バリアフリー旅なかまの旅

過去にいただいた質問集>>

Q:どのような方が参加していますか?                                               
A:年齢も障がい状況(運動機能)も様々ですが、年齢層としては50代から80代の方が、9割を占めます。(65歳から85歳の方が特に多いです)ご夫婦での参加が一番多いですが、最近ではお一人様でのご参加も少しずつ増えてきました。障がい状況では、脳血管障がいによる片麻痺の方や、股関節・膝関節に障がいをお持ちの方が多いです。


Q:添乗員は、どれくらい手伝ってくれるの?                                              
A:添乗員は、個々のお客様へ「継続的なお手伝い」をいたしません。(※継続的なお手伝い・・・お客様の車いす介助を専属的に行なう。等)

バスの乗降や、観光地でも段差解消等の断片的なサポートに限らせていただいております。


Q:荷物を持ち運ぶのが大変ですが、どうしたらいいでしょうか?                                   
A:国内旅行の場合は、1泊目の宿に宅配でお送りください。2日目以降は、①お部屋からバスのトランク、②バスのトランクからお部屋まで、添乗員又はホテル係員がお運びいたします。最終宿泊ホテルにてご自宅にお送りいただければ、持ち運ぶ心配はございません。お荷物もなるべく大きいものが良いでしょう。(段ボールでお送りされる方が多いです。/収納がし易いと評判です)

A:海外旅行の場合は、空港まで宅配荷物でお送りいただければ、①出発日当日が添乗員がお客様の代わりにお荷物を受け取ります。そのままお荷物確認をしていただいた後に、航空機に預けます。②空港到着後、添乗員又は空港係員がお客様のお荷物をバスまで運びます。③ホテルへバスが到着しましたら、ホテルのポーターがお客様のお部屋までお荷物を運びます。④チェックアウト時は、ポーターがお客様のお荷物をバスまで運びます。⑤お帰りの現地空港では、添乗員又は現地係員が、バスからチェックインカウンターまでお運びし、航空機に預けます。⑥成田空港到着後、添乗員又は空港係員が「荷物宅配カウンター」まで、お荷物を運びます。⑦宅配便にてお荷物をご自宅へ。お荷物の心配はございません。


Q:車いす利用の方は、ツアーにどれくらい、いらっしゃいますか?                               
A:ツアー参加者は、10~15名様で、その内、車いす利用者は、その半分強の6~8名様です。歩行不可のお客様はその内、2~4名様です。旅行中のみ弊社のレンタル車いす(別途料金)をご利用される方も多いです。


Q:杖利用で、車いす利用の方達の移動スピードが速過ぎて、ついて行くのが大変なので心配です。         

A:基本的にツアーのスピードは、一番移動スピードが遅い方に合わせています。電動車いすでご参加の方等はどうしても移動スピードが速くなるために、先に行かれる場合は、途中お待ちいただくことをお願いしております。但し、歩行スピードが極端に遅い方は、車いす利用をおすすめしております。ご心配な方はご相談下さい。



Q:一般のツアーだとトイレの所要時間が短くて、間隔も長くて心配ですが「旅なかま」はどうでしょうか?        
A:バリアフリー旅なかまでの、トイレ休憩は平均20~25分です。時間は特に設けず「トイレ休憩ですので、トイレを済まされた方からお戻りいただいて、全員お揃いになられたら出発します」という案内をしております。車いす対応トイレがある場合は、数に限りがあるため時間を要する場合もございますが、遠慮されたり我慢をするのは良くないために、十分に配慮をしております。また、お客様の体調やご要望により、緊急でトイレ休憩をいれることがございます。



Q:首都圏以外に住んでいるのですが遠方からの参加は可能ですか?                           
A:可能です。国内旅行の場合は、多くの方が現地集合や前後泊等をされて本ツアーに合流されております。JRを利用するツアーの場合は、途中乗車・下車も承ります。当デスクにご相談下さい。お見積もりをいたします。

