上海万博 2010.10.03

H.I.S.上海支店-パレード②

近未来であります。


会場内の浦西エリア、Dゾーンでパレードに遭遇しました。


イベントカレンダーは、万博の中国語ページだけでみれます。


http://jp.expo2010.cn/sbhd/indexn.htm

巡游●号線というのがパレードです。


山車は、エレクトリカルパレードを模したものですが、


キャラクターにカリスマ性がないので、次第に飽きてきて、


「この道、はやく渡りたいんですけど。。。」となってしまいました。


H.I.S.上海支店-パレード③

とは言え、万博の夜景は本当に綺麗で、欧米にもない香港にもない、


たった半年のイベントの為に、


ここまで大規模な新しい夜景を作り出してしまうパワーは、


どうやら、日本人のノスタルジーを誘うのでは思われた。


我々にも、そんな時代があった。。。と。


H.I.S.上海支店-パレード④
だけど、

日本の高度経済成長期を経験していないKにはピンと来ない話。


この中国の勢いと一緒に、日本人として何ができるのか?と

H.I.S.上海支店-pare-do

いつまでも続くパレードの通過を待ちながら考える。(K)


上海万博 2010.06.09


H.I.S.上海駐在事務所-満足の休憩②

今、万博会場の一角で密かに流行っているのは、


ベストシティー実践区でのスタンプラリー。


なんと、中国館の予約券が入手できるのです。


H.I.S.上海駐在事務所-行列

中国館の予約券は入手しにくい。。。


どうしても入場したい人々(個人券の場合)は早ければ朝5時ぐらいから


門の前に並んで、入場ゲートで受け取っている状態です。


「そこまでしなくても。。。」


とは思うのですが、そこは群集の心理。欲しくなるのです。



そこでこのスタンプラリーの登場なのですが、


これも結構難易度が高い!


入場と同時に、会場の一番奥のインフォメーションへ台帳を取りに行く。

H.I.S.上海駐在事務所-煙突が目印

先ずは煙突が目印。

3号門が1番近いけど、万博タクシーでしか入り口付近まで

入り込めないので、万博タクシーが捕まらなければ、2号門

(西蔵南路)からダッシュだっ!

H.I.S.上海駐在事務所-橋を渡る

ベストシティー実践区に着いたら、奥の橋を渡る。


H.I.S.上海駐在事務所-マカオケースが目印

橋を渡ったらこんな風景。

正面奥の、マカオ案例館の裏手がゴールだ。


H.I.S.上海駐在事務所
みんな走ってます。

Kが西蔵南路の入場口に着いたのはAM8:45。

入場券を購入して列に並び、入場できたのがAM9:30。

スタンプ台の列に並んだのがAM9:40。


なんとか間に合った!

H.I.S.上海駐在事務所
配布数2000枚。10時にはもう配布終了です。

H.I.S.上海駐在事務所-チェックマーク

渡し済みのチェックは、かなりアバウトだ。

H.I.S.上海駐在事務所-城市名片冊

指定されたルールでスタンプを集め、指定された場所へ提出します。

H.I.S.上海駐在事務所-城市名片冊縦


初めての会場で、中国語(と英語がちょっとだけ)ばかりの案内を見ながら


ミッションコンプリートを楽しめるかどうか。。。


それは、個人の好みの問題でしょう。(K)

上海万博 2010.06.06

H.I.S.上海駐在事務所-大阪陳列ケース

「大阪館ってどこにあるんですか?」


という声が、たまに聞かれます。


正式な呼び名は「大阪案例」(Osaka Case)。


もっと細かく言えば、


ベストシティ実践区=城市最佳実践区の中の、


案例連合館4-1にある、「大阪案例」であります。


H.I.S.上海駐在事務所-大阪の入り口

入り口。


H.I.S.上海駐在事務所-シャチ

出口にある、シャチホコ先生。


肝心の内部は、「撮影禁止」


とにかく行ってみるしかありません。


大阪案例のある地域は、万博開幕以来、


「西冷東熱」と言われて、


人の集中する浦東地域と比較して、比較的空いている


浦西地域の北の端にあり、


その最も奥まったところにある、ベストシティ実践区。


このこじんまりとした感じが、ひねくれたKの心をくすぐります。


H.I.S.上海駐在事務所-Tシャツ

巴塞楽?


さぁ、なんでしょう?


じらさずに答えます。バーゼルです。スイスです。


この、ECO Tシャツ。ちょっと欲しい。


夏には向いてないですけどね。


大阪・バーゼルということでだんだんわかって来られた方


いらっしゃいますでしょうか?


じらさずに答えます。


この地域は、すべて「都市」が出展しているのです。


H.I.S.上海駐在事務所-スプラッシュ

水をテーマにした出展や、Eco・低炭素などのテーマを


各都市がどのように実践しているかがわかるという。


Kは、このEゾーンこそが、


もっとも万博のテーマに沿った、まじめな地域だと思うのです。



H.I.S.上海駐在事務所-トーレス社
バルセロナケースの横には、トーレス社のワインバーが

あって、休憩にはもってこいです。


東側の混雑に飽きたら、クロスリバーラインに飛び乗って、


ベストシティー実践区へ高飛びしましょう!

(船舶館から徒歩5分です)


落ち着きますよ。(K)



H.I.S. 上海支店

2019.06
loading...
WORLD情報局