+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
~介護・福祉の資格がある専門スタッフがご案内!~
人気の「H.I.S.海外パッケージCiao」の車いす申込サポート
(ハワイ・グアム・韓国・台湾・香港)
URL. http://www.his-barrierfree.com/
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

車いすをご利用のお子様を連れて家族旅行でハワイに行きたいと言う問い合わせを頂きました。お子様は、歩行が全くできず、100kgぐらいの重い電動車椅子を利用されており、人工呼吸器や吸引器、などの医療機器もお使いになられていると言う事もあり、ご両親も不安を抱いてお問い合わせを頂いたのを、今でも覚えています。


お申し込み日:2012年1月22日 お電話にて


ご出発日:2012年3月7日(水)


ツアー名:シェラトンホテルズスペシャル ホノルル7

日間 シェラトンワイキキ<パーシャルオーシャンビュー>


ご旅行人数:3名様ご家族(内車いすご利用者1名様含む)


航空会社:日本航空(羽田空港発着)


宿泊ホテル:アオフ島/シェラトンワイキキ<パーシャルオーシャンビュー>
※ベッド2台のバリアフリールーム事前確約(バスタブに関しては、リクエストでお預かりさせて頂きました)


送迎車両:リフト付き専用車バンにアレンジ(片道あたり1台/10,000円)


オプショナルツアー:ポリネシアン・カルチャーセンター:スタンダード(夕食付)

プレミア・ホエール・ウォッチング・クルーズ(昼食付)

※オプショナルの催行会社がリフト付のバスも持っているため、事前にご希望をいただければ、リフト付き車両の送迎の事前確約をいただけます。


航空会社に関しては、車いすや医療機器の手配もあったため、安心の日系航空会社JALをおすすめさせて頂きました。ご帰国後、JALを利用した感想を聞いたところ、車いすや医療機器の情報もしっかりと航空会社に伝わっており、安心して利用出来たとのことでした。特に当日トラブルになる事もなく、スムーズに手続きが出来、次回も旅行を計画する際は、JALにしたいとおっしゃられていました。


ホテルに関しては、希望をしていた高層階のバスタブ付のバリアフリールームがお手配されており、お部屋からの景観も良く、立地条件も良かったので、車椅子で移動するのにもとても楽でした。



H.I.S.バリアフリー旅行|車いすで行く!バリアフリー旅行ハワイ、グァム、サイパン推進隊-ハイアット車いす


ポリネシアン・カルチャーセンターのオプショナルツアーに関しては、集合時間になってもなかなかバスが来ず、この集合場所で本当にあっているのか不安になられたそうです。しかし、30分後ぐらいに、リフト付きのバスが向かえに来てくれて、一安心されたそうです。ガイドさんが言うには、前のホテルでお客様が送れた為、遅れてしまったとの事です。車いすを固定してもらい、バスに乗車しました。会場に着くと、段差のない車いすのままでも移動する事が出来る席に案内され、お食事とショーを楽しむ事が出来たそうです。車椅子用の座席は、場所が良くて、ちょっと得した気分になれたそうです。


プレミア・ホエール・ウォッチ・クルーズの送迎車両も大型のリフト付きバスでとても乗り心地が良かったそうです。もちろん、車いすのまま固定が出来ました。スロープがあるので、車いすのまま乗船も出来、船内はエレベーター・障害者用の広いトイレも完備されていたので、とても安心出来ました。クジラもしっかり船から見ることが出来き、目的も達成出来て良かったです。今回申し込みをしたプランは昼食が付いていたのですが、一般のお客様が取る前に、私たちだけを先にバイキングのところに案内して頂き、ゆっくりとお料理を取る事ができて、スタッフの方の心使いに感動されたそうです。