A:可能です。海外旅行の場合は、成田空港や羽田空港に前後泊される方が多いです。


Q:お申込みはどのようにしたらいいですか?                                                   
A:ご希望のツアーがございましたら、お電話かEメールにてお問い合わせ下さい。担当者がご案内いたします。また、ご予約時にご旅行参加申込書の他に、ひらそるシート(お伺い書)のご提出をお願いいたします。


Q:医師の診断書は必要でしょうか?                                                       
A:航空会社からの要望がない限り、ご提出の必要はございません。ただし、ご旅行に際して必ず主治医にご旅行の内容をご報告して、ご参加の可否をご確認していただきますようお願いいたします。


Q:トラベルサポーターの手配を行なっていますか?                                            
A:行なっておりませんが、ご心配な方はご相談ください。


Q:車いす利用者が参加するので、完全なバリアフリーですよね?                                     
A:完全なバリアフリーではございません。私たちがご案内する「バリアフリー旅行」は、「個人旅行では、観光する事が、物理的に困難な箇所を、添乗員が同行して、必要に応じて現地係員と共に、そのバリアを乗り越えて行きましょう!」という、趣旨の旅行商品でございます。従って、バリアフリーではない観光箇所も多くございます。お手洗いも車いす対応ではなく「洋式」でのご案内になります。詳細は、前頁の「ご旅行にお申込みをされる前に必ずお読みください」にて、ご確認下さいますようお願い致します。


魅力いっぱいのこちらのツアー、まだまだ参加募集中です!!
ご予約お待ちしています
telephonemailto

-------------------------------------------------------------------

旅なかま会員(無料)募集中♪♪♪(パンフレット送付)
http://www.his-barrierfree.com/blocks/index/00003
-------------------------------------------------------------------


ご予約・お問合せは、
---おかげさまで11周年♪---
株式会社エイチ・アイ・エス、バリアフリートラベル専門デスク
電話(1):03-5360-4761
電話(2):0570-00-4761(ナビダイヤル)
※固定電話及び公衆電話から全国一律・市内通話料金で掛けられます。
FAX:03-5360-4733
Email: 
t-barrierfree@his-world.com
URL. http://www.his-barrierfree.com/
(旅の実況中継)https://twitter.com/HIS_tabinakama
車椅子・杖をご利用の方でも楽しんでご参加いただける安全快適な旅行環境の創造をホンキで目指しています!
〇HISバリアフリートラベル専門デスク・・・介護・福祉の資格を持つ専任スタッフが、車いす利用の方や高齢で体力・運動機能が低下して旅することに不安を感じている方へ、Ciao海外自由旅行(一般のツアー)のご予約を受付けたり、オリジナルツアー「旅なかま(添乗員付ツアー)」を募集したり、お客様のご要望に応じてフルオーダー式でご旅行の提案をしたりしています。今年で11周年を迎え、日本で唯一の総合バリアフリー旅行専門店舗です。

Q:高次脳機能障害があるのですが、ツアーに参加出来ますか?

A:大丈夫です。もちろんADL(日常生活動作)が、本人又は同行者のサポートにより可能ということが条件となりますが、出来る限り同行する添乗員もお手伝いをいたします。ご予約時に、いろいろお身体の具合や運動機能についてお伺いいたします。また、観光地の方面によって配慮するポイントも異なってきますのでお打合せを積み重ねながら、ご出発まで不安を取り除きます。一般のツアーとちがって、初めてご参加される方は、特に、予約担当者と何度も何度も打合せするもの、H.I.S.バリアフリートラベルデスクの特徴の一つとも言えます。

また、失語症や小脳変性症の方からのお問合せやご予約も最近増えてきていますので、ご心配な方は是非お問い合わせ下さい。


魅力いっぱいのこちらのツアー、まだまだ参加募集中です!!
ご予約お待ちしています
telephonemailto

-------------------------------------------------------------------

旅なかま会員(無料)募集中♪♪♪(パンフレット送付)
http://www.his-barrierfree.com/blocks/index/00003
-------------------------------------------------------------------


