『1週間バリ』 2009.03.05
単行本の「1週間バリ」では見られない、実写版バリも、いよいよ最終回となりました。
最後はやはり思いで作り。
ということで、様々な想い出がある中、本誌にも登場している、チャーターしたタクシー運転手のマデさんと一緒にサンバルを作ったときの様子に決定しました。
「1週間ハワイ」ではポケを。
「1週間タイ」では虫の調理を。
そして「1週間バリ」ではサンバルの作り方を本誌で紹介しています。

「その土地に行ったら、その土地の料理を覚えて帰る」というのも旅の正しい形と考えるからなのです。
で、バリ料理でなくてはならないのが、サンバル。
作り方は庶民に教えてもらってこそ、庶民の味。
そう考え、マデさんと一緒にビラのキッチンで一緒に汗を流しました。

「ローカル味はローカルスーパーから始まる」
ということで、先ずは庶民の店へと買出し。
大量買いなら、会員制ディスカウントスーパー「makro」

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-makro


入り口横の巨大看板がキッチュ。
果たして「ASIMO」、売れているのかsign02

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-ASIMO

店内は巨大倉庫の様相。
アメリカのCOSTCOのようであります。
電化製品から生鮮食料品までなんでもあり。
次回の旅行、滞在中に入用なものをまとめて買うなら、先ずはマクロへ。
相場観も養えます。

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-マクロ

しかし、巨大すぎて結局マクロでは購買欲がわかず。
そこで次に向かったのは「TIARA DEWATA」。
庶民に人気大のスーパー。

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-TIARA DEWATA

商品ディスプレィはこんな感じ。
日本と同じように、ブツごとにコーナーにまとまって、目的のものに辿り着くのも簡単。

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-TIARA DEWATA

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-TIARA DEWATA

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-TIARA DEWATA

おお、店内にこんな手軽なサンバルを発見eye
「これでいいじゃないっすかsign02
とそんな自分に
「これは、インスタント。美味しくありません。家庭の味が欲しいんでしょ」
とドライバーのマデさんに手抜きを見抜かれ。

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-サンバル

「一からバリの味を学ぶなら、これです」と、連れて行かれたのが。
石臼コーナー。

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-石臼コーナー

唐辛子など「材料をすり潰すことから始めろ」と、マデさんなかなか手厳しいのであります。
で、サンバルを使った料理の食材も含め、結局こんなに買い込むことに。

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-買い込んだ食材と道具

最後に、高級志向のスーパーBINTANGもチェック。
ちなみにビールのビンタンとロゴが同じですが、「全く関係ありません」とのこと。
ここではバリの酒、アラックを購入。
空港で売っているのと同じものでも、半額以下。
ほか、土産になりそうなものも多数あり、です。

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-BINTANG

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-アラック

サンバルに必要にしてかつ最低限揃えておきたい材料が、こちら。

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-材料

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-材料

こんにゃくや唐辛子をフライパンで軽くあぶったら、後は石臼の中でひたすら潰す、つぶす、ツブス・・・。
「あsign01マデさん、顔の汗が臼の中に落ちてますぅsign02
しかしマデさん、
「ティダ・アパアパ(大丈夫の意)」
と一心不乱。

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-サンバル作り風景

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-サンバル作り風景

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-サンバル作り風景

潰し具合の頃合をみて、軽く火を通せば、完成です。

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-サンバル作り

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-サンバル完成

完成したサンバルに似合うのは、ナシゴレンならぬ、チャーハンではないのかsign02と、全員の意見が一致。
すると、マデさん、いつの間にか購入していたらしい、ナシゴレンの素を取り出し・・・・
なるほどサンバルに手は抜かずとも、こういうところで抜くんですね。

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-ナシゴレン

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-ナシゴレン

そういえば、ぺペロンチーノってなんだかサンバルに通じるものがあるかも

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-ペペロンチーノ

料理ができた頃、すっかりヴィラも夕陽に包まれ…。
バリの人々の暖かさと、美しい風景と味に感謝しつつ…一日の終わりを迎えます。
それではみなさん~

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-夕暮れ

・・・というわけで、旅が終わっても時折サンバルを作って、バリを思い出しているのです。
旅に出たその国の、ちょっとした料理を覚えて帰ってくるようになったのはいつごろからだろう
是非皆さんも試してみてください。
写真より、ビデオよりずっと思いでに残ること請け合いですから。
それでは皆さん、またどこかでお会いしましょう。
単行本の「1週間バリ」もよろしくお願いしますsign03
さらに愉快に、楽しく、グングンとバリのことが楽しく理解できますからnotes




