レジデンス 2017.12.08

キヒネッタ!?

師走ですのでやることはたんまりあるのですが、思わずデスクの掃除をはじめちゃう。

テスト勉強しようとしたつもりが部屋の掃除をはじめちゃうタイプの人間ですcat

今年の汚れは今年のうちにcancer

***

前回に引続き、レジデンス・モルディブをご紹介しますshine

お部屋のカテゴリは7種類。

◆陸上のお部屋

Beach Villa/ Beach Pool Villa/ Two Bedroom Beach Pool Villa

◆水上のお部屋

Water Villa/ Water Pool Villa/ Deluxe Water Pool Villa/ Two Bedroom Water Pool Villa

空から見るとこんな感じですflair外周徒歩45分と他のリゾートに比べてもかなりの広さimpact

Aerial_view_rendering 水上のお部屋はロケーションが2箇所あり、写真上部のヴィラが公共施設によりアクセスしやすくなっています。

下部のヴィラは、より周りに何もないのでお部屋からの景色がさらにさえぎるものなし、

お部屋からのシュノーケルにもオススメですhappy01good海がめに出会えるチャンスがありますfish

レジデンスは島が広く、一つ一つのヴィラも大きく作られているので島から遠いお部屋の場合、

ご自身で歩くのは結構ハードですねcoldsweats01 でも、ヴィラには専用の自転車があり、レセプションにお電話をして頂ければバギー(ゴルフカートのような移動手段)をアレンジしますのでご安心下さいsign03

また、これだけ広い島ですのでお部屋でのプライベート感抜群ですconfident

レジデンスで人気のお部屋はなんといっても水上ヴィラ。特にプール付きのヴィラがオススメですheart04

リゾートの綺麗なお写真でご紹介しますscissors

Water_villas4 海から見た景色。水上ヴィラとプール付の水上ヴィラはそれぞれ交互につくられており、

隣の人と真横のプールでこんにちは、ということにはなりません。

 

Water_pool_villa2 お部屋はリビングルーム、ベッドルーム、バスルームと分かれているのでまるで別荘のようshine

Water_villa1バスルームから海を眺めるなんて最高spa

Water_pool_villa4

プール付の水上ヴィラなら、海を眺めながら泳いだりのんびりしたり、贅沢な過ごし方が可能ですkissmark

お部屋から出ないでのんびり・・・もできますが、せっかく来たならいろんなこともしてみたいですよね。

レジデンスのアクティビティでオススメなのがドルフィンクルーズship

Imgp3409 伝統的なモルディブの船、ドーニに乗って野生のイルカを探しにいきますsign03

なんと遭遇率は90%以上を誇っているとかshine

ほんとかな~gawkと思っていましたが、今回沢山のイルカを見ることができましたhappy01

サンセットも一緒に楽しめるので、カップルにもファミリーにもご参加をオススメします♪

また、レジデンスは無人島を所有しており、そちらへのアクセスやピクニックランチアレンジも可能です。

そして、水上にあるスパもとってもオススメですlovely

Spa_pavillion_interior_pw1205 スパの自慢はフランスのブランド、CLARINS(クラランス)の製品を使用していることcatface

そして、プロフェッショナルのスパセラピストが心ゆくまでマッサージをしてくれますshine

このロケーションも格別scissors

滞在の中でできることが沢山あり、あっという間に時間が過ぎてしまうことでしょう・・・。

いろんなわがままを叶えてくれる、レジデンス・モルディブにぜひお越し下さいませwink

***

以上、レジデンスのご紹介でした。

視察記録は続きますdash

*チヒロ*

レジデンス 2017.12.06

キヒネッタ!?

