ダーウィン 2020.06.03

 

こんにちはこんばんは

現在 ”乾季” 真っ只中の ダーウィン をご紹介sun

オーストラリア北部に位置する亜熱帯のダーウィンは

11月ごろから3月ごろまで”雨季”が続き

4月から徐々に移行期へ

6月は本格的な”乾季”に突入です

今の時期、最高気温は31℃前後、最低気温は20℃前後

雨もほとんど降らず、湿度も低く、とても過ごしやすい季節です

ダーウィン と言えば

毎日のように新聞をにぎわす暴れん坊がこちらdownwardlefteye

▼クロコダイル

Tnt_ywc_croc_2_12826456

クロコダイルにえさをあげて楽しも~ という人気クルーズ

”アデレードリバー ジャンピング クロコダイル クルーズ” がおすすめですhappy02

ダーウィンから東へ約60km、全長約200kmのアデレード川でクルーズ開始~! 

▼船の振動を察知しクロコダイルが船に近づいてきました

_pas9013_copy_2

▼真横まで来ましたよ

_pas9015_copy

▼スタッフが肉塊を括り付けた竿をおろしおびきよせます

_pas9025_copy_2

▼ジーっと見つめ・・・

_pas9029_copy

▼体勢を整えて・・・

_pas9031_copy

▼いただきますっ!

_pas9032_copy

やる気のないクロコダイル

途中で断念するクロコダイル

豪快なジャンプを見せつけるクロコダイル

とさまざまですが 迫力満点flair の

”アデレードリバー ジャンピング クロコダイル クルーズ” おすすめですよgood

_pas9024_copy

_pas9253_copy

今後も ダーウィン おすすめツアーをお伝えします wink 

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

本日もパース支店ブログに訪問いただき有難うございます。

皆様が安心してオーストラリアにお越しいただけるようになった際に

参考になる観光情報やスタッフの日常生活などの記載を努めていきますが、

記載内容が新型コロナウイルス感染拡大前の体験、情報などになることがございます。

何卒宜しくお願い申し上げます。

一刻も早く国境が解放され日本からのお客様をお迎えできることを

パース支店一同、心待ちにしております。

ダーウィン 2020.03.30

オーストラリアの北部
ノーザンテリトリー(北部準州)の州都 
ダーウィンをご紹介!


ダーウィンといえば
映画 
クロコダイルダンディ」やオーストラリア
の舞台でもあります
(面白い映画ですよ~)


オーストラリアワイルド を凝縮した
人も自然も雄大なステキな場所です


一年中ほぼ夏 
海に囲まれた港町ですが
残念ながら 川や海では泳げません
食べられてしまうのでご用心あれ・・・
 

ただ~しダーウィンから
日帰りで遊びに行ける国立公園
リッチフィールド国立公園
にはワニはいない
人を襲わない ”淡水ワニ” という種類はいます)


ダーウィンから南へ車で片道約2時間
レンタカーやツアーを利用して 
いざリッチフィールド国立公園GOdash


”磁石あり塚” という種類のシロアリの巣
だいたい2.5mくらい
”磁石あり塚” の平べったい面が
どれも規則正しく東西を向いています

 
 
こちらは ”大聖堂あり塚” と呼ばれる
別の種類のシロアリの巣
高さは約5m 
大きいものでは7~8m級のものもあります 

展望台から見た ”トルマーの滝”  
この写真、乾季の終わり(10月頃)で滝の水量がほとんどありません

 
迫力のある滝の姿を見たいようであれば
雨季の後半2~4月の今の時期ががおすすめ


ワンガイ滝 や フローレンス滝
の滝壺では泳ぐ事もできちゃいます
 
 
中でも ’フローレンス滝’ の上流部分に位置している
ここブーレイ・ロックホール(Buley Rockhole)が大人気!
↓ ↓ ↓

 
(昔)訪れた時期は雨季真っ只中の2月
水量も豊富で思う存分水遊びができ大満足♪
(ちなみにここにはワニはいません)



最後にユーカリの森
湿度が高くじっとしているだけで汗が噴き出してきますが
眺めが良くてとっても気持ちが良い~



自然の中泳ぐも◎ 

あり塚を眺めるも◎ 

ユーカリの森で癒されるも◎
 
 
いつかはオーストラリア最北端(トップエンド)へGO~!



季節が乾季と雨季に分かれるダーウィンの観光は
特に雨季の時期は注意が必要です
気象状況で道路状況も変わり観光に適さない場合もあります
レンタカーを利用する場合には
必ず事前にビジターセンターなどで
最新の情報を確認してから出発してください)


 
注)写真、記事内容は過去のものとなります。
またきてね foot
ダーウィン 2015.12.12
こんにちは マリテスです





オーストラリア北部地域は現在雨季に突入中〜thunder


今期最後の

カカドゥの野鳥はこちらchick

And_3978

~  【ジャカナ:Jacana】〜
トサカレンカク

And_8967


淡水の湿地帯で蓮などの浮葉性の植物の上で生息

葉の上を器用に渡り歩き

メスも卵を葉の上に産みます

遠目から水の上を歩いているように見えることから

ロータスバードやジーザスバードとも呼ばれています

And_8960


額と首の背面が黒色

明るい赤色のトサカを持ち

顔やのどは白く

脚が細長く、特に長い指を持ちます

全長はオスで約20cm、メスで約25cm

この鳥の特徴としては、一妻多夫姓であり

メスは産卵したのち別のオスを探します

オスは抱卵そして子育てをします

And_2841

野鳥を見るなら

カカドゥ国立公園内・イエローウォータークルズがおすすめですsign01


来年のゴールデンウィークは

ぜひぜひ乾季のダーウィンへsign03


ダーウィン・カカドゥへ行こうnote

お得な価格でダーウィンツアーをご案内


お問い合わせもお待ちしております
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
H.I.S.パース支店 
08-9221-5588
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


HIS パース支店

2020.06
loading...