移動・交通 2014.03.13

こんにちは!
昨年12月にインターンの方が来てから、しばらくブログ更新をしていませんでした。
お久しぶりのダッカ支店高橋です。

3月に入ってからは、夏がそこまで来ている!という感じで日に日に暑くなってきています。
ダッカ支店はエアコンフル稼働中です!

さて、先日列車に乗ってシレット地区のスリモンゴルへ行ってきましたので、
列車の乗車体験をレポートしたいと思います!

シレット行きの列車は複数ありますが、今回乗ったのは【PARABAT】という列車。
朝早くダッカを出発して夜遅くダッカに戻ってくるスケジュールで、
スリモンゴルでの滞在時間は約6時間。
この列車を使えば、スリモンゴル日帰り旅行が可能です。

事前に駅で購入した切符はこちら。

train name, train no, from/to, coach number
などなど、項目名こそ英語で書かれていますが、肝心の内容はオールベンガル語。

英語が読めない人が多いとはいえ、これは少々ハードルが高いです。
車両番号も日本なら1号車、2号車~となっておりますが、
こちらでは車両番号もベンガル語。
日本語で「あ」、とか「か」とか書いてあるようなイメージなので
同じ文字を探すのは大変!
一番早いのは近くにいる現地の人に聞くことです。
こちらの人はおせっかいなくらい親切な方が多いですので、
困ったときは助けてもらいましょう。
※ちなみになぜか今回は一度もチケットチェックがありませんでした!
 通常は車内でチケットを見せなくてはなりません。

また、ダッカにはダッカ中央駅(コムラプール駅)と空港駅があります。
今回はダッカ支店から近い方の空港駅から乗ることに。
ダッカ空港の真向かいにあります。


シレット行きの出発時間は朝7時7分。
きっと遅れるだろうと勝手に思っていましたが、
定刻から遅れることたったの5分で空港駅を出発。
予想以上に順調な出だしとなりました。

今回購入したのはSHOVANシート。
いわゆる1等席や2等席といったようなクラスわけがありますが、
SHOVANシートは一番安いクラスです。
本当は良いクラスが良かったのですが既に満席。
良いクラスのシートはもともとの数が少ないので、早くなくなってしまいます。

ですが、このSHOVANシートも、決して悪くはありません。
むしろ想像していたよりもなかなか良い!という印象です。
エアコンこそありませんが、天井にファンがついており、
暑い時期の移動で無ければ、このシートでも十分だと感じました。


ただ、車両全てのシートが前後ろ反対のままで、後ろ向きに出発。
前向きに方向を変えられるタイプのようでしたが、
全部後ろ向きだったため変更できず。酔いやすい人は注意が必要かもしれません。

30分も走れば、車窓は田んぼや原っぱが広がり、ダッカの喧騒を忘れさせてくれます。

一方で車内は物売りの方が行き交いにぎやかです。
スナック、チャイ(紅茶)、ピーナッツ、サンドイッチ、水、ゆで卵、
ジュース、フルーツなどの食べ物をはじめ、
新聞、ハンドタオル、子供向けの本、おもちゃなど。
車内販売といえるのか分かりませんが、新幹線の車内販売のように、
いろんな種類のものが一度に売られるわけではなく、
ピーナッツ売りの人が「ピーナッツ、ピーナッツ~」と言いながら回ってきたと思えば、
反対からは「ゆでたまご、ゆでたまご~」というように、単体での販売です。

停車駅に停まると、物売りの人も入れ替わり立ち代り。
停車時間の5分ほどは物乞いの人が乗ってくることもしばしばでした。

また、突然ギターの演奏と歌が聞こえてきたと思えば、
5分ほど熱唱した後に、勝手に始めたパフォーマンスに対して
「チップ回収しまーす!」と言わんばかりに小金稼ぎをする人も。

そんな感じでいろんな人が乗ってくるので、
窓の外の景色と、車内の様子を楽しみながらあっという間の4時間。
スリモンゴルに到着したのはほぼ定刻の11:20分でした。

スリモンゴルの駅はこんな感じです。



駅名さえもベンガル語です。
車内のアナウンスや目立つような駅名の看板はありませんので、
降りる駅は周りの人に予め伝えておきましょう。

ちなみに列車のチケットはそれぞれの駅で当日駅の窓口にて購入可能です。
これはスリモンゴル駅の窓口です。

ただ、当日だと良いクラスの席は満席のこともしばしば、また英語が出来ない方も多いです。
事前の購入がおすすめですが、これもなかなか難しい!

