上海万博 2010.05.15

Kです。


会場を歩いていると、


パビリオンに掲げられた中国語の国名表記に悩まされます。


詳しく見れば、その建物のどこかに英語名の表記があるので


分かるのですが、漢字文化を共有する日本人としては、


この漢字の当て字と建物の外観をヒントにして、


「ピンっ」


と来るかどうかを競ってみてはいかがでしょうか?


突尼斯


さあ、なんでしょう。。。。

いきなり難しいかな。


パビリオンの画像です。英語名はあえてボカシを入れましょう。。

H.I.S.上海駐在事務所-突尼斯

青い壁が「ナントカブルー」と呼ばれて有名な国です。


Kの一度行ってみたい国ナンバーワンです。

(これはヒントではありません。主観です)



それでは次の問題。これは多分簡単でしょう。


西班牙


知っている人なら、「常識の範囲」と笑うかもしれません。


でも、なぜ、この組み合わせにしたのか?


誰が決めたのか?


考えれば考えるほど謎です。



H.I.S.上海駐在事務所-西班牙


さあ、ではスポーツイベントつながりで、


加拿大。


これは、簡単ですよね。

でもどうして??

H.I.S.上海駐在事務所-加拿大


最後。ことしのもう一つのビッグイベント。


南非

H.I.S.上海駐在事務所-南非


ヒントが良すぎですね。



こういう楽しみ方もありでしょう。(K)



答(上から順に チュニジア、スペイン、カナダ、南アフリカ)


同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    H.I.S. 上海支店

    2019.09
    loading...
    WORLD情報局