こんにちは、「おじ」です。


さて、昨日はダイビングをお勧めしましたが、

まぁ、シュノーケリング目当ての方が多いと思いますので、

ちょっとその話を。


ただ、「おじ」のお勧めはダイビングです。

ダイビング>シュノーケリング

です。


その理由は、


マルハバ! - from Maldives


これ


これは水深2・3mの写真です。

ここに魚が写っているのですが、どこに写っているでしょう?



・・


・・・


・・・・


・・・・・


正解真ん中左側

縞々の2匹。


どうです?

わかりました?




これが、「シュノーケリングよりもダイビング」って言う理由です。

ラグーンに囲まれ、シュノーケリングがしやすいリゾートでは、色とりどりの魚は望めません。

砂の色にできる限り擬態して、見分けが付かなくなってしまうのです。


色とりどりの魚を見たいならハウスリーフがいいリゾート。

シャングリラとか、ヴァドゥーとか

ハウスリーフには色とりどりの魚がいますよ。


でも、少し沖合いに出ないとハウスリーフはないので、潮に流されないようにしてください。

しかも、セルフシュノーケリングはガイドが付かないので、

ガイドがいないと嫌だ・怖いという方は、シュノーケリングトリップをお選び下さい。


マルハバ! - from Maldives

ちなみに、沖合いに出れば出るほど、青色が強くなります。

ですので、青い海が見たいという方にもお勧め。

シュノーケリングトリップに出れば、マンタや海がめも見れる可能性があります。

さらに、運の良い方はシュノーケリングポイントまで移動中にイルカが見れるかも。


もう一枚シュノーケリング写真を


マルハバ! - from Maldives


こいつは、よく写ってるかな。


シュノーケリングには市販の防水カメラでOKですよ。



同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS モルディブ支店

    2020.12
    loading...
    WORLD情報局
    テーマ一覧