今回のお客様のように、機内で医療機器をご利用する場合は、事前に確認させて頂く事項も多いため、早めにお申し込み下さいませ。(出来れば出発の2ヶ月前ぐらいまでにお問い合わせを頂けると助かります。)特に、人工呼吸器や吸引器に関しては航空会社によっては、特定のメーカーの製造したものしか利用できないなど、航空会社を制限される場合もございますので、ご注意下さいませ。また、重たい電動車椅子の場合、高さや幅などの積み込みスペースの問題で、搭載出来ない場合もございますので、ご予約の際に必ずお申し出下さいませ。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++
- 感動Traveler -
日本で唯一の総合バリアフリー旅行専門部署
H.I.S.バリアフリートラベルデスク
TEL.03-5360-4761, FAX.03-5360-4733
E-mail. t-barrirefree@his-world.co.jp
URL. http://www.his-barrierfree.com/
twitter.https://twitter.com/#!/HISbarrierfree
---------------------------------------------
◎旅なかま会員登録はコチラ
(添乗員同行のオリジナルバリアフリー旅行)
http://www.his-barrierfree.com/blocks/index/00003
+++++++++++++++++++++++++++++++++++

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
~介護・福祉の資格がある専門スタッフがご案内!~
人気の「H.I.S.海外パッケージCiao」の車いす申込サポート
(ハワイ・グアム・韓国・台湾・香港)
URL. http://www.his-barrierfree.com/
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

私がバリアフリーデスクに異動してきて、初めてお手配をさせて頂いたお客様から、3年半ぶりにご旅行のお申込みを頂きました。3年半前は、ハネムーンでアメリカの西海岸にご旅行に行かれ、今年はハワイ島&オアフ島にご旅行に行かれたいとのことでした。


お申し込み日:2011年10月22日 来店にて


ご出発日:2012年2月20日(月)


ツアー名:ハワイ島&ホノルル10日間


ご旅行人数:2名様ご夫婦(内車いすご利用者1名様含む)


航空会社:全日空(羽田発着)


宿泊ホテル:ハワイ島/ヒルトンハワイアンビレッジ(部屋指定なし)            ※バスタブ付きバリアフリールーム事前確約


        アフ島/ハイアットリージェンシーワイキキ(パーシャルオーシャンビュー)※バスタブ付きバリアフリールーム事前確約


レンタカー:ハーツレンタカーにてハンドコントール車手配

       (ハワイ島・オアフ島共に)


オプショナルツアー:サンセットディナークルーズ(3スター・カップルプラン)



ご出発の4ヶ月前にご予約を頂き、手配を進めていきました。早めにご予約をいただけたので、バリアフリールームの事前確約もいただけて、ご希望に近いお部屋タイプをご利用頂く事が出来ました。ご帰国後お話しを伺ったところ、お部屋は利用し易く良かったとのことでしたが、お部屋に入った時に手配を以来していたシャワーチェアーがお部屋に入っておらず、フロントに連絡したところ、要望は承っており、これからお部屋にお持ちするとの事でした。ホテル側としては、簡易ベッドやシャワーチェアーなどの搬入に関しては、チェックイン時間までに必ずご用意しておくと言う認識が薄いようで、利用する夕方の時間帯までにご用意すると言う考えが、ヒルトンの場合はあるようです。(※ホテルによっても異なると思いますので、ご注意下さいませ。ただ言える事は、日本のホテルの様にホスピタリティーが高いホテルは、グレードにもよりますが少ないかもしれません。)

ヒルトンハワイアンビレッジの敷地内には、移動に便利なモノレールとボートが運行しております。5~10分間隔で運行しており、客室のある各タワーやレストランなどの主要箇所に停車します。ただの移動手段としてではなく、アトラクション気分で楽しめてお子様にも人気です。
お客様もモノレールに車いすで乗車されたそうで、一番前の車輌がリフト付き対応になっていたそうで、リフトが下りて車いすのまま乗車が出来たそうですが、乗車している時間と、リフトの乗り降りにかかる時間を考えると、車いすで敷地内を移動した方が早くて良かったとおっしゃられ、モノレールには話しのタネに一度だけ乗車されたそうです。ボートは階段があり、歩行が出来ない為、乗らなかったそうです。

