労働事情 2009.03.02

ドバイは、外国人比率が80%を超える世界に稀に見る

多国籍社会だ

あるホテルでは、156ヶ国の方が働いているときいたことがある

しかし、これだけ外国人を受け入れているが

いざ雇うとなると意外な法律がネックになる場合が多い

私もこちらで、支店を作る際

雇おうと思ったスタッフがこれに引っかかり

雇えない例が多々あった


Six-Month Work Ban

これは、労働ビザをキャンセルした場合

6ヶ月間、国内で働くことを禁止される法律だ


多くの場合は会社が契約期間中と同じ期間のVISAを手配していると仮定してだが

契約社員が会社を契約期間中に止めた場合

当然、労働VISAがキャンセルされるわけだが

キャンセル後は

6ヶ月間、UAEで働くことができないのだ

つまり、会社も他社からのスタッフを容易に受け入れることが

できない法律であるともいえる

ちなみにこれは会社側の権利で

6ヶ月バンを使うか使わないかは

雇っていた会社の判断による


しかし、今、労働省は

Six-Month Work Banについて見直しをはじめているという

これは、労働運動などの高まりなどを考慮していると

労働大臣が答えている

今後、この法律がなくなると

会社間のスタッフの引き抜きの激化なども予想されるが

雇用者を増やしたいと思っている会社には追い風にはなるだろう


一長一短のこの禁止令。

さて、今後、労働省ではどのように扱われるか

注目ではある




HIS ドバイ支店

2020.12
loading...
WORLD情報局