こんにちは!

本日は、西オーストラリア州(WA州)産の

カナーボン (Carnarvon) 産バナナbanana

をご紹介しま~す。

Img_3235_2

カナーボンはパース北900kmにあり、

ガスコイン川(Gascoyne River)の河口に広がる町

Carnarvon_2

バナナのプランテーションへもカナーボンの町の中心部からアクセス簡単

Img_9709

冬季でも、ある程度暖かいサブトロピカル気候、

ガスコイン川上流から運ばれた肥沃な土壌のおかげで

多くのフルーツ&野菜の産地と知られていま~す。

そうそう、ワーキングホリデーさん達の稼ぎ場でもありますね。

農産物の中でも有名なのがバナナmoon3moon3

カナーボンは、オーストラリアで初めて、1800年中頃に

バナナを栽培し始めた歴史ある産地だそうですが、

クイーンズランド州北部の産地(オーストラリアmoon3の90%以上!!がここ産)に

おされて、おされて。。。

現在ではWA州内のみで販売、

パースmoon3市場の10-20%のみなのだそうです。。。

australianbananas.com.au

Img_3263その理由はと云うと、多くのオージーは、

大きくて、艶々していて、綺麗に黄色い、そしてお得sign01

クイーンズランド州北部産バナナに夢中だからそうで。。。

一方、カナーボン産バナナbanana

小さく、皮が薄く繊細で、気候の影響で生産性もいまいちで

生産者泣かせなのです(涙)

左がカナーボン産バナナ

Img_3284

それでも、頑張っている理由は、

このバナナ、「断然クリーミーで、甘くて美味し~いheart」そうで

そんなバナナをいつまでもみんなに食べ続けてほしいとの願いからなんですね。

では、その頑張っている様子をいくつか紹介しま~す。

good繊細なバナナを守ろう

なるべくバナナに触れないように、

なるべく食べる人のタイミングに合わせて熟すようにと考慮して

袋入りで販売していま~す。

ちょっと環境に悪いですが、

この袋は重要な役割を果たしているので、大目に見て下さいね(笑)

Img_3277

good厳しい自然環境と戦う

カナーボンの夏はとても暑くsun冬は海から冷たい風dashが吹きます。

なので、バナナの成長には時間が掛かる上、小さなバナナの収穫(涙)

バナナをかなり密集して栽培することで温度調節をはかり、

さらに、害虫を食べてくれる虫を放って

殺虫剤なしでの栽培にも成功しているそうです。

私も実際にプランテーションを見た時は、

「なんでこんなにギュギュなの?」

と感じたわけで、理由を知って納得flair

Img_9849

Img_98481

good食べ物を大切にする

皮が薄く繊細過ぎて、黒くキズつきやすいので

破棄率がかなり高かったのですが(なんと60%!!)

それは昔のはな~し♪

見た目が悪くたって、この甘さは無敵なわけで、

スムーシー、ジェラート、バナナケーキなどの材料に使用するようになり、

今では破棄率5%以下!! (拍手)

まだまだ、他にもたくさんの生産者の努力がありますよ~

頑張ってますね!

正直、私はバナナファンではないのですが、

このバナナは小さく、甘く、食べやすいので大好きですheart

子供が小さかった頃は、食べきりサイズだし、剥きやすいので

学校へモーニングティー用として持たせました(懐かし~い)

カナーボン産バナナbananaWA州でのみ販売しているので

パースへお越しの際は是非食してみて下さいね!

パースへのお越しをお待ちしていま~す。

注)写真、記事内容は過去のものとなります。

 

こんにちは

今日はパースからほっこりする画像をお届けします。

西オーストラリア州の州鳥と言えば

「黒鳥」ブラックスワンです。

S1川や湖、池などに行くと出会えます。

かつて「黒い白鳥」など存在しないと言われていた時代がありました。

1697年、オーストラリアで初めて黒鳥が発見された時はとても驚きだったそうです。

「ありえない」「存在するわけない」と思われていたことが起こったのだから

非常に強い衝撃だったのでしょうね。

S4_1

パースのブラックスワンはとてもフレンドリーでして

こちらが芝生の上に座っているとブラックスワンの方から近寄って来ます。

人間を全く怖がりません。

食べ物を与えることは禁じられているので何もあげれないのですが

僕にも何かちょうだい♡

と言わんばかりにやってきます。

S4_2美しい黒い羽根と真っ赤なくちばし。

翼をひろげると、その長さはなんと2メートルにもなります。

草食性で主に水草を食べています。

S3犬のように人懐っこくて可愛いのです。

パースのアイドル的存在です。

1日も早くコロナが終息して

沢山の人がパースを訪れる日が戻ってくる事を楽しみに待っております。

こんにちは!

パースが本当に陸の孤島になってから約3週間が経ちました。

おかげさまで、西オーストラリア州(WA州)内でのコロナ感染拡大は減少し、

少しずつですが以前の生活回復への小さな一歩を歩みだした感じです。(拍手notes

気を良くしたパースっ子の中には、

「このまま、オーストラリア連邦から離脱して一国:ウェストラリア(Westralia) でもいいんじゃない?」

と強気発言もちらほら。

これはWA州がある理由でとてもラッキーだからなんですね。

実際に1933年に行われた州民投票結果は離脱派が優勢だったのですが、当時の大親分のイギリス政府からダメ出しがあって現在に至るそうです。

では、なぜラッキーなの?これなんだと思います?down

Img_2598

「ん~。。ひょとして恐竜の糞の化石??」ではありません。

製鉄原料の鉄鉱石(iron ore)です。

WA州は世界で有名な鉄鉱石の産出地であり、その他の天然資源(鉱物)も豊富な土地なんです。

ラッキーですね~dollar

パースのお勧め公園、キングスパーク(Kings Park)から一望できるパースの近代的な街並みは、豊富な天然資源と僻地でのハードワークから生まれました。

世界有数の鉱山企業であるBHP, Rio Tintoの名前が輝いているでしょ?

Img_2320

ちなみに写真の鉄鉱石は、有名な鉄鉱業企業のFortescue Metals Group の記念碑で、彼らのオフィスが隣接するハイアットリージェンシーホテル(Hyatt Regency Perth) の裏口にあります。

パースへお越しの際は、探してみて下さいねeye

お待ちしていま~すheart

注)写真、記事内容は過去のものとなります。



HIS パース支店

2020.05
loading...