ハワイ島での移動手段は、ハンドコントロールのレンタカーを手配して観光を楽しまれました。予約の段階で、ハンドコントロール車をご希望の場合は、ブレーキ・アクセルが右か左か、ノブの位置が時計で言う何時の方向かをいただければ、ご希望の車種でご用意が出来るか確認をさせて頂きます。※都市によっては、ハンドコントール車のお手配を行なっていないことろや、車種が限定されてしまう都市もございますので、ハンドコントロール車をご希望の場合は、お早めにお問い合わせ下さいませ。
ハワイ島をハンドコントロール車で運転されたお客様に感想を伺ったところ、景色は良く道も真っ直ぐで運転していてとても気持ちが良かったそうです。しかし、広大なハワイ島の道は、いくら走ってもあまり景色が変わらないので、本当に道があっているのかと不安に思う時もあったそうです。また、地図で見るより走ってみると意外と距離が遠くて、1人で運転するのは少し疲れたとの事です。私も2年前に家族旅行で、ハワイ島をレンタカーで走った事がありますが、お客様と同じ事を思いました。私の場合は幸い親も運転が出来た為、交換して運転できたので良かったですが、お一人で運転をされる場合は、休憩しながらあまりハードなスケジュールを立てない事をおすすめ致します。
また、移動距離が長いため、お手洗いが出来る場所があれば、その場ですることをおすすめします。オアフ島と違って、お手洗いのある場所の間隔が遠いので、ご注意下さい。車いすをご利用の方に関しては、男女別にお手洗いの場所に、一箇所程度広いお手洗いがある事が多いです。日本のように、共有スペースに障害者用のお手洗いがあるところは少ないので、介助をされるお客様の場合は、少々気まずいかもしれませんね。

オアフ島でもレンタカーとTheBusを利用して観光をされたそうです。オアフ島は3度目だったので、TheBusを上手く活用して観光を楽しむ事が出来たそうです。TheBusは車いすのまま乗車も可能ですし、地元の方も親切に対応してくれるので、車いすで利用してもとても気持ちが良かったそうです。※1台のバスに車いすは2台までしか固定が出来ませんので、ご注意下さいませ。

HISのLeaLeaトロリー(※方面と時間帯によって車いす対応のリフト付き車輌あり)にも一度乗車されたそうですが、日本人のお客様の一部の方は、乗車に時間がかかることに関して、あまりいい気分をされない方がいて、少し複雑な思いをされたそうです。このお話しを聞いたとき、私も残念な気分になってしましました。車いすのお客様に限らず、杖をご利用で乗車に多少時間がかかってしまうお客様がいた場合、温かい広い心で見守っていただき、場合によっては一言声をかけるぐらいの気遣いが出来る国民性があればなと思わせれました。

ハワイは1年間を通して車いすをご利用のお客様にとって、一番人気の都市になります。現在、夏休みのご旅行の問い合わせが多くなってきております。今回のお客様のように、早めにご予約いただければ、ご希望に近いホテルや航空会社をご案内することも可能ですので、お早めにお問い合わせ下さいませ。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
H.I.S.Ciao(海外旅行パッケージ)の詳細はコチラ!!

Ciaoハワイのお得なツアーはコチラ!

Ciaoグアムのお得なツアーはコチラ!

Ciao韓国のお得なツアーはコチラ!

Ciao台湾のお得なツアーはコチラ!

Ciao香港のお得なツアーはコチラ!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
- 感動Traveler -
日本で唯一の総合バリアフリー旅行専門部署
H.I.S.バリアフリートラベルデスク
TEL.03-5360-4761, FAX.03-5360-4733
E-mail. t-barrirefree@his-world.co.jp
URL.
http://www.his-barrierfree.com/
twitter.https://twitter.com/#!/HISbarrierfree

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◎旅なかま会員登録はコチラ
(添乗員同行のオリジナルバリアフリー旅行)
http://www.his-barrierfree.com/blocks/index/00003

