皆さんはバンクシーをご存知でしょうか。

日本では、アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞にもノミネートされたExit Through the gift Shop という映画で彼のことを知った方もいらっしゃるのではないかと思います。

 


YouTube: 映画『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』予告編

彼はイギリス出身のグラフィティアーティストです。ですが、彼は自分の素性を隠そうとしており、不明な点が多く、誰がバンクシーなのか公にされていません。また彼の作品は、社会に対するメッセージ性が強いのも特徴です

手法も大胆で、2005年に自作を世界各国の有名美術館の人気のない部屋に無断で展示し、しばらくの間誰にも気づかれないまま展示され続けたということもありました。

 

さてそのバンクシーが約1ヶ月程前に、珍しく公式声明とともに以下のような作品を描きました。

http://banksy.co.uk/

 

フランス北部にある“ジャングル”という難民キャンプで難民たちの苦境を訴える作品を描きました。その1つが、アップル創業者の故スティーブ・ジョブズをモチーフにした作品でした。スティーブジョブズは、右手に初期のアップルのコンピュータの端末と左手にはゴミ袋をもっています。

以下、彼のメッセージです。

“We’re often led to believe migration is a drain on the country’s resources but Steve Jobs was the son of a Syrian migrant. Apple is the world’s most profitable company, it pays over $7bn (£4.6bn) a year in taxes – and it only exists because they allowed in a young man from Homs.”

移民は国を衰退させるものだと考えている人がいるけども、スティーブジョブズの実父は、シリアからアメリカへの移民だった。スティーブジョブズはアップルの創業者でアップルという会社は年間7億ドルもの税金を国に治めている。そしてそれは、シリアのホムスからの移民の若者をアメリカが受け入れた所以だと・・。

本当に移民は国を衰退させるものなのか。

次世代のスティーブジョブズをむしりとってはいけないということですね。

 

 

さてバンクシーは、これまで色んな場所にグラフィティを描いてきましたが、パレスチナ自治区のベツレヘムやガザにも絵を残しています。

その際、イスラエルの治安部隊から威嚇射撃を受けながらも描いていたそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=fZK7D6WqzR0

 

風船で壁を飛び越える少女や、壁から見える綺麗な海の絵、

 

Banksy_sparation_wall2

Banksy_separation_wall

Banksy3

Img_9850

Img_9847 

Grafiti3

(バンクシーの作品にインスパイアされたこの女性は、昨年のハロウィンの衣装をこんな感じに・・・。)

Grafiti4

 

今ではベツレヘムへ訪れるとこのバンクシーの描かれた絵を見て回るのも観光の一つとなっています。

 

皆さんは彼の作品をみてどのように感じますか。

 

バンクシーの作品も見れるエルサレム・ベツレヘムツアーは以下サイトから

お申込みできます!

http://activities.his-j.com/TourLeaf/AMM0021.htm

タクシーであらゆる場所に移動しなくてはならないアンマンで、

ダウンタウンの真ん中にあるART HOTELは、歩いていける範囲に観光スポットとローカルレストランなどあってロケーション抜群のホテルです!

アルフセイニモスクは徒歩五分圏内。ローマ劇場は5分から10分。

Jafra カフェやHashem Restaurantも1,2分で行けます!

またHashem Restauranすぐ側のセルビスなど利用してウェブデのパリスサークルへもひとっとびです!

http://arthoteljordan.com/

Outside


Downtown_street

ART HOTELというだけあってディスプレイなども凝っていますし、

Art_hotel_key_3

Reception

なによりこのホテルの自慢のレストラン・カフェスペースはホテル宿泊者以外も利用できて、お洒落でお勧めです!

Restaurant2

Reestaurant

ダウンタウンのメインストリートをこのカフェから見渡せます

Terrace_restaurant_and_cafe


お部屋

Room_with_down_town_view

Mirror_and_tv

Bathroom

Shower

お部屋にはバスタブはありません。

またアンマンの家全体に共通して言えることですが、宿泊されたお客様曰くお部屋に暖房はありますが、そこまで温かくはならなかったということです。

ですがお部屋は清潔にしてあり、何よりもロケーションが最高なのでここに宿泊を決められたそうです。

ダウンタウンに宿泊するならART HOTELがお勧めです!

アートホテルの宿泊は下記HISホテルサイトからお申し込み下さい!

http://hotels.his-j.com/HotelDetail/AMM00130.aspx

アート 2015.11.27

友人から以前、あるマスコットのピンバッジをもらいました。

Osamahandala_2

名前はハンダラ。それまでは彼のことを全く知りませんでした。

 

ハンダラは、下の絵のように髪の毛がハリネズミのようで、いつも裸足で、腕を後ろに組んでイスラエルとパレスチナの問題をだまって見つめています。

Handala

ハンダラは1969年に誕生してからずっと10歳の少年です。

彼はパレスチナの土地に戻る日が来るまでずっと10歳のままです。パレスチナに戻った日から年を重ね始めるそうです。

ハンダラをこの世に誕生させたのは、Naji Salim Al-Aliというパレスチナ人の風刺画家です。

彼は1936年にパレスチナに生まれて、1948年のイスラエルの建国とともに70万人以上のパレスチナ人が故郷追われ、その際、彼もまたレバノンの難民キャンプへと避難しました。当時10歳でした。

それから様々な国の新聞社に勤め、1987年に暗殺されて亡くなるまでに4万点以上の作品を創出しました。

彼の作品は以下のサイトから見れます

 http://www.handala.org/cartoons/index.html

Naji Salim Al-Aliは、ハンダラは彼自身にとって、自分が間違いを犯してしまいそうなとときに止めてくれたり、常に自分の心に忠実にいるように守ってくれる存在でもあると述べています。

 

そして彼がいなくなった後も、パレスチナには、沢山ののハンダラの絵が描かれています。

Separation_wall

Handala_wall

パレスチナではハンダラが描かれているコップやポストカードなどもお土産屋さんで沢山みかけます。

作者が亡くなった後もハンダラは、生き続けているのです。

 

さて現在でも、メッセージの強い風刺画を描いているアラブ人アーティストがいます。

 

昨今はイスラム国に対するメッセージをこめた作品が多いです。

個人的に好きなアーティストがOmar Abdallat です。

ヨルダン人の風刺画家です。

Syrian refugees(シリアの難民)

11933446_10153572342883399_16882285
Boats illegal immigration(ボートでの非法移民)

11403392_10153407762093399_38501373

ハンダラとイスラム国も描かれていますね。

1623327_10153213437138399_803275022

ISIS and their offence to the Islam

(イスラム国と彼らのイスラムへの冒涜)

コーランをイスラム国の兵士が抱えています。

10982437_10153094360803399_80343194


Syrian refugees

(シリア難民)

12004684_10153586544878399_21574403

その他にもこんなアーティストがいます!

Naser Jafari

Amjad Rasmi

Omar Abdallat は、いつか日本で展覧会をしたいそうです。

それが実現できるよう私もできることからサポートしたいと思います。



HIS アンマン支店

2020.12
loading...
WORLD情報局