Wリトリート 2012.01.09
こんにちは、「おじ」です。

もう2ヶ月ほど前の話
「おじ」は休暇で日本へ帰国しました。
その際、日本でMac Book Airを買い、現在それを自分用のパソコンとして利用しています。
超軽量で持ち運び便利、超薄型でかさばらない、しかも起動が早く作業効率もいい
でも・・・
windowsになれている「おじ」にはまだまだ未知の世界が多いです。
ちなみに、パソコン購入時は安かったのですが、officeをのせたら結構いいお値段になってしまいました。dollar
それでも使いやすいからいいのですが。

さて、今日からは新シリーズ
昨年8月に訪れたWリトリートの話をしたいと思います。

といっても、もう5ヶ月も前の話・・・
まぁまぁ、それでも、話をしてきます。
始まるったら始まる。


ちなみに、今回の旅のパートナーもムトゥーさん
旅じゃなかった視察だった・・・


男二人でこんなとこにいったんだと思って読んでください。

この日の集合は朝5時30分
6時の水上飛行機で出発の予定でした。

「おじ」はびびり君なので、5時には空港の水上飛行機カウンター前に到着scissors
5時20分頃、Wやシェラトンを所有するスターウッドグループのモルディブ担当セールスの方がやってきました。run
軽くご挨拶
この時、ムトゥーさんは来ていなかったので、
セールス「あれ、ムトゥーさんは?」
おじ  「次のドーニ(5時30分)で来ると思います。」
セールス「OK!」
とまぁ、ムトゥーさん待ちです。

5時30分
セールス「ムトゥーさん来ました?」
おじ  「いやっ、来てないんですよね・・・(あれ、おかしいなぁ・・・)」
    「すいません、なんか待たせちゃって。」
セールス「いや、大丈夫だけど、チェックインがあるからね。」
おじ  「そうですよね。40分ドーニでは来ると思うんですが・・・」
セールス「来たらすぐ教えてね。すぐにチェックインしなきゃ間に合わないから。」
おじ  「もちろんです!!」

5時40分
悠々とムトゥーさん来ました・・・
(早くっ!!!)

とまぁ、チェックイン前からハラハラドキドキ
無事チェックインしすぐに水上飛行機のラウンジへ

ラウンジでは素早くリゾートのチェックイン手続きをさせられ、満足に写真が撮れないまま水上飛行機へ搭乗・・・

結果

マルハバ! - from H.I.S. Maldives

ラウンジ入り口の写真と

マルハバ! - from H.I.S. Maldivesマルハバ! - from H.I.S. Maldives

ラウンジの中の写真の3枚で終了・・・

マルハバ! - from H.I.S. Maldives

それと、Wラウンジの前にはWの看板が

って色々写真を撮ろうとしているところを
あっという間に水上飛行機に乗せられて飛ぶ事30分
Wに到着しました。


えっ!?その間?何をしていたのか?

もちろん寝ていましたよsleepy
あっという間につきました。


到着して撮った写真が
これ

マルハバ! - from H.I.S. Maldives

朝日をバックに、W所有の無人島
早朝の出発到着の場合、宿泊客の迷惑にならないようにリゾートからちょっと離れたところへ着水
もちろん、水上飛行機のエンジンが回転する爆音が迷惑にならないように。

リゾートへ行くにはボートが迎えにきてくれるとのことで、待つ事に
その間に無人島の説明

マルハバ! - from H.I.S. Maldives

一日一組貸し切りで無人島の使用ができ、何だったらディナーまでも食べる事ができてしまう。
泊まるのは難しいけれども、二人っきりでゆったり過ごす事ができる
なんて説明を受けながら、ボートを待つ事と数分

来ました。
立派なボートが

マルハバ! - from H.I.S. Maldives

本当に立派なボート
そこまでしなくても、ドーニでいいじゃんって距離なのに
スピードボート


スピードボートで2分

リゾートへ到着しました。


マルハバ! - from H.I.S. Maldives

空港集合から1時間30分
あっという間の到着です。

そして、そこに広がるのは今まで「おじ」が経験してきたリゾートとは全く異なる別世界だったのです。

つづく

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS モルディブ支店

    2021.01
    loading...
    WORLD情報局
    テーマ一覧