2019.04.20

前回の続きです。

ポートダグラス港から出発した【ポートダグラス発!クイックシルバー アウターリーフクルーズ】のお話。

船酔いが心配な私たち、、もちろん酔い止めの薬をのみ、万全の体制で臨みました。

酔いやすい方は事前に酔い止めを飲んでおくことと、座席は後方下がおすすめらしいです。(クルーズスタッフに聞きました。)船内は冷房ガンガンなので上着は必須です。

また、後方でしたらデッキもおすすめです。新鮮な空気が吸えますし、何よりもきれいな海を眺めながらの移動です。私たちはもちろん、後方デッキ席!

ちなみに、場所によっては水しぶきがバチャバチャかかることもありますので、

ある意味、何かのアトラクションみたいです。あえてそこを選んでキャッキャッしてる人たちもいるので、水しぶきを感じだい方はデッキのはじにお座りください。濡れること間違いなしです。

そうこうしているうちにポンツーン(浮島)に到着!!海の中に建っている?施設です。

ちなみに心配していた船酔いですが、全然大丈夫でした~よかった~心配して損しました。

A2f5aa2dd22e4cb3a4c1d34afee43eda

到着後、くらげよけスーツを受け取り、シュノーケルセットやライフジャケットをセルフ式で借ります。ポンツーンに写真のように置いてあるので、そこから自分のサイズのフィンをもっていきます。スタッフもたくさんいるので、わからなくても助けてくれるので大丈夫です!

 

5373b5afccc04f41b3ccc5f955e3cd13

ここからシュノーケルをする場合は海に入ります。

透明度がすごいですね!実はここには大きい魚が何匹がすでにおりました。

写真では見えませんが。

699b01e4f24247568170b701dc344ecb

みなさん、泳ぎまくっています。シュノーケルをする範囲では、ライフセーバーが監視しているので、安心です。海の色が違うのがわかりますね!

半潜水艦も定期的に出ておりますので、泳げなくても大丈夫!

生きているサンゴや色とりどりの魚を見ることができます。私はウミガメを2匹見ました。

そうそう、大事なランチタイムですが、バイキング式です。

量は十分ありますので焦らなくても大丈夫です。

ただ、ランチ終了時刻になるとささっとかたずけられてしまうので、要注意です。

そんなこんなしているうちにあっというまに帰る時間。

せっかくグレートバリアリーフを見るなら、より透明度が高く、きれいなサンゴを見たいものですよね。

ツアー詳細はこちら↓↓

https://activities.his-j.com/TourLeaf/PTI0001/

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    H.I.S. ケアンズ支店

    2019.10
    loading...
    WORLD情報局