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【ツアー報告】

担当者より:初めての海外旅行と言うこともあり、不安を抱きながら家族全員でご来店されたのを覚えています。


何に不安を抱き、どのようなご旅行をされたいか一つ一つお伺いし、旅行の手配を進めて行きました。一番悩まれていたのが、車椅子の件です。日常は150kgの電動車椅子を利用されており、海外でも利用したい。しかし電動車椅子という事で、観光場所や段差などによって行動が制限されてしまう事も想定される。出来れば、荷物にはなるが場面場面で車椅子を使い分けれればと言うご希望だったため、航空会社い交渉したところ、無料で2台持ち込める事が出来、今回は電動車椅子と手動車椅子を2台もって海外旅行にご出発されました。帰国された際に感想をお聞きしたところ、2台持っていって正解との事でした。

【ツアー名】
Ciao ホノルル7日間(デルタ航空利用 ハイアットリージェンシー パーシャルオーシャンビュー)

【ツアー情報】

■出発月:2010年12月

■ホテル:ハイアットリジェンシー(立地条件が良くバリアフリールームも充実です)

■人数構成:ご家族(3名様 娘様が車椅子ご利用)

■運動機能:歩行・段差 一切不可

■車いすタイプ:手動折畳式車椅子と電動車椅子

■その他:初めての海外旅行

【お客様からのご要望】

1.航空機

(1)機内用車椅子事前確約→事前確約OK

(2)ご自身の車いすを搭乗ゲートまで利用希望→リクエストは事前に航空会社に伝えさせてもらうが、最終的な判断は当日空港で対応

(3)座席に関して両脇にご両親が座れるように3列並びの席を希望→グループシートプラン(6,000円)を利用し、事前に座席の指定が出来ました。
(4)35日前の早期割引を適応し一人当たり8,000円引きになりました。家族の場合は、金額が大きいのでとても助かりましたとの事。早めの予約がオススメですね!


2.空港・ホテル間送迎

(1)電動車椅子利用の為、リフト付の専用車両を手配。片道あたり1台10,000円。


3.ホテル

(1)ロールインシャワー(バスタブの無いお部屋)のバリアフリールーム事前確約⇒お部屋やお風呂場も広く利用しやすかった。3名1室だったため、エキストラベッドが1台入っていた。そのベッドが普通のベッドより低く、マットも固かったので車椅子を利用している娘様にとっては、乗り移りがしやすく良かった。

(2)シャワーベンチ希望⇒壁付けの椅子が備え付けられていた。帰国後思ったことだが、独立したシャワーベンチがあれば、より娘にとっては利用しやすかったのでは。

(3)エレベーター⇒1階ロビーからお部屋に行く際は、一度2階でエレベーターを乗り換えなくてはいけないのが少し面倒だった。

(4)お部屋からの景観⇒パーシャルオーシャンビューという事で、ラナイから海も少し望めて、夜は街中の夜景もきれいに眺められて一度で二度楽しめたお部屋の景観だった。


4.現地オプショナルツアー

(1)サンセットディナークルーズ(3スター)⇒往復の送迎車両をリフト付き対応バスで手配して頂き、とても快適でした。船内もエレーベーターや障害者対応のトイレが付いており安心。プログラムやお食事も満足でした。

(2)レンタカーを日本で手配⇒ご旅行4日目にご利用されました。ハイアット内のHERTZレンタカー事務所を通して貸し出し&返却。車椅子は手動式車椅子を利用し、トランクに折りたたんで収納。トランクも広く、入れやすかったとの事。ハプニングとしては、この木何の木で有名な「モアナルアガーデン」に行こうとした際に、道に迷い通りかかった警察官にパトカーで先導をしてもらったとの事。なかなか体験出来ない貴重な思い出になりました。


5.LeaLeaトロリー・バス

現地での交通機関としてHIS専用のリフト付き対応LeaLeaトロリー・バスが大活躍!!運転手もとても親切な方で、優先的にバスに乗車させてくれ、対応もとても良かったです。アラモアナショッピングセンターなどに買い物に行く際にも大活躍でした。

