ドイツではクリスマスマーケットが週末に開かれました。happy01

今日はニュルンベルクをご紹介。

1441549_10202654083931138_209329275

大きなマシュマロを様々な味のチョコレートでコーティングしたお菓子。

と~っても甘いです。

1471243_10202654087691232_182591323

メリーゴーランドなど小さな遊び場もあります。

1466213_10202654092411350_130842518

中心地の広場はお店がぎっしり並んでいます。

1484155_10202654098571504_637823885

フルーツを串に刺し、チョコレートでコーティングした美味しいお菓子。

1479021_10202654094851411_100132797

ドイツへお越しの際はぜひ下記オプショナルツアーをご利用くださいhappy01

ロマンチッククリスマスバス・ニュルンベルクとローテンブルク

http://activities.his-j.com/TourLeaf/MUC0033.htm

(Y.T.)

バス旅行 2014.03.10
みなさん、こんにちは
HISミュンヘン支店ですsun


シンデレラ城のモデルとなったと言われているお城
ノイシュヴァインシュタイン城bell


一度は見てみたいですよねeye





ミュンヘンからも1日観光バスが出ていて、日帰りでさくっと行けます。


朝8時
ミュンヘン中央駅からバスで
リンダーホーフ城へ

お昼
南バイエルンの美しい村、オーバーアマガウ

午後
そして、本日のハイライト
ノイシュヴァインシュタイン城

夜19時
中央駅にて解散


お城の周辺は山なので
観光をするには、どうしても車が必要です。

バスツアーですと、効率良く時間も決まっていて
そしてガイドさんがきちんと着いていてくれますので、安心ですよねnotes


私は以前、一度電車で行きました。

電車の時刻表と戦い、時間と戦い・・・
結果、1つのお城しか見られませんでしたshock


ミュンヘンへお越しの皆様
週末お城でも行こうかなとお考えの皆様

こちらのバス旅行を強くオススメいたします。


アルプスも絶景でございます。




詳しくはこちらのHPをご覧下さいclover

ノイシュバンシュタイン城とリンダーホーフ城 1日観光ツアー


1名様 51ユーロ


ご相談、ご予約等いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。


ミュンヘン支店スタッフ一同

心よりお待ちしております。

H.I.S. ミュンヘン支店
tel +49-(0)89-5432 990 0
fax +49-(0)89-5432 990 59
muc@his-germany.de



バス旅行 2009.06.09

6月だというのに、ちっとも初夏らしくないミュンヘン

雨の日がつづいたり、ついつい屋内での時間が増えがちです。

そんな気分を吹っ飛ばすべく!

先週、アルプス山麓の一角、ベルヒテスガーデンに行ってきました


ベルヒテスガーデンは、オーストリアとドイツの国境地帯に位置する、

湖と山の美しいところです。

「例のあの人」の山荘があることで有名なこの地をGlay Line社主催の

バスツアーで訪れましたbus

(Glay Line社はノイシュバンシュタイン城の観光などでもお馴染みですね!)



この日の朝は曇りcloud

山のお天気は変わりやすいので、折り畳み傘とサングラスを持参sprinkle


8時10分clock ミュンヘン中央駅の集合場所に到着すると、

すでに人とバスがいっぱいでした。

Glay Line社のバスは全てここから出発するので、スタッフの方たちが

お客さんの行き先を念入りに確認します


エイチ・アイ・エスミュンヘン支店便り

ベルヒテスガーデン・ツアーのガイドはマリアンさん

バウチャーを渡して2階建てバスに乗りこむと、車内もすでにいっぱいでしたeye

この日のお客さんは、ほとんどがアメリカからと中南米からだったので、

マリアンさんは、英語とスペイン語でガイドをしてくださいました





エイチ・アイ・エスミュンヘン支店便り

右手にアルプスが見えてきます。
バスの右側に座ったほうが、車窓を楽しめますnotes
 

10時30分clock 

Ramsan-Taubenseeというところで、15分の休憩を取りました。

みんなバスから降りて、アルプスを背景に写真撮影しましたcamera



11時45分、ベルヒテスガーデンの町に到着。

すでに、ちょっとひんやりした空気になっていましたconfident

心なしか、雲行きもだんだんあやしくなってる・・・・typhoon


ここで公共バス(ケールシュタイン・バス)に乗り換えて、山荘のある

山のふもとまで向かいます


エイチ・アイ・エスミュンヘン支店便り
駐車場にある、この看板がバス乗り場の目印です
エイチ・アイ・エスミュンヘン支店便り
この階段を下りると、お土産もの屋さん、お手洗いなどがあります。

寒いので、熱いコーヒーを飲んでいる人がたくさんいましたcafe



ちなみにここで外気温は9℃、山頂は5℃sign03

ミュンヘンを出発するとき、15℃はあったはず。

山頂に行く前に、ちょっとドキドキcoldsweats02


エイチ・アイ・エスミュンヘン支店便り

バスに乗って、ヘアピンカーブをくねくね上がります。

空がどんどん暗くなってきました・・・sweat01



山頂にある山荘は、ヒトラーへの誕生日プレゼントとして

ナチス隊員がつくったもの。

この一帯をナチスのものにするために、住民は強制的に

移住させられました。

山荘に上がるための「黄金のエレベーター」も、彼の権力を

誇示するために 金を用いてつくられたのだとか

当時の彼が、どれほど力を持ち、人々が恐れながらも
追従していたのかが垣間見えた気がしました。
エイチ・アイ・エスミュンヘン支店便り
エレベーターに乗る前に、短いトンネルを通ります
ちなみに、この先の黄金のエレベーターは写真撮影禁止camerang
 


