Photo


ネパール政府はネパール人を含むすべての乗客の入国を3月20日深夜から4月15日まで禁止します。ネパール人を含むすべての乗客が、イギリス、湾岸諸国、イラン、トルコなどの欧州連合地域、マレーシア、韓国、日本からネパールに入ることを禁止します。

 

現在ネパールにいる外国人観光客が自国に戻ることができない場合、政府は現行法に従ってビザを延長します。ただし、観光客は、ビザの有効期限が切れる前に延長手続き申請をする必要があります。

 

すでにネパールとの往復航空券を購入しており、旅行をキャンセルしたいお客様の場合、航空会社は委員会の決定に従って、返金リクエストを無料で処理する必要があります。調整委員会は、観光省に対し、すべての航空会社に延期料金を請求しないように指示するよう求めています。

政府はまた、4月30日まですべての映画館、ジム、ヘルスクラブ、博物館、文化センターを閉鎖することを決定し、パーティーでの文化的、社会的、宗教的活動であっても、一度に25人以上の集まりを禁止しました(宮殿、寺院、修道院、モスク、教会、その他の宗教および公共スペースなどでの集会)。

訳:しぇるぱに

Photo_25

ネパール政府の新型コロナウイルス感染拡大の予防措置について

1 ネパール政府は13日,明日3月14日(土)午前0時から4月30日(木)までの間,新型コロナウイルス感染拡大の予防措置として,以下の10項目を行うことを決定すると発表しました。


(1)上記の期間,全ての外国人に対するアライバルビザの発行を停止する。


(2)事前に有効なビザを取得している全ての外国人はネパール入国時にネパール入国7日前

   より後に受けたPCR検査結果を提出しなければならない。


(3)全ての外国人及びネパール国外に居住しており,ネパール国籍を所持していない元ネパール

  人(NRNs)は緊急な場合,やむを得ない場合には自国内にあるネパール大使館,総領事館

  に相談することとする。ネパール入国時にはネパール入国7日前より後に受けたPCR検査

  果を提出しなければならない。


(4)ネパール国外に居住しており,ネパール国籍を所持していない元ネパール人(NRNs)

  対する無料のアライバルビザの発行を停止する。


(5)2020年3月14日以降にネパールに入国する全ての外国人は,ネパールに入国後,14

  日間自主的に隔離措置を執ることとする。ネパール国民及び,上記NRNsはネパール入国

  後,14日間の自宅隔離措置を執ることとする。


(6)外交若しくは公用ビザを所持している外国人がネパールに赴任のために初めて入国する場

  合,ネパール国外からネパールに再入国する場合にもネパール入国後,14日間の自主的な隔

  離措置の対象となる。


(7)就労,留学ビザを所持した外国人が,ネパール国外から再度ネパールに入国する場合にもネ

  パール入国後,14日間の自主的な隔離措置の対象となる。


(8)海外に居住しているネパール人においては,上記の期間,不要な旅行を控えることとし,上

  記措置に従うこととする。


(9)外国人が第三国から陸路にて入国する全ての国境は,上記の期間封鎖されるため,ネパール

  入国の際は空路でトリブバン国際空港から入国する必要がある。


(10)2020年春の期間の全ての登山許可証の発行を停止する。

2 つきましては,ネパールに渡航する際には,上記10項目について確認した上で渡航するようにしてください。また,ネパール政府のホームページや新型コロナウィルスに関する外務省海外安全ホームページ等をチェックするなど,最新情報の収集に努めるとともに,インフルエンザが流行する季節でもあり,空港や人混みの多い施設を利用される際はマスクの着用や手指等のアルコール消毒をお奨めします。さらに,外出後は必ずうがい・手洗いを励行するなど予防に努めてください。

8

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止にかかる当館来館者への対応について

1 在ネパール日本国大使館では,3月12日(木)より,新型コロナウイルス(COVID-19)

  感染拡大防止の観点から,すべての来館者の方々に以下のとおり検温等を実施させていただき

  ますので,ご協力をお願いいたします。

2 実施方法
(1)領事窓口

   来館時,当館領事窓口入口で警備員が検温を行い,その際,体温が37.5度以上の発熱が認

   められた場合には,入館をご遠慮いただくこともありますので,予めご了承願います。
 

   体温確認後,入館が可能となりましたら,当館備え付けの手指消毒薬を使用し,しっかり乾

   燥させた後,館内にお入りいただきます。

(2)大使館受付(徒歩)
   来館時,当館入口で警備員が検温を行い,その際,体温が37.5度以上の発熱が認められた

   場合には,入館をご遠慮いただくこともありますので,予めご了承願います。

   体温確認後,入館が可能となりましたら,当館備え付けの手指消毒薬を使用し,しっかり乾

   燥させた後,当館受付まで徒歩で移動していただき,館内にお入りいただきます。

(3)大使館受付(車両)
   来館時,当館受付まで車両で移動していただき,当館受付で警備員が検温を行い,その際,

   体温が37.5度以上の発熱が認められた場合には,入館をご遠慮いただくこともありますの

   で,予めご了承願います。
 

   体温確認後,入館が可能となりましたら,当館備え付けの手指消毒薬を使用し,しっかり乾

   燥させた後,館内にお入りいただきます。

3 ネパール政府が定める感染拡大国(中国・韓国・日本・イラン・イタリア・スペイン・フラン

  ス・ドイツ)からネパールへ入国された来訪者の方は,可能であればマスクの着用をお願いい

  たします。



HIS カトマンズ支店

2020.12
loading...
WORLD情報局