【ツアー報告】

担当者より:30代のご夫婦でのご旅行でした。ホテルはadaルームをご希望。立地の良さと、利便性の良さとを考慮し、ヒルトンハワイアンビレッジにて手配。飛行機はデルタ航空の「カップルプラン」。これは、指定代金にて、隣同士の席の確約と、特別メニューの機内食、空港のラウンジ利用など、得点豊富なプランです。飛行機にこだわった分、ホテルはヒルトンの「部屋指定なし」(⇒眺望・階層一切指定なし)というコースになりました。滞在2日目にレンタカーを借りる計画もおありだったので、HERTZ事務所のあるヒルトンは好選択だったようです。

【ツアー名】
Ciao ホノルル5日間(デルタ航空利用 ヒルトンハワイアンビレッジ 部屋指定なし)

【ツアー情報】

■出発月:2010年4月

■ホテル:ヒルトンハワイアンビレッジ(ホノルル一番人気のホテルです)

■人数構成:夫婦(2名様 だんな様が車椅子ご利用)

■運動機能:歩行・段差 一切不可

■車いすタイプ:手動折畳式車いす

■その他:車いすでのご旅行は慣れていらっしゃるとのこと。

【お客様からのご要望】

1.航空機

(1)機内用車いす事前確約→事前確約OK

(2)隣同士の座席指定OK(⇒リゾートカップルプランにて事前確約OK)

2.空港・ホテル間送迎

(1)リフト付の専用バスを手配。

(2)レンタカーは、お客様ご自身にて日本で事前手配。ご旅行2日目にご利用されました。ヒルトン内のHERTZレンタカー事務所を通して貸し出し&返却。


3.ホテル

(1)バリアフリールームの事前確約⇒階層・眺望指定なしのコースだったので、3階でのご宿泊でした。低層階なので、眺めはいいとはいえなかったようですが、バリアフリールームはとても滞在しやすかったそうで、一度も不便を感じなかったとおっしゃっておられました。

(2)シャワーベンチ希望⇒当日のご案内(事前確約は不可でした)


4.現地オプショナルツアー

ご自身でポリネシアンディナーショーにご参加。

一般用の長テーブルでしたが、車椅子のままで問題なく参加できたとのことです。


5.現地でのお買いもの

アラモアナショッピングセンターが、車椅子のままで入店しやすく。内部も移動しやすかったので自由に 買い物ができたと振り返っていらっしゃいました。



ヒルトンハワイアンビレッジにご宿泊頂いた50代の下肢体麻痺のお客様のご記録です。


歩行不可のため手動式車いす(折畳可能)をご利用でした。

空港~ホテル間の移動車輌はリフトつきのバスを使用。

お部屋はADAルームを無事確保いたしました。


一番思い出に残ったのは弊社のオプショナルツアー、「5スターサンセットディナークルーズ」だったそうです。通常の送迎車輌は一般のバスになりますので、リムジン送迎にアレンジされました。HISでご用意しているディナークルーズは、車いすでのご参加が可能です。その中のひとつ、「カップルプラン」という、ご夫婦やハネムーナーの方々に人気の、様々な特典のついたプランにてお申し込みいただきました。


また、こちらのお客様は「オアフ島観光&B級グルメ」というコースにもご参加いただきました。こちらのコースは、リフト付きの専用車を用いて観光名所を回ります。電動車いすをご利用の方や、バンやワゴンへの乗り移りが困難な方にご利用いただき、好評をいただいております。


当デスクでは、やはりハワイが一番人気でございます。

他の国々に比べてハワイは比較的車輌のアレンジも柔軟に行えます。

ぜひ、お気軽にお問合せくださいませ。




3月のハワイ旅行で、シェラトンワイキキに宿泊された方がいらっしゃいました。先天性の二分脊髄で、短い距離なら歩行できますが、段差は介助がないと不可のお客様です。


ADAルームの手配も迷っておいででしたが、介助可能なご家族様が2名いらっしゃったので、今回は一般客室での手配となりました。


*ADAルーム(車椅子対応客室)は、1つのホテルにつき1室程度しか設置されていないことが多いため、競争率が高くなります。GWやお盆などの混雑時期は特に、お部屋が取れないケースもございます。そんなときに、確実にお部屋を抑える上では、一般客室での手配も視野に入れるとより可能性は上がります。

