この時期だからこそ?よく見る動物が

我が家にもやってきましたーwobbly

それは・・・ラクーン🦝

Wp_20190706_07_32_34_pro

食べ物を求めているのか遊んでいるだけは分かりませんが、

庭がガサガサするなーdashdash

と呑気にしていたらなんと4~5匹もいましたsweat01sweat01

家族ですねきっとsign03

Wp_20190701_20_43_09_pro

Wp_20190701_20_43_26_pro

こんな胴体丸いのに素早く木登りをしたり、逃げたり・・・run

Wp_20190701_20_44_25_pro

Wp_20190701_20_44_37_pro

この間は野ウサギ🐇が訪問していたり(←写真がない・・)、

リス🐿は日常茶飯事であちこちで見かけますが、夏ですねhappy02

ラクーン🦝は色々な意味で天敵の野生動物ですが、

見ている分にはまー・・・良いのでしょうか(笑)

道のあちらこちらで事故にあった動物を見かけるのも、

季節の風物詩ですねcoldsweats02

運転する皆さまも、飛び出してくる野生動物には要注意ですimpact

日本は長いGWがついに終わりましたね!!

皆様はどのように過ごされましたか?

トロントに滞在されている方はご家族やお友達がたくさん遊びに来られたことだと思います。

私も家族がGW、トロントにやってきました!!!!

初めて家族が来るということで準備を開始happy02good

最初は嬉しくてノリノリだったが、

考えてるうちに

めんどくさくなり放置。。。。。

日程が近づいてくると焦り始める私sweat01sweat01sweat01 

まず、トロント旅行で誰もが求められるもの

1、ナイアガラの滝

Img_1638 Img_1641

2、トロントの観光地巡り

Img_2742_1

Img_2757 Img_5593

の2つです。この2つを回るのに必要なのは3日

そのため日本から来られる方は日数が余りがち。。。。。。crying

---------------------------------------------------------------

トロント旅行の際はもう一つ都市を+しましょう!!!

オススメはこちらnote

1、トロント+ニューヨーク(ALL)←誰もが一度は行きたい

059

2、トロント+プリンスエドワードアイランド(母娘旅)←アン世代の母親(笑)

Tpei08_js_anne_lupins_arms_out_colo

3、トロント+モントリオール、ケベックシティー(女友達)←インスタ映え

Img_5622

4、トロント+カナディアンロッキー(ALL)←世界絶景100の1つ

L158morainelake

********************************************

今回、父に作った旅程は1番

弟に作った旅程は2番

以前、母が来た際に作った旅程は3番

7月に再度母が来る際に作ったプランは4番になります!!!

updown

そのようにトロント+1都市入れてあげることで自分も家族も友達も充実したご旅行が出来ると思いますheart04

もし、今後家族が来る、友達が来るということがあれば是非H.I.S.にご相談に来てくださいねup

次回は家族が来た際に行った場所やオススメのレストランを紹介いたしますー。

virgoKOKOvirgo

    

夏らしい気候が戻ってきましたねーhappy02 短い夏を皆さん楽しんでいますかsign02

先日の連休を使い、ずっとやりたかったラフティング(Rafting)に行ってきましたshine

Dsc00817

ただしRaftingと言っても自分では漕がずに、ベテランスタッフが操作をするものsign03

今回お邪魔したのはここsign01sign01 Madawaska Kano Cenrebleah

オンタリオ州のBarry's Bayに位置するMadawaska Kano Centrenote

Dsc00825

Dsc00794

現在のオーナーは10年連続、カヌーの大会で優勝という腕前を持つ強者happy01happy01

カヌー教室なども開いており、宿泊施設も兼ねている当該センターはお休み中ともあって

とても混み合っていましたflairDsc00749

Dsc00771

到着後は事前にオンラインでWaiverを記入していたので、楽々チェックインscissors

Dsc00734

Raftingは月~木曜日一日3回しか体験できない貴重なスポーツdashnote

その理由はただ1つ、金曜日~日曜日はダムの操作によって水量が激減する為ですsign03

カヌーやカヤッキングは問題ありませんが、ラフティングが出来ないほど水位が下がりますwobbly

今回は最終回の午後14時30分に参加upbleah小さいお子様連れを始め、約30人の参加者がsmile

Dsc00797

Dscf0052

ライフジャケットとヘルメットを装着し、出発地点までバスbusで向かいますhappy02

Dscf0056

Dscf0060

バスを降りて、ラフティングボートを下ろしすぐに乗るかと思いきや・・・

Dscf0062

Dscf0064

Dscf0069

なんと sign03近くの橋から川へ飛び込むアクティビティーがwinkwink

(もちろんこれは自由参加です。高いところが苦手な人などは待機で問題ありませんscissors)

インストラクターさんに促され、みんな次々に川へジャーンプrun

Dscf0070

冷たい水に心身ともにリフレッシュした後は、お待ちかねのラフティングへheart04

今回は3組に分かれて出発dashdash約5キロ続く川を下っていきます (所要時間は約2時間)notes

Dscf0075

水の流れが激しい所が多々あり、かかる水しぶきも多いですupbleahbleah

Dscf0087

Dscf0085

急流を抜けると緩やかな流れの川に到着し、ここではボートを下りてスイミングhappy02

Dscf0096

Dscf0106

Dscf0181

大自然を身体全体で体験・体感できますhappy01happy01

流れに逆らう形で泳ぐので、前に進まないという事象に見舞われるも(笑)、

暑ーい夏にあつーい体験を出来た日でしたwink

参加者も国外から参加されている人もいれば、トロント近郊地域(GTA)から来ている人もshine

自分たちで漕ぐ必要がないので、お子様連れのご家族でも安心してお楽しみ頂けますhappy01

Dsc00816

もし自分たちで漕ぐ激しいラフティングをご希望のお客様は、Madwaska Kano Centreから

約30分ほど離れた所にある姉妹店 OWL Rafting on the Ottawa Riveにて体験可能rock

Dsc00737

皆さんも一度ぜひ体験あれ~punchshine

Dsc00786



H.I.S. トロント支店

2019.08
loading...
WORLD情報局