サバイディpaper

ラオスはそろそろ本格的な雨季に突入でしょうかsign02

毎日雨が降るようになってきましたrain

さて、今日はラオス名物spa 薬草サウナのご紹介ですhappy01

Dsc08988訪れたのは旅行者にも有名な、ルアンパバーンの赤十字サウナですnote

観光客もよく訪れるお寺「ワット・ビスン」の向かい側にありますflair

Dsc08986その名の通り、ラオス赤十字が運営しており、

かわいらしい建物の二階に上がると受付がありますup

Dsc08980マッサージメニューは少ないですが、相場に比べるとリーズナブルshine

ボディマッサージ、フットマッサージ、アロマセラピーマッサージの3種類tulip

薬草サウナは10,000キープで時間制限もなく、

利用客は地元のラオス人がほとんどなので、ローカル価格ですgood

Dsc08983この日はマッサージを受けてから薬草サウナに入ることにし、

サウナ用の体に巻く布とタオルを受け取り、荷物を受付前のロッカーに預けますdash

布とタオルの貸し出しは無料ですが、タオルが古かったりということもあるようなので、、

気になる方は持参したほうがいいかもしれませんsweat01

danger注意danger

こちらの施設に限らず、ロッカーで貴重品を盗まれるというケースが見受けられます。

中に持ち込むこともできませんので、貴重品はなるべく持って行かないことをお薦めします。

またロッカーから荷物を取り出す際は、必ず預けた荷物の確認をしたほうがよいです。

Dsc08984

マッサージルームは受付の右と左にそれぞれありますflair

オイルを使ったマッサージは指圧が強めで、とても気持ちよかったですcatface

背中にオイルを塗るときに衣類をとるので、特に女性の方は

受付でマッサージを申し込む前に、施術者の確認をしたほうがいいですねimpact

Dsc08981体をほぐしてリラックスした後、いよいよ薬草サウナへspa

こちらのパネルにあるような、たくさんの種類のハーブを使っていますclover

生憎、サウナエリアの写真は撮れませんでしたが・・・

私が行ったときは若い女性からおばちゃんおじちゃんまで、賑わっていましたnotes

サウナ室は男女別ですが、外の休憩スペースは男女共同、

布一枚でラオス人の中に飛び込んでいくのはちょっと勇気がいるかも?笑

でも慣れれば気にならなくなりましたsmile

サウナ室に入ると蒸気で真っ白coldsweats02 更に暗いので気をつけてくださいdash

スチームサウナなので、座ってジッとしていると、あっという間に肌がしっとりsweat02

様々なハーブの香りに包まれ、じんわり気持ちいいconfidentspa

実はサウナは少し苦手だったのですが、すっかりハマッてしまいましたheart02

Dsc08982休憩スペースには不思議な味typhoonの温かいお茶がありますので、

サウナで汗をたっぷりかいたら、こまめに水分補給sign01

Dsc08987マッサージは09:00~21:00、サウナは夕方16:00~20:00の営業ですflair

ラオスのローカルサウナのほとんどが、涼しくなる夕方から営業のようdash

こんなに暑いのにサウナ?と思いましたが、逆に自分が温まると、

外の空気がびっくりするくらい涼しく感じられてクセになりますよ~bleah

ぜひみなさんも一度体験してみてくださいnotes

ビエンチャン支店 大嶋

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ

にほんブログ村

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    H.I.S. ラオス支店

    2019.05
    loading...
    WORLD情報局