例えば、

・第1希望 シェラトンワイキキ オーシャンビュー ADAルーム 

・第2希望 シェラトンワイキキ オーシャンビュー 一般客室

のような手配方法です。


お一人お一人の、運動機能や介助いただける方の状況等によって設備等のご希望は異なると思いますが、このような手配方法も可能ですので、お知りおきください。


今回のお客様は、一般客室にご滞在されましたが、大人の介助の方が2名いらっしゃったこともあり、ご旅行を満喫していただくことができました。


例えば、弊社ホームページ(http://e.his-j.com/trip/ciao/search.aspx?lcid=txt )などから希望のホノルル商品を見ていただき、ご希望日程・航空会社・ホテルの目星をつけた後、ご連絡をいただく際に、「第一希望は●●、第二希望は○○」というように、複数のご希望を教えていただけますと、手配も早くなります。一般客室でも可能というお客様はその旨もお教えください。また、逆に一般客室でのご宿泊では不可で、ADAルームが必須という方も、必ずその旨をお伝えくださいませ。


ぜひ、デジタルパンフレットもご覧くださいhappy01

http://www.his-j.com/tyo/tour/digital_brochure/index.htm?lcid=txt (成田発着)

※地方発着の方は、当ブログのトップページをご覧くださいませ。




【ツアー報告】

担当者より:中部国際空港・JALウェイズ・ヒルトン(指定なし)は、バリアフリートラベルデスクでの定番コースです。今回は、中途障がいで車いすユーザーになられてから初めてのハワイ旅行で大変不安を感じながらのお問合せでした。ただ、車いすユーザーのお客様がお子様ということもあり、お父様の抱きかかえての介助も可能ということから比較的スムーズにお客様のご要望にお応えする事が出来ました。ご帰国後にお話しを伺いしましたがとても充実していて楽しいご旅行をされたようです。

ツアー名≫
中部国際空港発着/JALウェイズ直行便で行くハワイ6日間<ヒルトンハワイアンビレッジ(部屋指定なし)>LeaLeaトロリー乗り放題&WaKuWakuシャトル付き

【ツアー情報】

■出発月:2010年3月

■ホテル:ヒルトンハワイアンビレッジ(部屋指定なし)
■人数構成:家族旅行(4名様)※1名様(お子様が車いす利用)

■運動機能:両下肢機能障害(歩行不可)

■車いすタイプ:手動折畳式車いす

■その他:車いすを利用するようになってから始めての旅行で、少し不安を感じています。

【お客様からのご要望】

1.航空機

(1)機内用車いす事前確約→事前確約OK

(2)肘掛があがる席(希望)

(3)座席指定→JALWAYSの場合は、車いす利用をされている方は、WEBチェックインをする事ができませんが、事前に車いすご利用の旨を伝えておりますので、配慮をしていただきます。(早めのチェックインをおすすめしました)

2.空港・ホテル間送迎

(1)バス乗降が困難な為に、専用リフト付バンの追加手配をいたしました。(片道10,000円/往復手配)

3.ホテル

ADAルーム(バリアフリールーム)※バスタブなし(シャワールーム)を強く希望されていましたので、事前確約が出来るかを手配確認を致しました。→事前確約OK

4.オプショナルツアー

(1)ドルフィン・エンカウンター4名様
※車いすをご利用の方は、事前に「SEALIFEPARK」のお伺い書にて参加可否確認をしてから正式予約となります。今回はお父様が介助をするということでイルカとの触れ合い体験をお楽しみいただきました。

(2)スターオブホノルル・ディナークルーズ(3STAR)4名様
※車いすをご利用の方は、事前に「リフト付バス送迎」手配を、リクエストすると事前確約をしてくれます。

(3)リフト付バン・チャーター4時間/1台

※この~木なんの木、気になる木~で有名な「モアナルアガーデン」など、ガイドブックを見ながら自由気ままに観光をお楽しみいただきました。



HIS ユニバーサル
ツーリズムデスク

2020.12
loading...
WORLD情報局