こんにちは、シンガポール支店ですleo

先日、マンダリンオリエンタルでアフタヌーンティーを体験してきました!

マンダリンオリエンタルといえば、世界中で人気の高いラグジュアリーホテルwine

シンガポールのマンダリンオリエンタルは、観光客の方から大人気のエリア・マリーナエリアに位置しています。
観光やビジネス向けのご滞在としては立地抜群でありながら、オーチャードの喧騒からは少し離れたエリアに優雅に佇んでおり、ホテル内も広々とした造りで非日常の特別な時間をお過ごしいただけるH.I.S.おすすめホテルでもありますshine

マリーナベイビューを眺めるお部屋が大人気ですので、是非チェックしてみてくださいねshine

前置きが長くなりましたが...

そんな素敵なホテルのアフタヌーンティーは...予想通りハイセンスでしたlovely

まずはこちらから・・・

一般的なアフタヌーンティーといえば、三段トレーでサーブされるイメージがありますが、
マンダリンオリエンタルのアフタヌーンティーはカナッペからスタートlovely

Img_8989

雰囲気のあるプレートと、可愛らしくそしてちょうど良い量!

この時点ですでに何枚写真を撮ったかわかりませんcoldsweats01

Img_8991

お待ちかねの、スィーツたちはこちら!!

とにかく美しいheart04


Img_9007_2

甘いものばかりを頂いているとどれも同じような味に感じることってありませんか・・・coldsweats01??

こちらのホテルのアフタヌーンティーを頂き一番感じたのは、スィーツひとつひとつが全然違うお味で、全く印象が異なる!!
ということなんですlovely

なので、結構量はあるものの、気分を変えながら食べ進められましたshine

スコーンは2種類。この日はプレーンとデーツ!珍しい!

Img_8996

紅茶はTWGです!シンガポール発祥の世界的に有名なTEAブランド。

ポットでサーブされる紅茶は、1人につき2回茶葉を変えることができるのも嬉しいshine

マンダリンオリエンタル × TWG のお茶もございますので、是非ここだけの紅茶をお楽しみくださいnote

Img_9015

もっと優雅な時間を過ごしたいという方には、プラスS$20++でシャンパン付にアレンジをお勧めしますbar

Img_8993

レストランの大きな窓からマリーナベイサンズが見えるお席もありますので、もし空席があればそちらで景色を眺めながらシャンパンをいただくともっと特別な時間になりますね!

Img_9016

アフタヌーンティーの食事以外に、チョコレートなどを自由にお召しあがりいただくこともできます。

こういう一口サイズのスィーツがちょこちょこ用意されていると女性はテンションがあがるで、とっても憎い演出lovely

こちらのレストランは開放的な大きな窓から入る光で店内がとても明るく、またお席もほどよく間隔がとられているのでお隣の方のおしゃべりが気にならないのも、私はとっても気にいってしまいましたhappy02

是非皆様も訪れてみてくださいねnote

sunこんにちは!sun

シンガポール支店です!

前回は弊社女性目線でのブログをお届けしましたので、、、

今回は男性目線でお届けします!catface

主に写真でお伝えいたしますが、あしからずcat

Img_20190725_123540ホテルのドアマンさんの衣装がかっこよすぎですsign01

Img_20190725_123716_2ロビーの豪華さに圧倒されましたsweat01sweat01

Img_20190725_123905 「ロビー・ラウンジ」でのアフタヌーンティーwink 優雅ですshine

Img_20190725_124031キラキラと輝く銀食器にテンション上がりますfull

Img_20190725_124144なんとまあ、お洒落なメニュー表crying

Img_20190725_124535無難にブラックティーにしました。。。catface

Img_20190725_130647ドンッsign01sign01sign01と出された3段トレイの品々は、なんとまあ美しいcryingshine

Img_20190725_130708私はこの色とりどりのサンドイッチが非常に美味でしたcryingshineまた食べたい・・・crying

Img_20190725_131007この牛柄taurusサーモン使用のサンドイッチがシンプルでベストshineshine

Img_20190725_130815甘味系は苦手ですが・・・どれもクオリティと味は抜群cryingshine

Img_20190725_133532そしてこちらのスコーンshineバラのジャムというまあなんとお洒落なことcrying

食後に、お部屋も見せてもらいましたが、ハイテクとゴージャスかつシックで落ち着きのある

コートヤードスイート・・・泊まってみたいものですcryingshine

Img_20190725_142036 Img_20190725_142122

Img_20190725_143746

宿泊は予算的にちょっと・・・という方でもアフタヌーンティーやギフトショップは訪れてみる価値ありのクオリティですhappy02sun

シンガポール支店 男性スタッフより

こんにちは、シンガポール支店ですleo

先日、ラッフルズが新しく生まれ変わり公開されたことをこちらのブログでご紹介いたしましたshine

https://blog.his-j.com/singapore/?p=2

レストランなどもOPENしはじめており、早速アフタヌーンティーに行ってまいりました!

Img_1723

Img_1725

これぞ!という伝統的な3段トレーのアフタヌーンティーup

Img_1731

Img_1732

一番下の段はサンドウィッチ。

ツナやサーモンなど誰もが好きであろうものから、カレー味のサンドウィッチなどどれも味が濃すぎずパンがふわふわ!

オーソドックスなものがとても美味しいのは、さすが最高級ホテルです

Img_1734

二段目はケーキ類heart01

ピスタチオクリームのケーキやストロベリーのロール状のケーキなど、どれも程よい甘さ!

そしてこちら↓はピーナッツクリームとチョコレートのケーキcake

もちろん本物のピーナッツ!!

...ではなくて、こちらはクリームで作られたピーナッツなんですlovely

さすがラッフルズのシェフたちの仕事は細かい!

なんて精巧に作られているんでしょうshine

Img_1736

ラッフルズの中に、シンガポールスリングで有名な【LONG BAR】というバーがあります。

こちらのバーではピーナッツの殻を床に落とすのが流儀で、バーの床は殻だらけなんですhappy02

ラッフルズといえばピーナッツnoteというイメージがあるので、それをアフタヌーンティーでも再現しているようです!とっても可愛いheart04

Img_1730

 
 一番上の段は、マンゴーとココナッツの南国らしいムースと、リンゴとレーズンのフルーツケーキでした。
 
これ以外に、プレーンとレーズンのスコーンが提供されますlovely
 
紅茶はマリアージュフレールを採用しています!
 
マリアージュフレールといえば、フランスの有名なTEAブランド!
 
日本でも人気ですよねnote

Img_1735


Img_1747

こちらのアフタヌーンティー、注意事項がいくつかありますflair

・席数が68席のみのため、ウォークインの受付はしておりません。
・事前予約がマストで営業時間は12:00~18:00(滞在時間は1時間30分のみ)となります。
・予約時間は30分単位のため12:15や12:45というような時間のリクエストは出来ません。
 
上記お気をつけくださいhappy01
 
H.I.S.でも代行予約を受け付けておりますので、是非ご相談くださいnote


H.I.S. シンガポール支店

2019.10
loading...
WORLD情報局