アムステルダムからこんにちは♪
今回はアートファン、ゴッホファンの方必見のお知らせです。
ゴッホのオランダ時代の風景画のうち、14年前に盗難にあい、奇跡的に昨年イタリアで発見された2点が来週3月21日から2か月間、修復の前にゴッホ美術館で一般公開されます。
企画展名:Van Gogh Returns
会期:2017年3月21日(火)~5月14日(日)
会場:ゴッホ美術館
北海沿岸の漁村スケベニンゲン Scheveningenを描いたもの(上)と、家族の元に身を寄せ住んだヌエネン Nuenenの村の教会を描いたもの(下)です。
どちらも画家を志した頃のゴッホの数少ないオランダ時代の風景画で貴重なものです。

Scheveningen

View of the Sea at Scheveningen 
Vincent van Gogh, 1882 (Gogh museum, Amsterdam)

Nuenen_charch

Congregation Leaving the Reformed Church in Nuenen 
Vincent van Gogh, 1884 - 1885 (Gogh museum, Amsterdam)
現在の同じ場所と見比べてみましょう。

Img_8424

現在のスケベニンゲン Scheveningen。漁業は場所を移し、絵に見られる漁船に代わって、マリンスポーツのヨットが目立ちます。

027

こちらはヌエネン Nuenenの教会。絵に描かれた当時の姿を残しています。
古い建物も修復や手入れが行き届いてるのは、文化財保護の意識が高いオランダらしいところです。こういう税金の使い方は美術ファンとしては大歓迎です。
ゴッホファンの聖地となってるヌエネンでは、ゴッホルートを整備し、より彼が生きていたころの村の面影を追えるようになっています。
静かな村ですが、絵画への情熱と家族との衝突の中で葛藤していた悩めるゴッホを思いながら歩くとまた違って見えてきます。
by スノーウィー snow
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
H.I.S. おすすめのゴッホツアー情報
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
オランダではゴッホの作品は主にアムステルダムのゴッホ美術館デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園内のクレラーミュラー美術館でご覧いただけます。
この二つの美術館を日本語ガイドと回るオプショナルツアーがおすすめです。
☆こちらもご好評いただいております☆
↓↓↓
超豪華!!日本語ガイド同行のプライベートでゴッホゆかりの地を巡る「産地直送の旅シリーズ ゴッホを巡るオランダ&ベルギーの旅 9日間」
現地スタッフが企画する、ゴッホに会いたいあなただけのためのツアー。
ゴッホコレクションの2大美術館だけでなく、ヌエネンやズンデルト、ハーグ、アントワープなどゴッホゆかりの地を巡り、ちょっとマニアックな場所も網羅したツアーです。

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    H.I.S. アムステルダム支店

    2018.10
    loading...
    WORLD情報局