ご予約・お問合せは、
---おかげさまで11周年♪---
株式会社エイチ・アイ・エス、バリアフリートラベル専門デスク
電話(1):03-5360-4761
電話(2):0570-00-4761(ナビダイヤル)
※固定電話及び公衆電話から全国一律・市内通話料金で掛けられます。
FAX:03-5360-4733
Email: 
t-barrierfree@his-world.com
URL. http://www.his-barrierfree.com/
(旅の実況中継)https://twitter.com/HIS_tabinakama
車椅子・杖をご利用の方でも楽しんでご参加いただける安全快適な旅行環境の創造をホンキで目指しています!
〇HISバリアフリートラベル専門デスク・・・介護・福祉の資格を持つ専任スタッフが、車いす利用の方や高齢で体力・運動機能が低下して旅することに不安を感じている方へ、Ciao海外自由旅行(一般のツアー)のご予約を受付けたり、オリジナルツアー「旅なかま(添乗員付ツアー)」を募集したり、お客様のご要望に応じてフルオーダー式でご旅行の提案をしたりしています。今年で11周年を迎え、日本で唯一の総合バリアフリー旅行専門店舗です。

毎週、新宿本社は土日が大変混雑いたします。


昨日、聴覚障がいをお持ちのお客様が16時以降に5組ご来店されました!!!しかも、手話のできるスタッフ・片桐は終日不在・・・shock


そんな中、残りのスタッフで2名でお迎えし、拙い手話と筆談にて必死に対応させていただきましたが、調べた内容をお伝えするのに時間がかかってしまったり、お客様の手話の意味を取り違えてしまったり。。。wobblyご来店のお客様には色々とご不便をおかけいたしました。。。weepsweat02


もっともっと手話をがんばろう!と決意に燃えるのでした。angry


それと同時に、聴覚障がいをお持ちのお客様にお願いがございます。

バリアフリーデスクに来る際には、お手数ですが事前に片桐の公休日をご確認のうえ、起こし下さいませ。複数のお客様が一度に同じ時間帯にいらっしゃる場合、2番目・3番目のお客様をとてもお待たせしてしまいます。


万一、片桐が不在の日でないとどうしてもご来店いただけない場合には、あらかじめお名前とご用件を事前にお知らせくださいますようお願いいたします。代理スタッフが、事前に内容を把握し、準備をした上でお迎えできます。


皆様のご協力を、何卒宜しくお願い致します。


また、初めてこちらのページをご覧くださった聴覚障がいをお持ちのお客様・又は、聴覚障がいをお持ちのお客様のご紹介を現在ご検討くださっているお客様⇒こちらのブログもご覧くださいませ。⇒⇒⇒http://ameblo.jp/his-barrier2/ (片桐のページnotes



いよいよ梅雨も明け、夏本番となりましたね!水分補給を徹底して、夏バテしないよう元気にがんばりましょう!!


【米国への物品持込に関して】
昨年末に起きた、デルタ機爆破テロ未遂事件以降、米国における航空保安面のプログラムが更に強化されております。ランダムに行われる検査ではございますが、高い割合で、トランクケースの中身チェック(=開被手荷物検査)が行われております。レトルトカレー、カップヌードル等に混入されている肉類も持込物規定に引っ掛かり、罰金を課せられるケースもございます。今一度、お持ちになる手荷物に関して、ご注意下さい。詳細は、直接、航空会社へご確認くださいませ。


・日本航空ホームページ http://www.jal.co.jp/inter/index06.html

・全日空ホームページ http://www.ana.co.jp/dom/checkin/rules/

・アメリカン航空ホームページ http://www.americanairlines.jp/intl/jp/travelInformation/travelInformation.jsp

・コンチネンタルホームページ https://www.continental.com/web/ja-JP/content/travel/baggage/default.aspx?SID=352ACC30312D47E7911473B8871C42D3

・デルタ航空ホームページ http://ja.delta.com/delta/enja/?24;http://www.delta.com/traveling_checkin/baggage/index.jsp


flair安心・安全のご旅行のため、食品・液体物等は、可能な限り現地のスーパーで購入なさることをお勧めいたします。

バリアフリーデスクでは、地方発着の商品も販売しています!

