Привет(プリヴィエト)!

戦闘機に乗るということで、事前に気をつけたり、体鍛えないと駄目かな?

いえいえ、そんなことはありません。

高血圧、心臓病など除いて健康であれば、誰でも乗ることができます。

当日のメディカルチェックもかなりシンプルでした。

Img_1850

その後、パイロットからフライトのイメージをレクチャーされます。

私は、成層圏フライトの後、アクロバティックも挑戦したので、

アクロバティックのイメージの説明も受けました。

Img_1890

後で気づいたのですが、このレクチャーは私にとってかなり重要でした!

なぜならフライト中に落ち着いて対応することができたからです。

例①フライト中、後頭部を座席にピッタリ付けること。

→アクロバットでの最大重力はG7。

 後頭部付けることを意識しないと、Gに負けてブラックアウトする方もいます。

例②アクロバティック中に気持ちが悪くなった場合。

→フライトスケジュールをある程度把握していると、気分が悪くなったときに

  この後のアクロバットの長さを計算でき、耐えられるか耐えられないか判断できる。

 もちろんフライト中は、パイロットと会話しながらアクロバットに臨みます。

 続行無理だったら、すぐにストップしてもらえます。

 無理して吐いてしまう人もいるそうですが、悲しい思い出に変わってしまいますので、

 絶対無理しない方がいいです。  

Img_1886

レクチャーの後、マスクの装着の仕方を練習します。

私はスキューバーダイビングをするので、耳抜きは慣れていました。

耳抜きできないとフライト中痛いので、ある程度練習していった方がいいです。

すべてのレクチャーが終わった後、重力耐久スーツを着込みます。

これ無しでフライトしてたら、間違いなくブラックアウトしちゃいます!

Img_1912

さぁ、いざ出陣です!

Img_2233

そして、今回私を成層圏へ連れて行ってくれる飛行機はこれ!

MIG-29戦闘機!!

Img_2058

後姿もオーチン・クラシーバです。

Img_1958

次回、いよいよ成層圏です。

では、Пока(パカ)!

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS モスクワ支店

    2021.01
    loading...
    WORLD情報局