ブログ 2012.01.24

Привет!!! (プリヴィエト)


さて、本日紹介するのはベラルーシの首都『ミンスク』です。

H.I.Sモスクワ支店 マトリョ-シカのブログ

ベラルーシとロシアは今も国と国の繋がりが強く、ベラルーシ人が

ロシアで仕事をするのにもビザが必要ありません。

(例外もありますが、他のCIS諸国は基本的に必要です。)

だから、街の中心にはやっぱりレーニン像がドーンです。デカイ!

H.I.Sモスクワ支店 マトリョ-シカのブログ

街並みもモスクワに似ていますね。


H.I.Sモスクワ支店 マトリョ-シカのブログ

しかも、グムツム(両方共百貨店)もありました。下はツムです。

H.I.Sモスクワ支店 マトリョ-シカのブログ

ただ、モスクワと圧倒的に違うのは街の綺麗さと空の広さ・・・。

H.I.Sモスクワ支店 マトリョ-シカのブログ

道がてとも綺麗で歩きやすく、散歩しているだけでも気持ち良い!

H.I.Sモスクワ支店 マトリョ-シカのブログ

近代的なビルも結構建設されています。

これは何だと思いますか?

H.I.Sモスクワ支店 マトリョ-シカのブログ

実は国立図書館です。

ベラルーシはとても教育に力を入れてます。

弊社のターシャもベラルーシ大学から日本へ留学し、5年間勉強

しました。

彼女は背中にチャックがついていて、中から日本人が出てくる

のではと思うくらい日本語がうまく、日本人のマインドを

持っています(笑)。

なので、ロシア人の日本行き手配に関しては、タ-シャを中心に

進めています。周りにロシア人で日本に行ってみたい方がいたら、

是非ご紹介下さい!

おっと、モスクワ支店アピールになってしまい大変失礼しました。

『ミンスク』に戻りましょう!!

【ベラルーシ国旗色にはためく旗】

H.I.Sモスクワ支店 マトリョ-シカのブログ

地下鉄もありました。
H.I.Sモスクワ支店 マトリョ-シカのブログ

メトロ入口の頭上の壁には戦争のレリーフが描かれていました。

H.I.Sモスクワ支店 マトリョ-シカのブログ

ベラルーシはフランス・ナポレオン軍やナチス・ドイツ軍が、

ロシアやソ連に侵攻する時に必ず通る道の途中にあるため、

昔から多くの犠牲者がでている国です。

なので、街中にやはり戦争に関わる事が数多く見かけられます。

しかし、モスクワと違って、地下鉄はそれ程深いところまで、

掘られていませんでした。しかも、赤ラインと青ラインの2線のみ。

H.I.Sモスクワ支店 マトリョ-シカのブログ

乗り方は、ロシアと変わらないのですが、

H.I.Sモスクワ支店 マトリョ-シカのブログ
チケットを買うとおもちゃのようなコインがもらえます。

サンクトやキエフと同じですね。(モスクワは紙のカードです。)
H.I.Sモスクワ支店 マトリョ-シカのブログ
ベラルーシの地下鉄も気合入っている駅がありました。
H.I.Sモスクワ支店 マトリョ-シカのブログ
芸術家にデザインを委託しているそうです。
H.I.Sモスクワ支店 マトリョ-シカのブログ
日本も駅の名前にちゃんと由来がある訳で、その由来にあわせて

それぞれ個性のある駅を作ったら、それだけで観光資源になるし、

日本人ももっと芸術を身近に感じることができるのになぁとつくづく

感じます。

私のように芸術を身近に感じながら芸術センスが上がらないことも

ありますけど・・・。
H.I.Sモスクワ支店 マトリョ-シカのブログ
地下鉄自体はモスクワと全く同じでした。

もしかしたら、モスクワと地下鉄で繋がってたりして・・・などと、

ありえそうなソ連ジョークが頭をよぎりました(笑)。
H.I.Sモスクワ支店 マトリョ-シカのブログ
ミンスクの観光名所と言えば?
まずは、『トラエツカヤ旧市街区』です。
H.I.Sモスクワ支店 マトリョ-シカのブログ
戦前の商家などをそっくり復元したエリアで、現在はお土産屋など

が、多く軒を並べています。ここはソ連っぽい雰囲気が全くなく

昔のベラルーシの街並みを垣間見ることができます。


続いて、『聖霊大聖堂』
H.I.Sモスクワ支店 マトリョ-シカのブログ
白亜のバロック様式教会で、もともとカトリック教会だったものが、

1852年にロシア正教の教会となったものです。

澄み渡る青空に白い教会がとても美しく目に焼き付いています。


そして、『聖シモン・聖エレーナ教会』
H.I.Sモスクワ支店 マトリョ-シカのブログ

この教会ミンスクでは赤の教会と呼ばれておりとても美しいです。
H.I.Sモスクワ支店 マトリョ-シカのブログ

でも、我々日本人に取ってベラルーシを凄く身近に感じる事が

できる教会でもあります。

なぜなら、長崎の浦上天主堂から贈られた鐘が記念碑として

飾られ、さらに右のプレートが付いています。

H.I.Sモスクワ支店 マトリョ-シカのブログ H.I.Sモスクワ支店 マトリョ-シカのブログ

ベラルーシは、ウクライナ・チェルノブイリ原発事故の影響をもろに

受けた国です。同じ怖さを知っている国同志、もっと勉強しないと

いけないと感じました。

あと、もう一つガイドブックにも載っていませんが、仙台公園という

公園があります。

仙台市とミンスクが姉妹都市になって、もうすぐ40年だそうです。
H.I.Sモスクワ支店 マトリョ-シカのブログ

その仙台公園、今は冬なので寂しいですが、数多くの桜の木が

植えられており、4月下旬から5月には満開を迎えます。

モスクワから一番近いお花見スポットはミンスクですね。
H.I.Sモスクワ支店 マトリョ-シカのブログ
こうしてゆっくりのんびリズムでミンスクを一日歩き周りました。

見えない部分での経済格差なども多々あると思いますが、

最後には意外と日本と身近なくになんだということを肌で感じ、

今の気分は、こんな感じです。
H.I.Sモスクワ支店 マトリョ-シカのブログ
次回はベラルーシの世界遺産を2つご紹介しますね!

では、пока(パカ)!

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    • 投稿: 山本はるみ -2017年8月 7日 (月) 15時47分

      昨年、モスクワに2ヶ月留学した時に、大学の寮でベラルーシ出身の女性に会いました。
      その方に持っていた日本茶を差し上げるととても喜んでくださり、メールも交換できるようになりました。、べら

    • 投稿: 山本はるみ -2017年8月 7日 (月) 15時49分

      それから、ベラルーシってどんな国なんだろうと関心が出て来ました。
      とても綺麗な街のようですねー。
      いつか行ってみたいです。

    

    HIS モスクワ支店

    2020.10
    loading...
    WORLD情報局