ちょっと時間があきましたが・・・前回の視察記録を引続き更新します~catface

世間はまもなくクリスマスxmasかなと思いますが、さすがマーレ、微塵もそんな雰囲気を感じませんsign03

リゾートでのクリスマス、ニューイヤーイベントの紹介は来ていてたのしそうだな~と思いますshine

ちなみに、エイチ・アイ・エスでは毎年恒例の初夢フェアがスタートflair

今回は目玉商品としても発売しているレジデンス・モルディブをご紹介しますshineshine

***

レジデンス・モルディブ(The Residence Maldives)はガーフアリフ環礁という首都マーレから南に国内線で約1時間+スピードボートで約10分に位置しています。

国内線は高度が低いときには様々な環礁が見られるので景色を楽しみながら移動ができますnotes

国内線はKooddoo空港というところに到着、荷物を受け取って空港を出るとリゾートのスタッフがお出迎え、そのまま移動してボート⇒リゾートへ出発ship

Imgp3377 ボートでのウェルカムドリンクにスイカジュースwineフレッシュでおいしかったですsign05

Arrival_jetty_pw1205

到着するとこちらのジェッティでリゾートスタッフがお出迎えです。(リゾートアライバルジェッティ画像)

ボートではリゾートまであっという間。それもそのはず、なんとレジデンスはリゾートをつくる際に近くに空港がなかったのでオーナーの一声でKoodoo空港を建てちゃったのだそうですimpact発想が違う!

リゾートへ到着したらバギーでレセプションへ行き、チェックインの手続きをします。

Untitled ウェルカムジュースはミモザheart04スイカジュースに続き、飲み物の感じがオシャンlovely

この日は到着がお昼ごろだったので、メインレストランでランチを頂きました。

ランチはメニューが豊富、アジア系の料理も多くシェフもタイなどから来ているので食べやすいお味でしたhappy01

Imgp3383 トムカーガイrestaurantタイのクリーミースープ

Imgp3385 本日の白身魚restaurant調理の仕方を選べます!こちらはムニエル。

Imgp3393 デザートlovelyマンゴーがたっぷりのったチーズケーキとアイスクリーム

ご飯はなかなかボリューミー、これにパンも出てきます。

レジデンスはオールインクルーシブプランも充実しているのですが、

日本人スタッフの方のお話によると、ずっと食べてた・・・と仰るお客様が結構いらっしゃるそうです。笑

ちなみにお食事に関してですが、リゾートのレストランはシンプルに2つ。

◆メインレストラン- The Dining Room

◆水上レストラン- The Falhumaa (リゾート内で要予約)

The_falhumaa_by_night_pw1205The Falhumaaは外のデッキのお席がとても人気heart04

レストランはディナーのみのOPENですが、16:00からアフタヌーンティーもご利用頂けますよ。

こちら以外にもメインレストラン向かいのプールバーでもお食事の提供があり、

リゾート内でBBQイベントを行ったりしています。

また、人気があるのがロマンティックディナーlovely

Beach_dinner_pw1205 リゾートの様々なロケーションだったり、ボートで行くサンドバンクでのお食事など多彩です。

レストランはメニューの種類も多いので、少し長めのご滞在でもお食事を楽しんで頂けると思いますhappy02

***

実は今回気になっていたことを体験させて頂きました。

ドローンフォトシューティングheart02

Imgp3388 じゃじゃん

レジデンスでは、ハネムーン特典で45分間のフォトシューティングセッション(15分ドローン+30分の陸上撮影)がついていますflair(※予告なく変更の可能性がございます。)

モルディブは個人でのドローン持込ができないため、こういったフォトシュートができるのはとっても貴重な体験だと思いますnotes事前に予約をして、スタッフさんにアレンジをしてもらいます。

Imgp3390 撮影したデータはCD-romに入れてチェックアウトの際にもらうことができますよcat

今回撮影したときはちょっぴりにわか雨が過ぎた後だったのですが、ステキな写真を撮って頂けました。

***

次回はお部屋をご紹介しますhappy01sign03

*チヒロ*

フラワリ 2017.11.26

こんにちは。

11月も相変わらずトロピカルなモルディブです。あと約1ヶ月で2017年が終わるなんて、まったく感じられない常夏の国です。

さて、今回は「Hurawalhi(フラワリ)Island Resort」をご紹介します。
こちらのリゾートは昨年2016年12月にオープンした、もうすぐ1年が経つリゾートです。
ラヴィヤニ環礁というやや北にある環礁にあり、水上飛行機で移動します。
お隣の姉妹リゾートKuredu Island Resort&Spaで一旦降り、スピードボートに乗り換え、5分で到着します。

