こんにちはsun

先日、サンディエゴの内陸部にある、とある場所へ行ってきました。

どこかというと……

Img_8484

じゃーん!

今話題(!?)のサルベーションマウンテンshine


サンディエゴのダウンタウンから車で3時間ほど内陸に向かって走ります。

途中の景色はこんな感じ。
ダウンタウンの都会の景色とは一転、アメリカならではの広大な山道や砂漠が続きます。

Img_8461

農場や牧場もたくさんありますよ。

Img_8470

果てしない一本道を進んでいくと……

Img_8475

見えてきました!

Img_8479

到着~shine

Img_8493

広い砂漠の中に、突如現れました。

とにかくあたり一面カラフル!!
写真では見たことがありましたが、やっぱり本物は迫力が違うhappy02

このサルベーションマウンテンは、レオナード・ナイトさんという方が「神」「愛」「自由」といったメッセージを広く伝えるために、
約30年もの年月を掛けて、ひとりで作り上げたものです。

最近では芸術雑誌や、ファッション誌のロケ地としても使われていて、日本でも話題になっているとか。


Yellow Brick Roadと呼ばれる黄色い道をたどって山頂へ…

Img_8505

こうしてみると、本当に砂漠の中にぽつんと存在しているのがわかりますね。

Img_8524

メインの山以外に、洞窟のような場所も発見eye

Img_8542

中はこんな感じです。どこまでもカラフル!

Img_8538

こちらは木のオブジェ。

Img_8555

とにかく隙間なく、びっしりといろんな色で埋め尽くされているので、

写真を撮る角度を少し変えるだけで、違った見え方になりますよcamera




サルベーションマウンテンから帰る途中、ジュリアンという小さな町に寄りました。

Img_8625

ジュリアンは、なんといってもappleりんごappleが有名!

ここで作られたアップルパイを求めて、遠くからたくさんの人が訪れます。

今回は、こちらのJulian Pie Companyで一休みすることに。

Img_8641

オリジナルアップルパイとシナモンアイスクリーム

Img_8620

おいし~いnote

温かいアップルパイと、冷たいアイスクリームの相性が最高!
長距離移動で疲れた体には甘いものが一番ですねbleah



最後にもう一枚。

Img_8601

車がないと行けませんが、遠くても見に行く価値はあります!


ツアーで行けちゃうのはH.I.S.だけshine

サルベーションマウンテン&ジュリアン観光 ~愛に満ち溢れたオブジェを見に行こう!!~


芸術品として楽しむのもよし!
写真を撮りまくるのもよし!
モデルになりきってポーズを決めるのもよし!
いろんな楽しみ方で満喫してくださいね~smile

サルベーションマウンテンを出た後。そのまま帰ったら

勿体無いです。

朝から出発されるなら、昼にはサルベーションマウンテンを

出ますから。その後砂漠を走ってみませんか?



目的地はアップルパイの町ジュリアン。



まーっすぐな道(78号線)をひた走り、

山岳地帯に入ります。

約1時間30分で目的地ジュリアンです。











アップルパイのお店は何件かありますが、

地元の人が ここが一番おいしいよ。

と教えてくれたお店に入ります。

(これは結構ポイントです。なにせ人によって

違いますからね。お勧めの店は)



←に従って細道を入ると。





こじんまりしたいい感じのお店。



ちょうど、甘い物が欲しくなる時間だった事に

アップルパイを前にして気付きます。



何となく、50年前ぐらいから時間が止まっているような

カリフォルニアの田舎町。

①に書きましたが、日本からのお客様のイメージする

南カリフォルニアは海/ビーチですよね。

でも、カリフォルニア州の内陸の大半はこんな感じ。

長く住むとこっちの方が落ち着きますね。


で、山にはえる夕日を撮りたくて砂漠に戻ります。



この後、日が暮れて復路、山の上で

星を見ました。


休日にこんな風にドライブは久しぶりだなと。

写真もいっぱい撮れたし。なんとなくいい休日

だったのではないかな?と思いました。


(終)



続きです。


州道111号線からMAIN-STREETを右折。

5分ほど走ると、それは突然目の前に現れます。







これを見た感想は。。。。

人それぞれなのではないかと。

子供達にはなんか、お菓子みたい。

大人でもアートの心得がある方はそういった見方を

されるのでしょうし、僕のような絵心も信仰心も

ない人間だと、なんかすごいなぁで終わってしまうかも。

でも、ここの成立についての逸話を知ると。

「うーん」とうなってしまう感じです。

このサルベーションマウンテンはレオナルド ナイトさんと言う

男性が一人で約30年かけて作成した巨大なオブジェ?です。

彼は信仰心を体現すべくこれを作ったそうで。

至る所に神様を賛美する言葉が書かれています。

今年の2月にお亡くなりになったそうで。生前は

訪問客に自ら説明をされていたとの事。

そういったストーリーを聞いた上で、見ると。。。。

「うーん」とうなってしまう感じ。

正直近くで見ると、ペンキが所々はげていたり、

線もまっすぐじゃない。

でも、遠くから見るとものすごく計算して塗ったように

見えなくもない。

最後には「すげーな」 と共に何となく来てよかった。

と思えました。



作りかけの部分もあります。





登れます。

黄色の所を歩いてくださいね。



他にもいろいろ写真素材にいい感じの所が

あります。


滞在は1時間あれば充分かと。

サンディエゴからだと、途中休憩併せて

3時間ぐらい掛かりますが。行く価値は

かなりあるかと。(あくまでも個人的な見解ですが。)


続く



HIS サンディエゴ支店

2020.12
loading...
WORLD情報局