山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-1週間バリ 本の内容が気になる方は…

次のバリへの旅のプランはこの1冊で。
1週間バリ
山下マヌー・著 定価:1260円(税込)

誘惑の手口や両替屋、騙しのテクニック・・・。ちょっと怪しいバリを快適に過ごすためのバリのルール&マナーが満載!旅行者のためのバリ本の決定版sign01

『1週間バリ』 2009.03.04
「海バリ」「山バリ」と呼ばれることの多いバリ。
実際に同じ島であるのにもかかわらず、海と山ではまったく異なる表情を持ち、我々を魅せてくれます。
それら海と山に加え、単行本「1週間バリ」の取材では、さらに新たに「絶景バリ」という第三の魅力を展開。
島を廻り絶景ポンントとして認定することに。
イラストで展開されている単行本版には掲載されていない、当実写版ならでは、写真で見る絶景感を味わってください。

先ずはお約束のウルワツ寺院。
ご存知、定番のウルワツ寺院です。
絶景にこだわって出かけていくなら、もちろん夕方。幻想的な夕陽。
それを背景に始まるケチャダンスという、ダブルで感動できるオイシイ絶景ポイントなのであります。

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-ウルワツ寺院

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-ウルワツ寺院と夕陽を背景にケチャ

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-ウルワツ寺院と夕陽を背景にケチャ

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-ウルワツ寺院と夕陽を背景にケチャ

お約束その2、タナロット寺院も夕方に
「神の降りてくる場所」と地元に人に呼ばれるタナロット寺院。
海に突き出た岩の上に建てられたその姿、満潮時にはまるで海に浮いているかのようで美しくも幻想的なお寺であります。
ここもまた夕昏土に見れば、まさに絶景バリ。
海の中、夕陽に赤く染まるタナロット。
崖の上のテラス席からビンタンビールでも傾けつつ感動するのが、正しい鑑賞のしかたです。

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-タナロット寺院サンセットテラス

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-タナロット寺院

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-タナロット寺院

ダンスは要らないから、静かな絶景サンセットプリーズなら、こちら。
その感動的夕陽はまさに絶景ポイント。
スルバンエリアに佇む“ブルーポイント”。
海に向かって落ちるプールも素晴らしいのですが、ベストサンセットポイントはレストラン内、海側のセンターのテーブル。
海に向かった遮るものなしsign01水平線の向こうに沈むゆく、完璧サンセットをどうぞ。

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-ブルーポイント

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-ブルーポイント

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-ブルーポイント

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-ブルーポイント

いったいここはどこsign02
シュールな絶景ポイント、あります。
インターコンチネンタルホテルを過ぎ、ウルワツ方面に向かう坂の途中“GWK”の看板を見つけたら左折。
どんどん進むと、突然現われる不思議な空間。
いったいこれは・・・eye
つわものどもの夢の跡地。
実は政変により開発が止まった場所。
工事のとまったままの姿はシュールなのでありました。
が、エスとランのテラスから見るバリのほぼ全景。
石切り場と思われる場所の、まるで映画「2001年宇宙の旅」のモノリスの集合体のような不気味な空間。
まさに絶景バリ、ですな。

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-開発の止まったふしぎな場所

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-開発の止まったふしぎな場所

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-開発の止まったふしぎな場所


ランチ時の絶景バリなら“INDUS”
山バリを代表するエリア、ウブドゥは絶景ポイントの連続。
絶景を楽しみながらランチ、休憩をするならこの店に決定。
店のテラス席から見える反対側の山の尾根にお祭りの行列が行く姿なんかもみられることがあったりして、高付加価値な絶景バリポイントの一つ。

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-INDUS

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-INDUS

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-INDUS

ゴージャス絶景バリの中、アフタヌーンティウブドゥエリアからもう一つ。
フォーシーズンホテルのカフェもかなりの絶景ポイント。
アジアと西洋とが程よくミックス。
洗練されたデザインの空間は開放的。
目の前には豊かな木々の緑。
多少の作られた感には目を瞑って、心地よいソファーに身を包み、いつまでも和んでいたい空間であります。

