2018.06.17

以前、ツアーに参加した際のご案内をしましたが、後編です。

今は寒いので、このツアーには参加できませんが、次回の夏に海でのアクティビティを希望の方。

是非、このツアー参加をご検討されてはいかがでしょうか?

昼食を各自取った後、Swim with Dolphines & Sealsツアー集合場所の桟橋へ。

まず、気をつけないといけないのは、必ず、集合場所へ行く前には水着を着用しておくこと!

桟橋では、フィンとウェットスーツの貸し出しをしていますが、

ボートに乗る前に、その場で水着の上から試着となりますので、ご注意を!!

(もちろん、試着室なんてものはありません)

さて。

ボートに乗った後は、船長がボートで移動しながらイルカを探知機で探し、

その間に、その他のクルーからシュノーケルの貸し出しと使い方、ゴーグルの曇り止め使用方法を説明します。

今回は、オットセイがいるポイントに行く前にイルカがみつからなかったので、

まずはオットセイのいるポイントへ!

ここは比較的、海が穏やかなポイントなので、希望の方はヌードル(細長いチューブ状の浮き輪のようなもの)を使いたい人には貸し出しあり。

Swimming1 Swimming2

でも、ここにはあまりオットセイっぽいのはおらず、どちらかというと、

このツアーに慣れる為の試し泳ぎ時間のようなものでした。。。

でも、こんな色鮮やかなヒトデをクルーが見つけてきました。

(ヒトデを触るときは気をつけましょう)

Swimming4

次に、イルカ、、、となるところでしたが、この日は天候もあまりよくなく

イルカの大群が見つからず、次のオットセイポイントへ。

ここは、結構、流れが速く、海に入っている人達がどんどん沖に流れていくのが分かりました。。。

泳ぎに自信のない人は、要注意。。。

Swimming5

ここのオットセイの休憩場所でもあるのか、高台に沢山オットセイがいて、中心にいるオットセイが外側のオットセイを押すせいで、

ばしゃーーーーん!!

と大きな音を立てて落ちる子や、喧嘩して落とされている子、自らジャンプする子などがいて

まさにカオスのような状態に、、、、

近くを泳いでいた人にオットセイがぶつかったりなどもしていました。。。

Swimming7 Swimming6

85%の確率でイルカに遭遇できる!というツアーだったのに、この日は天候が悪かったせいか

残りの15%の遭遇できないパターンで帰港することになってしまいましたが、

観光も海でのアクティビティもあるという、贅沢なツアーで大満喫できました。

今度の夏には、こちらのツアーに参加されてみてはいかがでしょうか?

第1弾は下記よりご覧頂けます。

Swim with Dolphins & Seals のツアーに参加しました①

メルボルンの観光、オプショナルは下記よりご覧頂けます。

メルボルンオプショナルツアー

****************************

H.I.S. メルボルン支店

ツアー・航空券など ご旅行のお問い合わせはお気軽に♪

電話 +61-3-8535-3711

メールでのお問い合わせはこちらから

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    H.I.S. メルボルン支店

    2018.11
    loading...
    WORLD情報局