「新宿にデスクがあるから、関東近郊じゃないとだめなのかな」

  ↓

心配ご不要です!

バリアフリーデスクでは、

北海道から九州まで、さまざまな発着の航空券を販売しております。

例)・名古屋発ホノルル行 往復航空券

  ・福岡発パリ行 往復航空券

  ・新潟発ソウル行 往復航空券 などなど

※バリアフリーデスクのオリジナル商品はすべて成田・羽田発の設定なので、遠方からお越しのお客様には空港付近で前泊して頂いておりますが、一般のCiao商品でしたら地方発着も行っています!



名古屋発 http://www.his-j.com/ngo/digital/index.htm

関西発  http://www.his-j.com/kix/tour/digital/

福岡発  http://www.his-j.com/fuk/dgpf/index.htm


※Ciaoの商品の特徴

⇒一般店舗で販売している商品です。お体のご不自由なお客様を想定して企画されてはおりませんので、お客様のお体の状況によってはご参加いただけない部分が生じる可能性がございます。予め御了承下さい。

なるべく、ご希望の商品にご参加いただけるよう、1つ1つの弊害を取り除くお手伝いを行うのが、私共バリアフリーデスクです。



Q・グアム旅行に車椅子を持参予定ですが、車椅子対応客室のあるホテルはどこですか?


A・はい。ホテルによって状況は異なりますが、現在のところ、主に下記ホテルにて車椅子対応客室がございます。

 ↓

ニッコーグアム・ハイアットリージェンシー・ウェスティンリゾートグアム・ヒルトン・アウトリガー・マリオットリゾート&スパ・PIC・レオパレスリゾート・フィエスタリゾート…


※車椅子対応客室の数は、1つのホテルにつき、1室~2室と、もともとの部屋数がとても少ないことが多く、ご予約時に既に満室の可能性もございます。万一、車椅子対応客室がお取りいただけない場合、一般客室でもお泊り頂けるかどうか、ご確認をお願い致します。尚、空室状況の確認には、混雑状況により10日~1ヶ月程度のお日にちをいただきますので予め御了承くださいませ。

また、上記以外のホテルに関しては、バリアフリールームを持っていない可能性が高いため、ご検討の際は、ご注意下さい。

Q.一般の 国内旅行(たびなかま以外)も取扱いしていますか?



⇒はい!ございます。

ただし、H.I.S.と提携している「ANAスカイホリデー」という旅行会社のパッケージツアーのみに限定されます。


※国内航空券単体の手配や、バリアフリー宿泊施設のみのご紹介案内等は、行なっていません。また、個人旅行のお問合せ(国内格安航空券手配を含む)は、お手数ですがH.I.S.国内旅行販売センターにご相談くださいますようお願い致します。



●「ANAスカイホリデー」とは?

http://www.his-j.com/tyo/barrierfree/ana/top.html



●H.I.S.国内旅行セクション

http://nippon.his.co.jp/



☆バリアフリー宿泊施設については、こちらもご参考になさってください☆

全国バリアフリーホテル情報

http://www.fukushi-shiga.net/hotel/index.htm



温泉ナビ!

http://www.onsen-navi.net/cgi-bin/search/map.html?ca=J



高齢者や障がい者に優しい宿検索サイト 全旅連シルバースター公式サイト

http://www.yadonet2.jp/index.html


※バリアフリー状況やご予約は、お手数ですが直接、各宿泊施設へご確認ください。


ご不明な点がございましたらバリアフリーデスクまで、どうぞお気軽にご相談くださいませ!