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-ウブドのフォーシーズンズ

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-ウブドのフォーシーズンズ

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-ウブドのフォーシーズンズ

ほかにも「「絶対的色の絶景ビーチ」、絶景エステ」、「絶景ラフティング」絶景ポイントがたくさん隠されているバリ。
更なる詳しい情報、それらの場所への廻り方は、是非本誌「1週間バリ」で確認してください。
「絶景バリを廻る一日」なんていうオプショナルツアーを作ってくれればいいのに、と提案して、今回はこのへんで。
では、また次回sign03




山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-1週間バリ 本の内容が気になる方は…

次のバリへの旅のプランはこの1冊で。
1週間バリ
山下マヌー・著 定価:1260円(税込)

誘惑の手口や両替屋、騙しのテクニック・・・。ちょっと怪しいバリを快適に過ごすためのバリのルール&マナーが満載!旅行者のためのバリ本の決定版sign01

『1週間バリ』 2009.03.03
単行本「1週間バリ」の発売を記念して、その取材中にメモ代わりに撮影した写真を活用しての、実写版「1週間バリ」。
今回はバリから一ッ飛び、見知らぬ島、ロンボクへと足を伸ばしてみることに。

メルパチ航空でバリから1時間足らず。
空港に降り立った瞬間から時間が巻き戻された、スローな空気が漂うロンボクです。
せっかくバリまで来たのですから、もう一つ、島を欲張ってみては

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-メルパチ航空

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-メルパチ航空機内食
山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-飛行機を降りると…

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-スローな空気

公共交通機関は、このような乗り合いバス、もしくはロバが引く車。
なんとなく夢に描いていたアジアの姿があります。

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-ロンボク島の乗合バス

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-なんとなく夢に描いていたアジアの姿

昔からのスタイルを守るSASAK村。
村人の案内により、ちょっとお邪魔を。
ありのままの生活を見せてもらいます。

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-SASAK村

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-SASAK村

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-SASAK村

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-SASAK村

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-SASAK村

今回のロンボク島でのお泊りは、クタのCoralia。
バリのクタを同じ地名ですが、海の色と流れる時間の感覚はかなり違います。
オンザビーチのロケーションは、波の音で眠りに落ち、波の音で目覚めます。

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-ロンボクの海

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-オンザビーチのレストラン

波乗りをするか、ビーチでまったりするか。
クタでの過ごし方はそのくらいのもの。
とくにこれと言ってやることがないという、ある意味諦めのつく島。
「今度の旅行はなにもしない旅に」と言いつつも結局滞在中忙しくしている・・・。
そんな人にこそ、訪れて欲しいロンボク。
本当になにもすることがないんです。

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-ロンボクの海

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-ロンボクの街

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-ロンボクの海

これ、何だと思います
島特産の唐辛子。
こうやって天日干しにするんですね。
知りませんでした。
しかし、それにしても見事な赤です。

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-ロンボク島産唐辛子

アジアのお約束、パサール=市場を見学。

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-バザール

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-バザール

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-バザール

仏教徒やヒンドゥ教徒の多いバリと異なり、他のインドネシアの島同様、イスラム教徒が大半を占めるロンボク島。
食べ物、食べ方にもかなり差があります。
こちら、ロンボクスタイルを手頃に味わえるレストラン。
高床式の離れでいただきます。

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-高床式の離れ

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-食事

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-レストラン

バリの隣なのに、日本人がほとんど訪れることのない島ロンボク。
バリリピーターなら、次の旅行のプランに是非組み込むことを薦めます。
バリとはまるで異なる雰囲気に、まるで別の国に来ているみたいなロンボクは、バリから日帰りでも十分狙えます。
さらなる詳しい情報は単行本「1週間バリ」をご覧ください。
ロンボクから船で約10分、さらりまったり感溢れる島の情報も載ってます

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-ロンボクの海

山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-ロンボクの海




山下マヌーの マヌー式地球の遊び方-1週間バリ 本の内容が気になる方は…

次のバリへの旅のプランはこの1冊で。
1週間バリ
山下マヌー・著 定価:1260円(税込)

誘惑の手口や両替屋、騙しのテクニック・・・。ちょっと怪しいバリを快適に過ごすためのバリのルール&マナーが満載!旅行者のためのバリ本の決定版sign01

2020.12
loading...
WORLD情報局