晴れていてもまだまだ寒いトロントcoldsweats02

皆さんは、週末はゆっくりできましたかsign02

数週間前になりますが、お誘いを受けて[Come From Away]を見ましたhappy01

Dsc07167

会場はここsign03Royal Alexandra Theatre

Toronto__on__royal_alexandra_theatr

歴史を感じさせられる建物は、周りの近代的な建物buildingの中から一瞬でレトロな昔な感じに

タイムスリップさせられますshine初めて中に入るシアターにドキドキheart01ワクワクshine

少し手狭に感じるシアター内ですが、ステージとの距離も近く十分楽しめますnote

(今回は1階席右手のオーケストラ席での鑑賞でしたsign03)

19世紀のシアタースタイルを残しているため、エレベーターがなく、

車いすをご利用されるお客様は1階のオーケストラ席のみ利用可能と、

少々不便をは否めませんが、中はとても綺麗ですbleah

Dsc07175

Dsc07180

Dsc07185

Dsc07187

そしてバーラウンジとお手洗いに繋がる階段を下りていくと・・・

Dsc07172

クラシックな感じのバーラウンジのお出ましhappy01普段とは違う雰囲気が味わえますhappy02happy02

Dsc07170

ショーが終わると、すぐ横の壁が一斉にオープンしすぐに外に出られましたsign03

(少々びっくりしましたが・・・eyesweat01sweat01)

ショーの後は、実際出演した俳優さんたちなども交えたパーティーへnotesnotes

立食スタイルのパーティーでしたが、お酒も食事も欲張っちゃいましたdelicioussmiledelicioussmile

Dsc07217

Dsc07206

Dsc07214

Dsc07218

さてさて、少々ネタバレ?にはなりますが、このミュージカルをご紹介upnote

少々変わったタイトルのミュージカルですが、2001年9月11日に起こった

同時多発テロにより、カナダ、ニューファンドランド島のガンダーという街に滞在を

余儀なくされた7000人と現地住民(約1万人)のストーリ。

1日目は機内で待機をする乗客達は、2日目からガンダー市内へ移動。

5日目自国に戻れることになる頃には、多くの友情や愛が生まれましたsign03

舞台となった街ガンダーに隣接するガンダー空港は、アメリカ→ヨーロッへ向かう飛行機airplane

燃料補給をする為の空港で、この事件により瞬く間に人口が(数日間)膨れ上がることにshock

tvではアメリカ(NY市内)の様子があちらこちらで報道されていましたが、

ここカナダでもこのようなストーリがあるとは知らず、改めて事件の大きさを痛感wobblywobbly

そしてショーの最後では、モデルとなった実際の人たちも出演し、

会場は感動と歓声で渦typhoon巻きました(この人たちもGalaに来ていました!)sign03

Dsc07202

Dsc07200

Dsc07196_2

トロントでミュージカル鑑賞は絶対に外せませんので、

皆さんも是非機会があれば、ご覧くださいflairflair

当該ミュージカルは10月21日まで上映中winkwink

Come From Away: https://www.mirvish.com/shows/come-from-away

こんにちは٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ heart01

今の気温は1℃。体感気温はなんと-4℃です・・sweat02

寒いはずです( *՞ਊ՞*)ノheart03

長い冬snowがもうすぐそこまで来てますね(⑅∫°ਊ°)∫

それはさておき、H.I.S.限定のスペシャルツア-をご紹介します\\(۶•̀ᴗ•́)۶//heart04

その名も『ネイチャーガイドと行く!キングストン&白フクロウを探す1泊2日の旅shine

みなさんフクロウ見たことありますかsign02

Photo_3

Photo

_2

Photo_2 ©東京カメラ10選 井上浩輝

日本では体験することが出来ない、大自然の中での白フクロウ探し🔍!

1度経験してみてはいかがでしょうか(๑ˇεˇ๑)•*¨*•.¸¸♪🐥??

ただし日付限定ですdanger

one2017年12月21日出発

two2018年02月04日出発

three2018年02月25日出発

four2018年03月04日出発

詳しくはここをクリックflair

HARUtulip

こんにちはshine

今回紹介するのはビールbeer好きのためのツアーheart04

カナダにはたくさんの地ビールがありますが、

今回紹介するのは緑色のパッケージが見印のSteam Whistle Brewryのビールbeerですnotes

_dsc7899

Breweryの外観はこんな感じですflair

場所はユニオン駅から歩いて10-15分くらいのとこにありますfoot

ロジャースセンターの目の前ですbaseball

予め見学ツアーの予約をしてたので、

入り口でお姉さんに名前を言い、確認後中に入りましたsign03

まず入った先にカウンターがありウェルカムドリンクをもらいましたbeer

Img_0570

カウンター横にはBreweryのグッズがたくさんnote

Img_0567

お土産にいいかもしれないですねheart04

そしていよいよツアーがスタートnote

専用のヘッドセットが配られますshine

Img_0580

醸造所の中に入ってしまうとなかなか周りの音で声が聞こえにくくなるが、

ヘッドホンセットがあると声がクリアに聞こえて説明を正確に聞くことができますnote

そしてなんとツアーに参加することでビールを1本ただでもらえちゃうんですup

Img_0583

ツアーの時間はだいたい30-40分程度⏰

どうやって工場ができたのか、どういった流れでビールが作られているのか、

材料には何が使われているのか、なぜ1種類しか種類がないのかなどなど

Steam Whistle Beerに関することを説明してくれますnote

Img_0586

Steam Whistleビールの名前の由来は

5 o'clock = beer o'clockということをみんなに知ってほしく、

そのためにはSteam Whistledashが必要だ!という考えになり

この名前を付けられたのだとかpencil

発送がとてもユニークですよねhappy02

そしてツアー終了後には、なんとunfilteredのビールbeerを飲むことができます!

Img_0605

ご覧の通りこのツアーは無料でお酒をたくさんもらえますshine

そのせいかツアー終了時にはほろ酔い状態になりましたwink(笑)

まさにこのツアーはビール好きのためのツアーです!

軽いスナックで食べたプレッツェルも美味しかったですbleah

_dsc7892

気になった方は、ぜひツアーに参加してみてくださいねheart04

ちなみにツアーはすべて英語ですrun

予約は下記リンクからどうぞ!!

Stream Whistle Brewery

255 Bremner Blvd, Toronto, ON M5V 3M9

http://steamwhistle.ca/tour/tourInfo.php

料金:CAD12

Img_0575

HARUtulip



H.I.S. トロント支店

2018.06
loading...
WORLD情報局