機材 2017.09.26

2007年の就航開始し、総2階建ての大型機airplaneとして注目を浴びるA380!

地上からの高さは約24m(垂直尾翼の一番高いところまで)もありhappy02

一般的なビルの8F程度に相当する高さになるんですsign01

わたしも乗ってみました。2階席でしたが、地上からの高さupdownがある為、

離陸時の滑走は、他の旅客機と比べてもゆっくり感じますcatface

こんなスピードで離陸できるのかsign02と思った程です。

そして客席から見た主翼の大きさにも驚きです!結構圧迫感がありますよねbearing

窓からの景色mistを楽しみたい方にはちょっと大きすぎるかもしれません・・・

Image_1

景色重視の方は主翼の上を外しましょうsign03


*情報は取材当時のものです。現在は内容に変更がある可能性があります


  ↓ Facebookサイトもみてね! ↓  


https://www.facebook.com/his.kanto/

機材 2017.09.26

旅客機と鳥類とがぶつかってしまう事がありますcrying。”バードストライク”です。

羽田空港では、年間で約200回近くに上るそうです。coldsweats01
日本国内の空港全体にすると年間で1500~2000回程度のバードストライクがあるそうですcoldsweats02

旅客機は高速で移動するため衝突すると衝撃sign04は大きくなります。
その為しっかりと対策が取られていますcatface

旅客機のエンジンは、鳥類の衝突があっても飛行airplaneに影響がないことを実証するテストをし、
耐久性を確保しています。catface
エンジンの中心に渦巻きとか目玉のような模様があるのも予防策の一つとされていますcatface

Image

コクピットの窓も割れたら大変ですwobbly。窓は多重構造になっていて飛散しないように
フィルムも貼られていたりと、鳥が衝突したimpactくらいでは割れることの無いような
構造になっています。

それにしてもバードストライクって結構頻繁に起こってるんですねsign01


*情報は取材当時のものです。現在は内容に変更がある可能性があります


 ↓ Facebookサイトもみてね ! ↓ 


https://www.facebook.com/his.kanto/

機材 2017.09.14

実際に間近で見ることの少ない旅客機のタイヤeye
機種によっても異なりますが、おおよそ直径が1.2~1.4メートルほどcatface
タイヤ一つあたり10トン以上の重量を支え着陸時には大きな衝撃sign04に耐えなくてはいけません。

中は、窒素ガスが注入されていますcatface。大きな圧力に耐えることができ、酸素を含まないため
火災や酸化を防ぐことができますsign01

表面は離着陸時airplaneの摩擦ですぐに摩耗するためゴムの張り替えが定期的に行われます。

旅客機の移動距離の中で地上でのタイヤを使った移動dashはほんのわずかです。

でもタイヤは快適で安全なフライトのために重要scissorsなパーツなのです。

あまり目立つパーツではないかもしれませんが強いんですねhappy02

Image

*情報は取材当時のものです。現在は内容に変更がある可能性があります



  ↓  Facebookサイトもみてね!  ↓  



https://www.facebook.com/his.kanto/

2024.07
loading...