリジナルの現地ツアーについて主に紹介したいと思います。

今回私が参加した現地ツアーは・・・

★H.I.S.オリジナル★ローマ満喫市内観光(コロッセオ入場付き!)

http://activities.his-j.com/TourLeaf/ROM0100.htm

という半日(午前)でローマの有名所を日本人ガイドさんと効率良く周れるツアーです。

今回私のように弾丸でローマに観光に来られた方に特にお薦めです。

又、上記のプラン+昼食、ヴァチカン博物館の見学がセットになった1日のコースもございます。

http://activities.his-j.com/TourLeaf/ROM0122.htm

(あいにく日曜日はヴァチカン博物館が閉まっている為催行しておりません)

まず朝08:15にコロッセウムの前に集合。

HISの看板を持った日本人ガイドさんがいたのですぐわかりました。

(あいにくこの日は雨でしたsprinkle

Img_2555

08:30~コロッセウムに入場します。

セキュリティチェックを通り、予め予約していた入場券をガイドさんが窓口で受け取ってツアー参加者に入場券を渡すという流れでした。

なんとそのコロッセウムの入場券で、フォロ・ロマーノ、パラティーノの丘まで入場できるんです!

ツアー中、時間が限られている為、フォロ・ロマーノ、パラティーノの丘には行きませんが、

お時間のある方はツアー終了後、又は次の日に行って頂けたらと思います。

※入場券は発行日と翌日の2日間有効です!

実際外側の写真しか見たことがなかったので

コロッセウムの中を見た時は正直驚きでした。

日本は弥生時代で人々が竪穴住居で生活していた時代に

ローマではこんな立派な劇場が作られたなんて、とても信じられませんでした。

敢えて写真は載せませんので実際ご自身で観に行って頂けたらと思います!

コロッセウム見学後、ワゴン車に乗って「真実の口」へ向いました。

(ツアー参加者の人数によってバス又はワゴン車のどちらかで移動するようです)

真実の口は車ですぐの距離だったのですが、

やはり映画『ローマの休日』の影響から既に観光客が並んでいました。

Img_2560

斜めから見るとこんな感じでした。

真実の口の前での写真撮影自体は無料ですが、寄付したい方だけお賽銭にお金を入れるシステムになってました。

隣接している教会の中にも無料で見学することができました。

次に映画『ローマの休日』でヒロインのオードリー・ヘップバーンがジェラートを食べていたシーンで有名なスペイン広場へワゴン車で移動しました。

Img_2574

あいにく修復工事中ということで階段の上を歩くことはできませんでした。

残念・・・

こちらもやはり人気スポットのようで多くの観光客がいました。

続いて本来なら徒歩で移動するルートだったのですが

今回ワゴン車だったので狭い道も通れるということで

次の目的地トレビの泉まで車で移動しました。

Img_2525

こちらも多くの観光客で賑わっていました。

泉を背にコインを投げるとローマにまた帰って来られるという言い伝えがあります。

ローマを訪れた際は、ぜひコインを投げて頂けたらと思います。

そしてこの後、すぐ近くのアイス屋さんでアイスを食べられるのもこのツアーの魅力ですlovely

少しお腹が満たされたところで、次にワゴン車でパンテオンまで移動しました。

Img_2581

あのミケランジェロが「天使の設計」と賞賛した神殿・・・

約2000年も昔の神殿が今も完全な姿で残っているということだけでも信じられませんよね。

あいにくミサの時間と重なった為、神殿内の見学はできなかったのですが、

この外観だけでも満足でした。

最後にナヴォーナ広場に行きました。

Img_2586

このツアー最後のスポット。

元々はドミティアヌス競技場という競技場だったみたいです。

今では観光客やローマっ子の憩いの場になっていて、

カフェやレストランが立ち並んでいます。

中心にそびえ立っている噴水の像にはそれぞれ意味があるみたいですよ。

残念ですが、ここナヴォーナ広場にてツアー終了です。

日本人ガイドさんがいてくれたおかげで効率よく観光名所を周ることができ、

とても充実した濃い時間になりました。

観光スポットの歴史や背景だけでなく

ランチならここの通りが安くてお薦めといった

現地に住んでいるガイドさんだからこそ知っている情報まで聞けました。

ということで早速お薦めの通りにあるお店で

ローマ発祥のカルボナーラをランチで注文してみましたrestaurantnotes

Img_2591

見た目も日本のカルボナーラと少し違いますね。

味も日本のカルボナーラよりもチーズの味が強かったです。

どちらかと言うと日本のカルボナーラはもっとクリーミーですね。

個人的にとても美味しかったです。

ローマに来られたらぜひ日本とは違うカルボナーラを試してみて下さい。

今回2回に分けてイタリア・ローマについて伝えさせて頂きましたが、

いかがでしたでしょうか?

HISではこのような現地ツアー、そしてパッケージツアー、航空券、ホテルといった手配もしております。

気になるものがございましたらお気軽に弊社HPのお問合せフォームから、

又はお電話にてお問合せ下さい。

http://www.his-germany.de/

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS デュッセルドルフ支店

    2020.12
    loading...
    WORLD情報局