みなさま こんにちはこんばんは
 
 
 
 
 
 
それではさっそく恒例(?)のエアーズロックを紹介したいsign03 コーナーですrock

Img_6652

 
 
英語名では エアーズさん(人名)の岩 と言う意味の ”エアーズロック”
 
では、 ”ウルル” とはsign02
 
遥か昔からこの地で生活をしていたオーストラリア先住民 アナング族 が付けた名ですが 
 
名の由来ははっきりせず確かな意味はわかりません
 
地上に見えている部分はほんの一部(高さ348m、周囲9.4km)
 
その地下には約6kmが埋まっているといわれていますeye 
 
とにかくパワーみなぎるshine 神秘 shine の 巨大一枚岩sign03  
 
 
そんな ”ウルルエアーズ・ロック)” ですが

▼お天気の良い日もあれば・・・

Img_6778

▼悪い日もあり・・・ 

And_6875

旅行中の雨は残念な気持ちになってしまいます・・・
が、しかーしっ 
夏場45℃にもなるここ砂漠地帯で降る は shine恵みの雨shine  と以前お伝えしました
 
▼こーんな感じで滝ができ、ウルルの岩肌をつたい・・・

And_6898

▼待ち望んだ水たまりのできあがりsign01
(でも飲んじゃダメ たぶんお腹こわします)

And_6774

▼こちらは、ウルルで一番大きな滝(通常、水はない) 

And_6787

▼ですが一定の雨が降り続いたときのみ現われる 
普段はなかなか見ることが出来ない滝の姿がこちらshine

And_6970

 
雨があまり降らないこの地では
雨が止んでしまうと、すぐに干上がってしまうので 
見たくてもなかな見ることができない
 shine 奇跡的 shine に見れた滝
 
ウルルが涙を流しているように見えることから
 ”ウルルの涙” とも呼ばれております happy01 
 
 

今後も エアーズロック おすすめ風景をお伝えします wink 

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

本日もパース支店ブログに訪問いただき有難うございます。

皆様が安心してオーストラリアにお越しいただけるようになった際に

参考になる観光情報やスタッフの日常生活などの記載を努めていきますが、

記載内容が新型コロナウイルス感染拡大前の体験、情報などになることがございます。

何卒宜しくお願い申し上げます。

一刻も早く国境が解放され日本からのお客様をお迎えできることを

パース支店一同、心待ちにしております。

みなさまこんにちはこんばんは

エアーズロック よりステキな写真が届きましたのでご紹介happy01

▼今日のエアーズロック・サンライズの景色

20200512_071009

▼太陽が顔を出しはじめます

20200515_070352

▼真っ赤な朝焼けが神秘的

20200510_065938

▼遠くウルルが見えています

20200512_065922

▼雲の隙間から太陽が顔を出し、ウルルを赤く照らしました

20200512_071744

今週末あたりから最低気温が5℃前後(日中の気温は20℃前後)

と朝晩は寒さが厳しくなる予報sweat01

雪はほとんど降ることはありませんが、冬はとーっても寒いエアーズロック

▼乾燥した赤土の大地の広がる地域ですが、意外と多くの植物が生息しています

Dscn1120

国立公園内にはおよそ416種ほどの在来植物が生息していると言われ(国立公園発表)

大きく鮮やかな色の花ではありませんが

大雨が降った2~3か月後に、小さくて薄いピンクや黄色や紫色などの花が咲きだします

他にも エアーズロック おすすめ風景をお伝えしていきますwink

 

オーストラリア政府から発表される新型コロナウィルスに対する政策は、各州およびテリトリーごと異なり頻繁に更新されますのでご注意ください。

オーストラリア政府観光局HP

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

いつもパース支店ブログをご覧いただきありがとうございます。

写真、記事内容は現地から送られてきたものをご紹介しております。

皆様が安心してオーストラリアにお越しいただけるようになった際に

参考になる観光情報やスタッフの日常生活などの記載を努めていきますが、

記載内容が新型コロナウイルス感染拡大前の体験、情報などになることがございます。

何卒宜しくお願い申し上げます。

みなさまこんにちはこんばんはhappy01

ここ最近の日中の気温は24℃前後、朝晩は8℃前後のエアーズロックです

さて早速ですが エアーズロック の魅力をお伝えしたい今回は 

天候や見る時間で違った姿をみせてくれる ウルル と 空 sign03 を紹介しますwink

晴天の雲一つない昼間のウルル

青空の上下のコントラストが◎

Img_1352

こちら 早朝のウルル

左側の雲が赤みを帯びて徐々に空が明るくなってきましたが

地平線に雲がかかってしまいウルルは明るくなりませんでした

Img_6901

こちらも 早朝のウルル

この日も雲が多いですがちょうど地平線から太陽が顔を出す際に雲がかからず

太陽の光を受けてウルルが真っ赤に染まりましたgood

Img_6989

こちらは 夕方のウルル

この日も雲は多いですが太陽が地平線に沈む際に雲がかからず

太陽の光を受けてウルルが真っ赤に染まりましたgoodgood

(太陽は撮影者の後ろです)

And_0458

暗い雲が赤いウルルをさらに引き立てますeye

And_0467

太陽が地平線に沈むにつれてウルルの岩肌も下から上へ徐々に暗くなります

And_0491

太陽は完全に沈みウルルの赤みが消えました

ここからは夕焼けが見どころですdiamond

And_0497

別の日 けっこう珍しい雨の日のウルルtyphoon

And_6807

大雨と低い雲がすっぽりウルルを包んでしまいました

And_6851

雨の日は青空も夕焼けもウルルも見れませんが

乾燥したオーストラリア内陸部のエアーズロックにとっては

shine恵の雨shine でもあります

とてもわかりにくいですが、水たまりにオタマジャクシが泳いでいます

雨が降るまで地下でじっと耐えていたカエルたち

待ちに待った雨が降ると同時に地上にあらわれ卵を産み

水たまりが乾燥する前に子供たちはできるだけ早く成長していきます

And_7266

今後も エアーズロック おすすめ風景をお伝えします wink 

 
 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

本日もパース支店ブログに訪問いただき有難うございます。

皆様が安心してオーストラリアにお越しいただけるようになった際に

参考になる観光情報やスタッフの日常生活などの記載を努めていきますが、

記載内容が新型コロナウイルス感染拡大前の体験、情報などになることがございます。

何卒宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウィルスが収束し、またみなさまにオーストラリアに来ていただける日を楽しみにしております!

パース支店一同、皆様のお越しをお待ちいたしております。



HIS パース支店

2020.06
loading...