サバイディー

みなさん、ルアンパバーン名物の『カオソーイ』はもう食べてみましたかhappy01

きしめんのような平麺に、肉味噌がたっぷりの乗ったカオソーイは、日本人の口に本当に良く合う、ラオス北部を代表する麺料理ですshine

Blog20

一見辛そうに見えますが、赤いのはトマトの赤さで、辛みはそんなにありません。

基本は「セン・ニャーイ」と呼ばれる太い平麺で食べますが、細い麺がお好みの場合には細麺で注文することもできますよnote
(お店によってはできないところもあります。)

Pa050694

細い麺で食べてみたい方は、カオソーイ「セン・ノーイ」(細麺)と言ってみましょう!

この写真の様に、ほとんどのお店はカオソーイと一緒に山盛りの野菜を持って来てくれます。

こちらの葉野菜と、ハーブたち(ミントやバジル、パクチーなど)お好きなものをちぎって麺に入れましょうflair

Pa050696

私はだいたい出てきた野菜全てちぎって入れちゃいますよーsmilenotes

ライムを搾ったら、できあがりですlovely

Pa050700

美味しそうですねーpigpignoodle

そしてカオソーイを食べる時の定番、一緒に出てくる「インゲン」は「カピ」といううエビのペーストを付けてそのまま食べます。
こちらのインゲンは麺には入れずにカピで食べる人がほとんどですflair

Pa050697

Pa050699

ちなみに一緒に出てくる唐辛子にもちょこっとカピを付けてそのままパクリ!!

こちらが本当のラオススタイルですが、こちらは私にはマネできませんcrying


こちらのお店はルアンパバーンの中心街にある『タオさんのお店』ですnote

Cci11102016


ラオス北部に来たら、必ず『カオソーイ』をラオススタイルで食べてみて下さいhappy02shine


ルアンパバーン支店 ひのさわchick


★★★★★★ ルアンパバーン新ツアー登場!!! ★★★★★★

お問い合わせは、H.I.S. LAOまで !!!


■ スローボートでローカル村めぐり(メコン川沿い村訪問)

 世界遺産の街ルアンパバーンのメコン川沿いには、まだまだ知られていない、
 でもとってもユニークな村が点在しています。こちらのツアーでは、そんな知る人ぞ
 知る対岸の村をボートでめぐっていただきます。焼き物の村、川海苔作りの村、
 織物の村などの見学が可能です。また、ボートに乗っている間は母なるメコンの
 雄大さ、川沿いに暮らす人々の生活などを目の当たりにできますよ。
 人とは違う、一歩踏み込んだラオスの旅をご希望の方にお勧めです!

ラオスの農家でホームステイ体験1泊2日

 癒しのラオスを体感する1泊2日!
 ルアンパバーン市内から車で約1時間のラオスの田舎にホームステイ。
 村に残る昔ながらの生活をあなたも体験してみませんか?一見何もないように見える村
 ですが、見渡すかぎりの大自然の中、優しく温かいラオスの家族と過ごす旅は、
 心の充電にぴったり。ツアー中は料理体験や畑仕事、魚とり、川での水浴び...など、
 季節によって様々なアクティビティを体験できます。H.I.S.の日本語ガイドも
 同行するので安心です。
 もっと深くラオスの人々とふれあいたい方におススメのツアーです!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

にほんブログ村 海外生活ブログ ラオス情報へ
にほんブログ村

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    H.I.S. ラオス支店

    2018.01
    loading...
    WORLD情報局