到着して、まずはチェックイン。

Reception_01

大きいです。中に入ると、、、

Reception_02

高い天井で、広々開放感のあるレセプション。風が通り抜けて気持ち良いです。

ウッディでモダンで、シンプルで繊細なデザイン。。。落ち着くなぁと思っていたら、なんと、日本人デザイナーが手がけられたそうです。さすがですね。

続いて水上ヴィラ。Img_3168

Img_3163

Img_3165

室内は広く、清潔で、シンプルで使い勝手が良さそうです。サンデッキも広め。インテリアも落ち着いた色味です。

この日はあいにくの曇り空でした。

お天気のいい日だったら、お部屋からシュノーケルに出かけて、帰ってきてプールに入って、疲れたらサンデッキで休んで。。。オールインクルーシブだったら、プランに含まれているミニバーのお酒をここで飲みながらゆ~っくりして、お部屋からサンセットを眺めて。。。と勝手に滞在プランを妄想。

そのまま、桟橋の突き当たりにある、「Champagne Pavilion」へ。

Champagne_pavillion_01

夕方からオープンしているChampange Pavilion。テラス席から夕日が眺められる、なんともロマンティックなバーです。フラワリは15歳以上のゲストのみが宿泊できるリゾートなので、大人のココロをグッと掴む素敵ポイントが至るところにあります。

続いては夕食へ。夕食はメインレストランである「Canneli Restaurant」でいただきました。

フラワリはお食事にも力を入れています。ここは、基本はブッフェスタイルでありながら、メインのお料理を2~3名のシェフが目の前で作ってくれるという、ブッフェ+アラカルトスタイル。シェフが複数名いるということも凄いのですが、その分選べるメニューが豊富!シーフード、お肉料理、パスタ、リゾットなどなど、アツアツ出来立てのお料理が食べられる上、美味しい!ブッフェで並んでいるお料理もレイアウトと盛り付けが手が込んでいて綺麗な上、種類も豊富、広いメインレストランを右往左往しながら、全部食べたい!という衝動に駆られていました。そして極み付けは、なんと、ソムリエがいることです!大体のメインレストランはドリンクメニューから選びますしそれが普通ですが、フラワリではソムリエがいます。私も僭越ながらオーダーしまして、もちろんおいしいワインをいただけました。お酒好きにとってはたまらなかったです。

美味しい食事とお酒をいただいた後は、フラワリの代名詞の「5.8 Underwater Restaurant」へ。モルディブで4個ある水中レストラン。そのうちの1つがフラワリにあります。

夜の水中レストランがこちらです。

58_underwater_restaurant_02

フラワリの水中レストランは、突き当たりも全面ガラスなのが特徴です。水中にいるのに圧迫感無し。さらに夜は足元のみの照明で、他のお客様のお顔はあまり見えないように配慮されています。ロマンティック度が増しますね。

58_underwater_restaurant_05

こちらが水中。大小の魚達がおりましたが、夜の水中は静かで何とも不思議な感じでした。

メインプールも素敵ですよと話を聞き、さっそく移動。

なんと、プールの照明がグラデーションしながら光っておりました...!

Img_3225

Img_3228

この上では夜空に星が煌いていて、うっとりです。またもやロマンティックです。明るい照明が少ないのが良いです。ここインフィニティプールにはもちろんバーがありますので、食後にお酒を飲むにぴったり。この写真後ろには大きなソファ席もあって、ゆっくりと寛げます。

そして、最後は朝食です。

夕食と同じメインレストランの「Canneli Restaurant」でいただきます。

Canneli_restaurant_01

Canneli_restaurant_04

Canneli_restaurant_09

Canneli_restaurant_11

広くて、天井が高く、開放的なメインレストラン。夕食のブッフェも凄かったですが、朝食も豪華でした!そして、テラス席は、、、

Canneli_restaurant_14

お天気がパーフェクト!青い空・青い海・心地よい風・おいしい食事、、、もう、パラダイスです。

写真の向こうに白く見えるのが、フラワリではドリームアイランドと呼んでいるサンドバンクです。真っ白なサンドバンクがモルディブの海によく合って、見ていて全然飽きません。このサンドバンクではロマンティック・ディナーもアレンジ可能とのことです。またもやロマンティックポイントがありました!

写真を見返してみると、昼と夜で全然違う顔になるフラワリ。

そのどちらも満足できる、素敵なリゾートでした。

*スタッフM*

H.I.S. モルディブ支店

2017.12
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