Boa Tarde happy01

今週からサンパウロの気温が上がり、やっと夏が感じられます!
サマークリスマスももうすぐ!!impactwave

年末の旅行を計画した方も多いのではないでしょうか。
次の旅行を既に計画されている方もいるのではないでしょうか。
ブラジルはまだ2・3月にはカーニバルや4月にはイースターがありますが、今日は6月からいける旅行先を紹介します!

年々と南米の行き先として人気が上がってる場所…
日本でもテレビで取り上げられている場所…
それは…

Capa

このレンソイス・マラニャンセス国立公園は、ブラジルの北東部二位置する「マラニャン州」にあります。
ブラジルは広いので、サンパウロから直行便で3時間半程度かかります。

Mapa

レンソイスとは、ポルトガル語で「シーツ」を意味し、
真っ白なシーツのような姿から、その名がつけられました。

この真っ白い砂丘群が出来た理由は、砂丘の砂の成分がほぼ100%石英という白い鉱物で構成されているため。
長い年月をかけて研磨された石英が太陽光を反射し、白く輝いているのです。shine

雨季になると砂丘の下の地下水が水位を増し、真っ白い砂丘に無数のエメラルドグリーンの湖が現れます。
湖で泳いだりすることも出来、これを体験するためにブラジル国内外の観光客があつまりますlovely

Img_gallery03

この白とエメラルドグリーンの風景は、約15万ヘクタールもの面積に広がり、砂漠と思われない、不思議な光景を生み出します。
これが見られるのは、雨季が終わった後の6月~9月になりますが、雨季で十分に雨が降らないとこれは見られない可能性があります…coldsweats02

Img_gallery02


不思議なことに、この湖に魚も見ることが出来ます!
乾季になると完全に水が消えるとともに、その魚たちも消えます!!shock
その魚たちはどこから来ているかというと、たくさん雨が降って湖の水が多くなると、近くに流れる川と合流し、魚が湖に流れてきます。
湖の水が減っても、動物たちが乾季の時期に、砂に残した糞を虫などの食べ、育ち、その昆虫たちが魚の餌となり、魚たちが生息できます!note

Img_gallery05

時間帯によって、表情を変えるこのレンソイス。
その白い砂もどんな色にも染まります。
朝日に照らされてピンク色に染まる時間もあれば、夕日にによって黄金色に色づく時間もあります。

死ぬ前に見たい絶景の一つ!!
一人でも、友達とでも、カップルや家族で楽しめる場所となっていますheart01happy01

この風景が楽しめる間の少ないので、行くなら早めの準備をお勧めします!


サンパウロ支店でレンソイスの旅行の相談や手配をしています!
メールでも、電話でも問い合わせが可能ですよ!happy01

H.I.S.サンパウロ支店
営業時間 月~土/10~19時 日祝/12~18時
telephone(11)3171-3646 又は 3171-3620
his.paulista@his-brasil.com.br


お待ちしていますconfident


こんにちは。

いよいよレンソイス最終回は、ダイナミックな大レンソイスの砂丘のご紹介ですsun
大レンソイスへは、およそ20名様まで乗車できる、窓なし四駆車に乗り、
ごとごと道を1時間強の道のりです。
砂丘の観光は暑いですので、ミネラルウォーター、サングラス、帽子、日焼け止めなど
お忘れなくお持ちくださいeyeglassdrama

Dsc00201
いざ出発sign01
砂丘までの道のりは、舗装されていない道路です。相当跳ねます。
小さなお子様は、しっかり大人の真ん中でガードしてあげてください。
林には、カジューの木がたくさん見られます。
実もなっていますが、車は上下にごとごと跳ねるので、なかなか写真は撮れませんdespair

何台もの四駆車が、大レンソイス目指して走り続けます。
一台でも砂にタイヤを取られて動けなくなると、後続車みんな動けなくなります。
Dsc00208

場所が場所なので、そんな時は動けなくなった車を助けに、観光客も皆で協力しますconfident

車も人も渡し舟に乗って、いよいよ大レンソイス側へ・・・。
渡し舟に乗る時は、一旦車から降ります。

Dsc00203

川を渡ってまたしばらく車で走ると、同じような四駆車がたくさん駐車している様子が見えてきます。
車から降りて、ガイドさんの案内にそって歩いて行きましょう。
その時は、ビーチサンダルは車においてゆきます。

