サイパン情報 2011.06.03

☆★☆★バリアフリー・サイパンデスク★☆★☆


こんにちは。


今日は雨もあがり、梅雨の中休みといった感じですねsun


さて、前置きはさておき、昨日から御案内している

『サイパン慰霊巡拝ツアー』について、早速つづきを

お話したいと思いますflair



◎<2日目・5月30日>


睡眠時間が短いながら、私もKさんもぱっちり7時半には

起床をし、まずは腹ごしらえということで、ホテルのレストランへ

向かいましたrestaurant


昨日もお話しましたが、Kさんは、舌にも麻痺があるため、

食べ物をうまく口にいれることができません。


普段は、ミキサーでどろどろにしたものを食べていらっしゃる

ということでしたが、さすがにミキサー食はできなかったので、

そこにはおかゆがあったため、それを召し上がりました。


行きの電車の中で、毎日コーヒーとオレンジジュースを飲む

という話をしていたので、もちろん、セットでご提供cafe


食事中、急にスコールが降ってきて、一瞬、ツアーは

行けるのかと思いましたが、10分くらいでやんで

くれましたhappy01


食事を済ませ、少し部屋で休憩をし、いざロビーへsign01

H.I.S.≫車いすで行く!バリアフリー旅行ハワイ、グァム、サイパン推進隊-SPNロビー  H.I.S.≫車いすで行く!バリアフリー旅行ハワイ、グァム、サイパン推進隊-SPN出発

アロハシャツがとってもお似合いgood



まずは、慰霊碑などにお供えするための、お花を買いに

花屋へむかっていただきました


H.I.S.≫車いすで行く!バリアフリー旅行ハワイ、グァム、サイパン推進隊-SPN花屋

そこで、ユリと菊をまぜてもらった花束を、2つ購入し、

まずはサイパン島南西部、チャラン・カノアにある、

『日本人戦没者の碑』へ。


途中、海岸線を走っていると、そのビーチは、

「ランディングビーチ」という名前らしく、そこから、

アメリカ軍が上陸してきたことから、その名前がついて

いるそうで、そこかしこに、戦争の名残があることに

驚きました。


「日本人戦没者の碑」は、いっけんすると通り過ぎて

しまうような、交差点の一角にあり、特に仰々しく

作られていないことが、逆に当時の空気が感じられ、

背筋が伸びる思いを感じました。


H.I.S.≫車いすで行く!バリアフリー旅行ハワイ、グァム、サイパン推進隊-SPN日本人碑 H.I.S.≫車いすで行く!バリアフリー旅行ハワイ、グァム、サイパン推進隊-SPN日本人碑立ち姿
*Kさんと一緒に写っているのは、ガイドのエツコさん、

 ドライバーのロッドさん


このあたりには、「南洋興発」という、製糖工場が

当事あり、たくさんの日本人が働いていた。

その工場跡地が学校になっていたり、社員であった

日本人が住んでいた村には、当事のまま家が

残っていたりと、戦前の生活が垣間見れる

場所でした。


日本人が多く住んでいたということもあり、神社

あったようなのですが、いまは教会が建てられ、

墓地には、カトリックのお墓が華やかに並んでいる中、

なんと鳥居だけが残っており、当事の面影を残していました


*ちなみに、サイパンの島民は、9割くらいが、カトリック教徒

だそうです!


H.I.S.≫車いすで行く!バリアフリー旅行ハワイ、グァム、サイパン推進隊-SPN家

写真のとおり、当事は高床式だったみたいですね。

屋根は、雨水を貯水するため、きれいに落ちてくるトタンを

利用していたらしく、よく考えられているのだなと感じました。


チャラン・カノアから、また南下して、現サイパン国際空港ある、

『アスリート飛行場跡地』に移動をしていき、

『日本軍爆弾格納庫跡』を見学。


H.I.S.≫車いすで行く!バリアフリー旅行ハワイ、グァム、サイパン推進隊-SPN格納庫1  H.I.S.≫車いすで行く!バリアフリー旅行ハワイ、グァム、サイパン推進隊-SPN格納庫2

天井には、爆弾を運ぶためのレールがそのまま残っており、

そこから戦場に向かって、「■隊、●●爆弾、○個!」

といって、運んでいったようです。


ただ、この場所も、アメリカ軍に占拠されてからは、

日本本土の爆撃に利用された爆弾などは、ここから

運ばれていったそうです。


なぜ、アメリカ軍は、サイパンを占領したかったか。

日本へ攻撃するための、燃料や武器補給に、ちょうどよい

場所だったからなのです。


ちなみに、この「アスリート飛行場」から、あの「B29

爆撃機」が、日本に向けて飛んでいきました。



このアスリート飛行場跡地には、格納庫のほかに、

航空機用の魚雷や、戦車など、当事使われた武器、

発電所や酸素製造工場の跡がそのまま残っており、

戦争は本当に終わったのか、という錯覚に陥りそうに

なりました。


H.I.S.≫車いすで行く!バリアフリー旅行ハワイ、グァム、サイパン推進隊-SPN武器1 H.I.S.≫車いすで行く!バリアフリー旅行ハワイ、グァム、サイパン推進隊-SPN武器2
H.I.S.≫車いすで行く!バリアフリー旅行ハワイ、グァム、サイパン推進隊-SPN魚雷 H.I.S.≫車いすで行く!バリアフリー旅行ハワイ、グァム、サイパン推進隊-SPN戦車2

戦車の向こうに見える赤い花は、「南洋桜」とも呼ばれている、

フレイムツリー(火炎樹)flair


今がちょうど見ごろの時期で、草や木の緑と、青い空に、

真っ赤に咲いたフレイムツリーのコントラストが鮮やかで、

とてもきれいでしたhappy01


とまあ、長くなってしまってますが、まだ午前中の行程で、

半分くらいしか進んでいない。。。


次回は、この続きからすぐに開始いたしますので、

ご期待くださいsweat01



************************


障害があったり、ご高齢のため、旅に不安を感じて

いる皆様の、サイパン旅行ご相談、ご検討、資料請求は、

→→コチラ ←←もぜひご覧下さいsign03


************************



  ● バリアフリー旅行 ○

 ○    車いすで行く   ●

● ハワイ・グァム・サイパン ○


HISバリアフリーデスク

TEL:03-5360-4761

MAILt-barrierfree@his-world.co.jp

バリアフリーデスクHP

ハワイHP /⇒グアム・サイパンHP









同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    HIS ユニバーサル
    ツーリズムデスク

    2019.12
    loading...
    WORLD情報局