こんにちは、シンガポール支店ですleo

シンガポール市内から少し離れた東部にある、カトンという街をご存知でしょうか?

カラフルなショップハウス、プラナカン雑貨を扱うかわいい雑貨屋さん、ニョニャ料理を扱うレストランや売店が立ち並び、シンガポール独特の文化が強くのこるカトンエリア。

Katon1_3

シンガポールは近代都市のイメージが強いかもしれませんが、カラフルなショップハウスが立ち並ぶ可愛らしい街並みのエリアもあるんです。


sign02プラナカンとはsign02

プラナカン(The Peranakans)はヨーロッパの列強下にあった東南アジアに移住した商人の子孫のことで、プラナカン文化は貿易・異文化の交差する場所でもあった、東南アジア独自の文化です。男性をババ、女性をニョニャといいます

Katon3

Katon2

写真を撮りながら、シンガポール独特の文化が色濃く残るこの町をお散歩するのもおすすめ!

歩き疲れたら、名物”カトンラクサ”を食べに行きましょう!
328カトンラクサnoodleはいつも満席の大人気店!

ココナッツミルクのまろやかさと、魚介の出汁の風味がたまらないheart04heart04
結構量はあると思うのですが、美味しくて箸が止まらない!

”箸”で思い出しましたが、ここの328カトンラクサにはお箸は置いていません!
スプーンでスープと一緒にすくいながら食べるスタイルなんですflair

麺をお箸で頂かないなんて・・・!!食べるのに結構コツがいりますhappy02
でもこの独特なスタイルもなんだか面白いですよねhappy01

Katon4

Katon5

Katon7

ぜひカトンエリア・プラナカンツアー、してみてくださいねup

シンガポール支店です

先日は電車に乗り普段行かない街まで行きました。
赤のラインBreddellという駅でした。

付いてみたらHDBしかないではありませんか。
※HDBは公団住宅

どっこい、こんなとこにデイープシンガポール発見ですshine

Img_e54451


とあるHDBの1階にあるホーカーズにそれはありました。
※ホーカーズは地元民に親しまれているいわゆるフードコート

Img_e54521


これがクレイポットホッケンミーです。
※クレイ=土の ポット=容器 土鍋

ぐつぐつと煮えたぎるホッケンミーは
いつまでも熱々で、そしてどことなくシーフードの量が多く得した気持ちになりました。

Img_e54561


1人前たったの5ドルという安さも魅力です。
遠くまで来た甲斐が、、、、いや、プラマイすると普通か。

普通なんか―いW
テンション高い

でもまあ仲間とワイワイ楽しかったのでオッケーです!

いつものホッケンミーに飽きた方へおすすめです。

もっと世界を楽しもう
HISシンガポール支店 N.O

こんにちは
シンガポール支店です。

先日は、仕事終わりにステーキの視察へ(笑)
美味しかったぁsweat01

Img_54671


こちらのレストランはアメリカのロサンゼルス発祥の歴史あるステーキハウスです。
日本には3店舗ございます。

シンガポールは今のとこと1店舗です。
店内はクラシックで落ち着いた雰囲気です。
高そうなワインが陳列されており魅かれます。

Img_54701


こちらはスピンボウルサラダと言い、ボウルをスピン(まわし)ながら盛り付けてくれるエンターテイメントです。(笑)

サラダのフォークとお皿はキンキンに冷えておりこれもまた驚きました。
冷えたサラダは美味しいですhappy02


Img_e54841


メインのステーキはこちらのキャリアーで運ばれてきます。
お肉のカタマリが、、、

テンションかち上げっす。
ひゃっほー!!

でもこの日はテイスティングだったので薄いスライスcrying

Img_e54861


それでも大満足!
美味しいステーキを食べれて幸せな夜でした。

Img_e54911


こちらのメニューは弊社オプショナルツアー予約サイトにも掲載しております。

シンガポールにお越しの際は是非ともお試しください。

もっと世界を楽しもう
HISシンガポール支店 N.O



H.I.S. シンガポール支店

2019.06
loading...
WORLD情報局