上海万博 2010.06.06

H.I.S.上海駐在事務所-大阪陳列ケース

「大阪館ってどこにあるんですか?」


という声が、たまに聞かれます。


正式な呼び名は「大阪案例」(Osaka Case)。


もっと細かく言えば、


ベストシティ実践区=城市最佳実践区の中の、


案例連合館4-1にある、「大阪案例」であります。


H.I.S.上海駐在事務所-大阪の入り口

入り口。


H.I.S.上海駐在事務所-シャチ

出口にある、シャチホコ先生。


肝心の内部は、「撮影禁止」


とにかく行ってみるしかありません。


大阪案例のある地域は、万博開幕以来、


「西冷東熱」と言われて、


人の集中する浦東地域と比較して、比較的空いている


浦西地域の北の端にあり、


その最も奥まったところにある、ベストシティ実践区。


このこじんまりとした感じが、ひねくれたKの心をくすぐります。


H.I.S.上海駐在事務所-Tシャツ

巴塞楽?


さぁ、なんでしょう?


じらさずに答えます。バーゼルです。スイスです。


この、ECO Tシャツ。ちょっと欲しい。


夏には向いてないですけどね。


大阪・バーゼルということでだんだんわかって来られた方


いらっしゃいますでしょうか?


じらさずに答えます。


この地域は、すべて「都市」が出展しているのです。


H.I.S.上海駐在事務所-スプラッシュ

水をテーマにした出展や、Eco・低炭素などのテーマを


各都市がどのように実践しているかがわかるという。


Kは、このEゾーンこそが、


もっとも万博のテーマに沿った、まじめな地域だと思うのです。



H.I.S.上海駐在事務所-トーレス社
バルセロナケースの横には、トーレス社のワインバーが

あって、休憩にはもってこいです。


東側の混雑に飽きたら、クロスリバーラインに飛び乗って、


ベストシティー実践区へ高飛びしましょう!

(船舶館から徒歩5分です)


落ち着きますよ。(K)

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    H.I.S. 上海支店

    2019.07
    loading...
    WORLD情報局