【透析・酸素療法に関して】

恐れ入りますが、透析や酸素療法に関して、バリアフリーデスクではお手伝いすることができません。手配に関しては、全てお客様ご自身にて行っていただいております。唯一ハワイのみ、ご紹介できるエージェントがございますので、下記にご案内いたします。ご参考にしていただければと思います。宜しくお願い致します。



●透析治療を受けている方
【血液透析】

透析に関する手配は行っておりません。ハワイに関しては、NDC(=ハワイ NDC人工透析)をご紹介しておりますが、手配はお客様ご自身にて行っていただいております。ご質問等に関しても、下記に直接お問い合わせをしていただきますよう宜しくお願いいたします。
*ハワイ NDC人工透析サービス
(日本事務局がございます)
http://www.newdreamcare.com/dialysis.html


【腹膜透析】

航空機ご利用に際してのご予約手続きのお手伝いを行っております。



●在宅酸素療法を 受けている方

在宅酸素療法患者のお客様への酸素ボンベ手配や酸素濃縮機の現地手配は行っておりません。ハワイに関しては、NDC(ハワイ NDC在宅酸素ケア手配サービス)をご紹介させて頂いておりますが、当デスクでの手配は行っておりませんので、下記に直接お問い合わせをしていただきますよう宜しくお願いいたします。


*ハワイ NDC在宅酸素ケア手配サービス
(日本事務局がございます)

http://www.newdreamcare.com/oxygen08.html



※上記に関しましては当社での手配が一切行えない為、ご紹介のみとさせて頂いております。 その為、ご紹介先でのトラブル等に関しまして、当社は責任を負いません。予めご了承ください。


医療行為のお手伝いはできませんが、ご旅行(飛行機・ホテルなど)についてはぜひぜひお手伝いさせていただきたいと思っております!パッケージツアーのみでなく、航空券+ホテル といった、個々の手配も可能ですので、どうぞお気軽にお申し付け下さいませ!♪♪


こんにちは。H.I.S.バリアフリーデスクです。

暑くなってきましたね。

皆様、夏のご旅行に向けて、海外旅行傷害保険へのご加入はもう済みですか? H.I.S.では、エイチ・エス・保険AIU保険、2種類の保険を販売しています。双方のプランや保障費用はほとんど同じでエイチ・エス・保険の方がやや割安すが、バリアフリーデスクのお客様に人気なのはAIU保険なのです。

その理由とは・・・!?

    ↓

   ↓

   ↓

AIU保険には持病(既往症)をお持ちのお客様への保障があります!

------------------------------------

|●エイチ・エス・保険⇒既往症への     |

|  治療費・救援費なし             |

|●AIU保険⇒既往症への治療費・救援費は|

|  上限300万円まで!              |

------------------------------------


・ご旅行先でもしも治療が必要になったら。。。

・入院や手術になったらどうしよう。。。

現在治療中のご病気に関して、ご心配やご不安がある場合には、AIU保険をおすすめしております。 (詳細は保険冊子をご参照くださいませ)


海外旅行保険は、出発前日までご加入が可能です。

安心・安全のご旅行のため、ぜひご加入をお願いいたします★


「車椅子で新宿本社へ行くにはどうすればいいの?」


flairまずは、JR新宿駅で降りてください!

その後の道順は以下の通りです★


【1】 全てのホームからエレベーターが設置されています。

  エレベーターをご利用ください。

【2】 新宿駅の東南口改札口を出ます。

【3】 改札口を抜けると遠方にHISの看板が見えてきます。


【4】 そのまま真っ直ぐに進んでいきます。

【5】 エレベーターに乗りましょう。

【6】 ルミネ広場を抜けます。

【7】エレベーターを出てガードレール下へ進みます。

【8】 高速バス乗り場をさらにまっすぐ。

【9】 高島屋正面入り口の横断歩道を渡ります。


★詳しくは弊社ホームページをご覧くださいませ★

http://www.his-j.com/tyo/barrierfree/work/a/top.html



H.I.S. ユニバーサル
ツーリズムデスク

2019.05
loading...
WORLD情報局