その他 2017.08.16

キヒネッタ!?

ここ最近のモルディブの天気はバラーバル(最高)ですrockshine

皆様、暑さ対策、日焼け対策はお忘れなくsign03sign03

***

モルディブでは日曜日に小さな変化が。

現地通貨モルディブルフィア(MVR)の5ルフィア紙幣が新しくなりました~heart04

20170816_092004

20170816_091946 こちらが新5ルフィア紙幣ですeyeflair 紙の質がつるつるで防水にも良さそうcat

モルディブ人の大好きなサッカーが描かれていますhappy01

20170816_114526 ちなみにこちらが古い方のお札。紙です。今年中に流通が終わる予定みたいですsign05

紙幣は10、20、50、100、500、1000(←こちらは結構レア)の種類があり、実は昨年の1月に一新されていたのですが、5ルフィア紙幣だけ変わらなかったのです。硬貨になる予定だったとか?

HIS旅ブロ:プチニュース♪ (←新紙幣について~penguin

財布を雨ざらしにしたことのある私にとってはこのつるつる紙幣、ありがたいです笑

通常リゾートではUSドルが使用されますのでリゾートへ行かれるお客様はあまり馴染みのない現地のお金ですが、お土産にしても喜ばれるちょっとかわいい通貨かなと思いますheart01

入手方法として思いつくのは空港での両替(小額紙幣がどこまでいけるかですが。。。)、もしくは市内観光でマーレに行く機会があったらお買物のお釣りはルフィアでもらえますのでそのときですねcatface

以上、モルディブプチニュースでした~scissors

*チヒロ*

キヒネッタ!?

ここ数日納豆巻が食べたくて仕方ないですcrying

でもマーレには納豆なんてない・・・japaneseteaあのねばねば感はモルディブ人に受け入れられるのだろうか・・・。

***

そんなことはさておき、ギリ、続きますwink

Imgp2206 じゃん。地下にあるワインセラーwineこちらはギリに宿泊したらぜひ訪れて頂きたい場所ですshine

特別なディナーセットアップやワインテイスティングもアレンジできますhappy01

Imgp2202

Imgp2204 Imgp2205 ワインセラーには併設のチョコレートルーム&チーズルームもありflair

こちらは朝食時であれば自由にアクセスできますので朝ごはんが楽しみになりますねlovely

今回は日中の訪問でランチだけ頂いてきましたのでそちらをご紹介します。

Overwater_bar1 こちらのOver Water Barにてscissors

お昼の時間帯(12:30-15:00)はセミビュッフェでのお食事が提供となっていました。

サラダやスープ、チーズなどをビュッフェから取って、メインは3種類の中からオーダーですconfident

Imgp2185

Imgp2187

Imgp2188 ギリのこだわりは多くのお野菜がリゾート内のオーガニックガーデンで栽培されていることheart04

自家製のお野菜と、沢山の種類のオリーブオイルやドレッシング、トッピングなどを自分でミックスしてオリジナルのサラダが作れますcatface

Imgp2189ナチュラルで健康的catスープは冷製ガルディア(モルディブの伝統的な魚のスープ)で美味happy01

この日のメインはフィッシュアンドチップス、インディアンカレー、トムヤムクンから。

Imgp2191 フィッシュアンドチップス、魚がでかいhappy02

Imgp2195 デザートのアイスも種類が沢山ですshine

ちなみに・・・さすがギリだなあと思ったのが、スタッフの程よい距離感chick

お食事のときも、色々説明をしてくれたりお食事の味についてなど確認してくれるのですが、フレンドリーながら決してしつこくなく、滞在中は本当にリラックスできますよheart04

***

ちなみにこの記事を書いているときに以前のギリの記事なども見ていたのですが(昔はソネバ・ギリという名前のリゾートだったのですよ~)、ちょっとずつリゾートも変わっていっているのだなあと思いました。

滞在部分はあっさりなのでこれくらいですが、また施設のことなど改めて紹介しようと思いますchick

では~sign03

*チヒロ*

キヒネッタ!?

最近のモルディブは昨年と同じような雨季の感じになってきました~rain

カンカン照りに晴れていたと思ったら急にスコールsign0320分もしないうちにまた晴れ渡った空に・・・sun

1日に1回か2回あるかな、という感じでオフィスやアパートだと気付かないまま過ごしていたりします。

***

今回はリピーターの方もとっても多いリゾート、ギリ・ランカンフシをご紹介しますlovely

ちなみにこの日、数時間の滞在だったのですが、1年の中でもめったにあえない荒れ模様の天気の中の出発となりました・・・cryingなので写真がちょっと暗かったらゴメンナサイ・・・。

Imgp2156 ギリのボートは緑色が目印ですflair

Imgp2157 乗船後は、ウェルカムドリンクが配られますshine

こちらはジンジャーが入っているオリジナルドリンク。健康に良さそう~。

ちなみにギリ・ランカンフシのコンセプトは”No News, No Shoes”。リゾートのご滞在は裸足でお過ごし頂けます(強制ではございません)。

ボートに乗った瞬間から靴を脱いでバカンスの始まりですscissors

ちなみに天気が悪いときは残念ながらボートも揺れます・・・。なので船酔いが心配な方は進行方向を向いたお席をお選び頂いたり、酔い止めを持ち込んで頂くことをオススメしますsign03

また、ギリの場合はボートの乗船時間も約20分とあまり長くないのでその点は安心ですね。

Imgp2170 荒れた天気だしリゾートはどうだろうな・・・と思ったのですが、ラグーンてすごいsign03sign03

こちらはレジデンスのサンデッキです。

まるで違う場所に降り立ったかのような落ち着いた海が広がっていましたhappy01

Beach1 ちなみに晴れているとさらに最高な景色が広がるのですheart04

Imgp2165こちらのお部屋はResidenceというカテゴリーです。

ちなみにお部屋にはお客様専用の自転車がご用意されますnote

Imgp2253

Imgp2254 お子様サイズの自転車に幼児のお子様を一緒に乗せられるタイプの自転車など様々flair

Imgp2166 chickリビングルーム ガラス床がありますlovely

Imgp2171 chickベッドルーム かわいらしいつくり。Residenceのカテゴリは最大収容大人4名or大人2名+子供2名なので、こちらのベッドのほかエキストラベッドの搬入や、お部屋のデイベッドをエキストラベッドとしてのアレンジも可能です。

Imgp2168 chickバスルーム 広いです!バスタブにダブルシンク、奥にはシャワースペースもあります。

Imgp2167 chickバスルームにはお風呂上りにゆっくり休めるガラス床付きのスペースsmile

あとは先ほどのサンデッキが広々!としていて、なおかつ2階のルーフトップテラススペースもありshine

ちなみにこちらのカテゴリは導入カテゴリから数えると3番目。

Villa Suiteというお部屋が導入カテゴリですが、そちらのお部屋でも210㎡と広々としています(Residenceは250㎡だそうです)。そちらは収容人数が大人3名or大人2名+お子様1名になっています。

Imgp2176 そして、ギリとにはバトラーサービスがありますsign03Mr./Ms.フライデーという呼び方をするのですが、

ご到着からお帰りまでご滞在をトータルケアしてくれますgood

皆さんプロフェッショナルで程よい距離感。お部屋のお電話はボタン1つでフライデーとコンタクトを取れるように専用のボタンもございますcatface

こんな快適なお部屋だったらずっと部屋から出ないでのんびりできるな~。

次回へつづきます!

*チヒロ*

H.I.S. モルディブ支店

2017.08
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