モルディブのデラックスクラスホテル『レジデンス・モルディブ・ファルマフシ』で、

優雅な休暇を過ごしてまいりましたので、ご紹介したいと思います♪

0003_sakata_01

『レジデンスモルディブ』は、モルディブの首都:マーレ から

【国内線で約1時間】 + 【スピードボートで約10分】 

 

移動が長いほうではありますが、

頑張った先には手つかずの大自然が待っています🌎




        【 部屋 】

モルディブといえば、海の上に建つ水上ヴィラが有名ですが、

わたしはビーチヴィラに宿泊しました。

その名の通り、水上ではなくオン・ザ・ビーチのヴィラで、

少しリーズナブルになります。

0003_sakata_02

ハンモックに、トドが寝ており恐縮です。




「いつかは水上ヴィラに泊まってみたい・・・」

と思いをはせつつ、ビーチヴィラ

すぐにレストランやジム、ビーチへアクセスでき、移動が大変便利です。


また約135㎡の充分すぎるお部屋で、正直大満足です♪

0003_sakata_03_2

シャンプーなどはもちろんのこと、

バスソルトやカプセル式のコーヒーメーカーなど、アメニティも充実しています。

ただ歯ブラシはないので、持参しましょう。

水も飲み切れないほど至る所に置いてあり、

毎日補充してくれました。

0003_sakata_04_1

0003_sakata_05

窓のむこうに木々が見えますが、

水上ヴィラであれば、この景色がすべて海になります(◎□◎)‼




               ↓

0003_sakata_06

・・・(絶句)

やはり水上ヴィラがモルディブの醍醐味か・・・。

いやいや、ビーチヴィラからのサンライズの景色も最高でした。

0003_sakata_07

1日の始まりに、ぼーっと絶景を眺める

あの至福の時間がたまりません。



ちなみに水上ヴィラ

<サンライズサイド><サンセットサイド>を選ぶことができます。




        【 海 】



レジデンスモルディブはハウスリーフ有名で、

シュノーケリングに最適なスポットと言われています。

ハウスリーフとは”サンゴ礁の密集”のことで、

小さな魚がたくさん住んでいる場所です。

0003_sakata_08_1

水深が急に深くなる"ドロップオフ”というスポットには

亀やマンタも現れるそうです!



亀には会えませんでしたが、マンタは私達の前に現れてくれました!

0003_sakata_09

      【 食事 】

レストランも もちろんオーシャンビュー✨

0003_sakata_10

朝食はビュッフェスタイル

ドリンクはスイカやオレンジの搾りたてジュース、

卵料理はオムレツやスクランブルエッグなどその場で調理してくれます♪

0003_sakata_11

さらにお昼は無人島ピクニック気分のランチを楽しめたり、

夜には360°海に囲まれた水上レストランでのディナーであったりと、

空きることのないお食事 も魅力のポイントです★




【 スタッフ 】

とにかく優しくフレンドリーなスタッフさんたちで、

帰る頃にはスタッフさんの年齢・家族構成は把握しています。

日本人スタッフさんにおいては地元がとても近くて話が盛り上がりました。



また、レストランで自分の部屋番号を伝えるのですが、

「確か102だよね?」と覚えてくれて"顔パス"状態✨

VIPな対応で、終始非現実を味わうことができました。

0003_sakata_12

最後は船が見えなくなるまでお見送りしてくれました。

帰りたくなかった・・・



結局、幸せな思い出は施設や自然よりも

スタッフさんから貰ったように思います。





いかがでしたか?

モルディブは魅力的なホテルがたくさんあるので、迷うかと思いますが

ホテル選びの参考のひとつにしてもらえると嬉しいです♪



----------\今回の旅ブロライター/----------

  でん

  旅のモットーは「何もしない」

----------------------------------------------------

こんにちは~マスフニですfish

前回のクロスロードレポート①はご覧になりましたでしょうか?

今日はその続きをお話しますscissors

クロスロード到着後は日が暮れていて、既にイルミネーションで港町がお洒落に彩られていましたheart04

Img_20200102_190451_2

ふらっと歩いているだけでも夜風が涼しく、散策にはぴったりです。

日中は暑いので、日が暮れる夕方頃にマーレからの日帰りの方が夕陽と夕食を目的にいらっしゃるそうですwinkその頃が一番のお勧めですshine

どんなお店があるかというと...

Img_20200102_190634_2ビーチで活躍しそうなバッグやお洒落グッズが売っているお店happy01

Img_20200102_191242_3

Img_20200102_190102_2建物自体もカラフルで可愛らしいheart02

Img_20200102_191141_2

モルディブらしいマンタや魚をモチーフにしたデザインと色合いが爽やかcancer

Img_20200102_190346_2

モルディブ伝統工芸品の漆器もありました!お土産に最適ですね~note

歩いているだけでもワクワクする、新しい感覚のモルディブがそこにはありましたflair

次回はレストラン情報をお届けしますgood

過去のリゾート滞在レポートもご覧くださいsun

ハードロックモルディブ

https://blog.his-j.com/male/2019/10/post-4254.html

サイラグーンモルディブ

https://blog.his-j.com/male/2019/09/saii-e4dd.html

初夢フェア実施中‼

関西発着 ハードロックモルディブに滞在6日間 179,000円~

福岡発着 ハードロックモルディブに滞在5日間 259,800円~

オンライン予約はこちら↓

サイラグーン ホテル予約

サイラグーンスピードボート送迎

チャオパンフレット

ハードロック ページ

サーイラグーン ページ

現地手配に関しても、お気軽にお問い合わせ頂けます♪

支店ホームページ

https://www.his-discover.com/maldives/resort/

マスフニfish

こんにちはsunマスフニですfish

雨が降る日も少なくなり、朝方や夕方の散歩が気持ちいい季節です。

今日は先日見つけたかわいい雑貨店を紹介しますnote

モルディブに来て一番悩むのは...そう!お土産選びです。

海外旅行で街歩きの楽しみと言えば、お土産選びなのですが

モルディブのお土産はイマイチsadと思う方も多いはず。

そんな時このお店に行けば、お店ごと欲しくなります~scissors

Img_20191229_173126

Img_20191229_173133

二階に上がるとみえてきます~sign03

ここからはかわいいlovelyの嵐ですね~

Img_20191229_173814

サンゴや貝など海をモチーフにしたカラーやデザインがメインcancerImg_20191229_173206

ビーチや街歩きに使えそうなトートバッグboutique

Img_20191229_173226

お部屋に置くだけでモルディブのリゾートをイメージさせるクッションカバーもheartImg_20191229_173501

ジンベイザメや魚をモチーフにしたシルバーアクセサリーも多数pisces

Img_20191229_173421

モルディブのココナツでできたお肌に優しい天然オイルやスキンケアshine

Img_20191229_173411毎月異なるデザインのかわいらしい魚のカレンダーも。

こちらはモルディブに来てくれた友人へのお土産として購入scissors

喜んでくれましたheart02

お店の人に聞くと、全てモルディブ人のデザイナーさんがデザインしているとの事。

モルディブらしい色使いとモチーフでいいお土産になりそうですねnotes

マーレに行く機会があれば、ぜひ立ち寄って頂きたいお店です。

これからのブログ更新もお楽しみに~winkpaper

マスフニfish



HIS モルディブ支店

2020.10
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