Dsc00214

目の前に雄大なレンソイスの砂丘が現れますhappy02

Dsc00235

しばらく歩くと、ラゴーア(湖)が。
たくさんの人たちが、湖で泳いでいます。

Dsc00223

不思議な事に湖には藻もあります。
Dsc00228

ラゴーア・ペイシェと呼ばれる湖には、魚もいるんです。
魚は、水が溜まると卵からかえるように生育しているそうです。
神秘ですpisces
たっぷり泳いで楽しんだ後は、幻想的な夕暮れをお楽しみください。

Dsc00368

砂丘が生き物のように変化します。

Dsc00359

規模の大きさに言葉を失い、自然のすばらしさに驚嘆すること間違いなしです。
レンソイスの湖にお水のあるオンシーズンは、6月~9月です。
是非お早めにご検討くださいね。
6月4日から4日間の、ランドパッケージも大好評販売中ですconfident

レンソイス旅行について、詳しくは店舗へお問い合わせくださいね。

H.I.S.サンパウロ支店 営業時間 月~土/10~19時 日祝/12時~18時
telephone(11)-3171-3646
his.paulista@his-brasil.com.br

お待ちしていますhappy01



こんにちは。

レンソイスの観光には、大きく2つのアクティビティがあります。
今日はその一つ、プレギッサ川のボートツアーをご紹介します。

プレギッサ川のボートツアーは、小レンソイスと呼ばれるエリアへ
小型ボートで訪れるツアーです。
前回ご紹介したGRAN SOLAREホテルのすぐ裏に、
ボート乗り場があります。
さあ、船着き場へ行きましょうsign01

Dsc00117_2 
ここが船着き場です。
Dsc00118

いざ出発ですscissors
ボートは乗客6人ほど乗れます。
Dsc00125

途中、マングローブ林を見ながら、心地よい風に当たります。
Dsc00307

約1時間ほどボートで行くと、徐々に砂丘が見えて来ました。

Dsc00314

小レンソイス入口に、VASSOURAS(ほうき)というお店があります。
なぜVASSOURASなんでしょうね。
Dsc00155

ここにはかわいいサルがいます。
Dsc00320

VASSOURASの裏手をてくてく歩くと、すぐ小レンソイスが現れます。

Dsc00329

遠くに棒が立っています。
そこまで皆がんばって登ります。

Dsc00331

船着場には、たくさんのボートが止まっていますので、
自分の船がわからなくならないように、ガイドさんを覚えておきましょうship

Dsc00154

船着場の手間に、たくさんのカニが・・・cancer

Dsc00336

次に訪れるのは、バギーのオプションを楽しむことができる海岸沿いです。
バギーは現在30分R$30ほど。
1台に大人なら2名様まで、小さなお子様となら親子3人で乗ることができます。
クラッチに慣れたら、簡単に運転できます。

Dsc00168

Dsc00173

少し走ると、なぜかロバが砂丘にeye
大西洋の風にあたりながら、爆走します。

Dsc00181

Dsc00164 

バギーが終わったら、冷えたビールを飲みながら軽くランチはいかがでしょう。
その後、Mandacararuの漁村を訪ねる事もできます。
ここには灯台があって、160段の階段を登ると展望台から雄大な景色が楽しめます。
元気があったら登ってみてくださいねgood

6月4日~4日間のレンソイス・ランドパッケージも好評発売中ですsign01

レンソイス旅行について、詳しくは店舗へお問い合わせくださいね。

H.I.S.サンパウロ支店 営業時間 月~土/10~19時 日祝/12時~18時
telephone(11)-3171-3646
his.paulista@his-brasil.com.br

お待ちしていますhappy01



HIS サンパウロ支店

2020.12
loading...
WORLD情報局