せっかくのプレゼントでしたが、ヒトラーにとって、この別荘
「大のお気に入り」とはならなかったようです。
迷信深い男だったため、落雷や雪崩などで自分が命を落とさないかと
心配したのだ、とはマリアンさん談。


エイチ・アイ・エスミュンヘン支店便り

黄金のエレベーターで山頂まで上がると、雪がいっぱい残っていましたsign03

霧もかかり、まるで別世界です。。。



山頂では、2時間弱の自由時間がありましたfree

エイチ・アイ・エスミュンヘン支店便り
  別荘の中を見学


エイチ・アイ・エスミュンヘン支店便り
この町とヒトラーの、数奇な歴史をパネルで紹介しています。
全部ドイツ語で書かれているため、マリアンさんがひとつずつ
英語に訳して解説してくださいましたmemo


エイチ・アイ・エスミュンヘン支店便り

              





                        

山荘にはレストランもありますrestaurant      

エイチ・アイ・エスミュンヘン支店便り











 


山荘の外に出ると、先ほどより視界が悪くなっていましたcoldsweats02

エイチ・アイ・エスミュンヘン支店便り


コーヒーとケーキで体を温めたし、せっかく来たからには山頂の十字架まで行かなくては!

たいそうに決心しましたが、5分ほどで登頂できましたshoe


             エイチ・アイ・エスミュンヘン支店便り


                
13時45分clock
エレベーターを下りて、バス乗り場に集合しました。
この頃になって、ようやく雲間から太陽が顔を出しましたheart04
     
エイチ・アイ・エスミュンヘン支店便り

晴れると、山頂まできれいに見えます



またまたヘアピンカーブをバスで下りると、ここでもフリータイムが

もうけられました。

2時間ほど時間があるので、このときに昼食をとることもできますrestaurant


エイチ・アイ・エスミュンヘン支店便り

レストランからは、アルプスを堪能できます



エイチ・アイ・エスミュンヘン支店便り

お天気が良ければ、外のベンチがオススメ




私は山頂で腹ごしらえをしたので、ここでは資料館を訪れることにしました。

資料館は、レストランの脇にある階段を下りるとすぐのところにあります。

エイチ・アイ・エスミュンヘン支店便り

入り口で各国語のガイド・ボード(ラミネート加工のbook)を貸し出しています(日本語版もあり)。

有料音声ガイドはドイツ語、英語などで借りられます。

こちらは残念ながら日本語はありませんでした。



エイチ・アイ・エスミュンヘン支店便り
館内展示はとっても充実しています
       
展示はすべてドイツ語のみで表示されていますが、写真、音声、ビデオ、
ジオラマなどがたくさんあったので、説明を読まなくてもボリュームたっぷりです。

しかし、この資料館の目玉は、地下にある防空壕かもしれませんsign02

実際に使われていた防空壕が保存されているのです。



エイチ・アイ・エスミュンヘン支店便り


エイチ・アイ・エスミュンヘン支店便り


防空壕は想像以上に広く、ダンジョンという感じでした。


青空とこの資料館のテンションは対照的ですが、「事実を伝える!」という
使命感が感じられるので、山荘を訪れることがあれば、ぜひこちらにも
行ってみてくださいねthink

エイチ・アイ・エスミュンヘン支店便り


16時clock
借りていた日本語のガイド・ボードを入口で返却して、
集合場所に向かいました。

はじめに乗って来たGlay Lineのバスに乗りこんで、一路ミュンヘンへbus
この日は聖霊降臨の日。
祝日らしく、とマリアンさんがヴィヴァルディのCDを流してくださいましたnotes
ほんと、粋な方ですheart01

エイチ・アイ・エスミュンヘン支店便り




エイチ・アイ・エスミュンヘン支店便り



18時過ぎにミュンヘン市内に入りました。
ここからは、お客さんの滞在するホテルをいくつか通って、少しずつ降ろしていきます。
(帰りのバスの中で、何人かの方はリクエストしていたようです)


18時30分、定刻通りにミュンヘン中央駅に到着。
みんなマリアンさんに丁寧なガイドにお礼を言って、バスを降りて行きました。


これから夏にかけてはアルプスの景色が堪能できること間違いなしsign03

Glay Line社主催のバスツアーについては、こちらから詳細を
チェックしてくださいね。
http://www.his-germany.de/


エイチ・アイ・エスミュンヘン支店便り


「ベルヒテスガーデンとイーグルネスト」(毎週月曜・金曜に催行) 47ユーロ

ケールシュタイン・バスと黄金のエレベーター  16ユーロ
資料館                          3ユーロ



HIS ミュンヘン支店

2020.12
loading...
WORLD情報局