そこで、限られた区間になりますが、
列車チケットの代行購入サービスも近日中に開始する予定です!


ちなみに、ビッショイステマというイスラム教の巡礼祭の際は、
巡礼に向かう人々で列車はこんな感じになります。

外側にいる人は、いわゆるただ乗り。無賃乗車です。
普段はこんな感じではありませんのでご心配なく!


★今日のベンガル語★
列車⇒レールガリ

HISダッカ支店 高橋
移動・交通 2013.07.23
今日はバングラデシュの国内線をご紹介notes

北海道2個分の国土のバングラですが、国内移動で問題なのが移動手段。
地方に行けばいくほど、未整備の道が続き、
都市部の渋滞は日常茶飯事。何時に着くのか時間が読めない!

そんな時は国内線を使いましょう!!
現在バングラデシュ国内の空の移動を担っているのはこの4社!

one 遅延なんて当たり前??ご存じ『ビーマンバングラデシュ』
two ビーマンほどではないけど結構遅れる『ユナイテッドエアウェイズ』
three 割と時間に正確な『リージェントエアウェイズ』
four ジェット機所有!ゆえにちょっとお高めな『ノボエアー』
  (他3社国内線はプロペラ機です!)

そんな素敵な4社から、リージェントエアウェイズでジョソールまで行く機会があったので、
今回はリージェントエアウェイズのレポートをお届けします!

まずチケットはこんな感じ。

$H.I.S. ダッカ支店(バングラデシュ)


スタンプと手書きで構成されています!素敵!


機体はこんな感じshine
$H.I.S. ダッカ支店(バングラデシュ)


思ってたより小型!ちっちゃい!
60席ほどの座席は満席!でした。


ほぼ同時刻にジョソールへ出発するユナイテッドの機体は少し小さ目。

$H.I.S. ダッカ支店(バングラデシュ)



さていざ離陸sign03


えー揺れるーーー!
ちょっとこわいーーーwobbly
sweat01


プロペラ機、想像以上に揺れますsweat01

他の乗客が楽しそうに外の景色を楽しむ中、
初プロペラ機に一抹の不安を隠しきれずドキドキの私sweat01

でも大丈夫sign03
機体が上昇すれば、次第に揺れはおさまり、安定しましたhappy01


ダッカからジョソールまで約40分のフライトですが、軽食が出てきます。

軽食はこんな感じ。

$H.I.S. ダッカ支店(バングラデシュ)


$H.I.S. ダッカ支店(バングラデシュ)

ピーナッツとカップケーキにお水です。
ペプシも少しあったようですが、私の番の時には水しかありませんでした!

ちなみにこの軽食、ジョソールからダッカまでの復路は、
空港のカウンターでチェックインする時にチケットと一緒に手渡されました。

ちょうど、空中でイフタール(ラマダン中、日没の時間に食べる食事のこと)の時間を迎えるため、
『機内で食べるイフタールだよ』とのことで、
上の写真の内容にナツメヤシのようなものが2個入っていました。

食べている間に40分、あっという間に到着です!

ちなみに車で行くと6時間ほどかかる道のりcardash
これに渋滞等で遅れることを予想すると、6時間以上かかるかもしれません!
国内線に乗って国内を旅行してみませんか?
空から見るバングラデシュは水と緑にあふれてとってもきれいですshine

国内線の手配もダッカ支店で行っておりますので、是非是非国内線をご利用ください!
※飛行機も遅れる可能性があることをお忘れなく!smile

高橋
移動・交通 2012.02.28
【あなたも乗れる!】
路線バスの乗り方

路線バスは乗り降りも大変なので、
基本オススメはしませんが、この国営バスなら大丈夫!!

BRTCバスの乗り方をご紹介します!

地図が少し小さいですが、
HISダッカ支店近くボナニから中心街ファームゲイトまでお届けします。
H.I.S. ダッカ支店(バングラデシュ)
(右上赤丸がHISダッカ支店)


まずはチケットを買いましょう!
BRTCバスのチケット売り場は、この赤緑の箱が目印!
(ちゃんとしています。どこも同じ。)
H.I.S. ダッカ支店(バングラデシュ)

そこで、ファームゲイト!と行き先を告げましょう。
H.I.S. ダッカ支店(バングラデシュ)
(一見怖そう。笑)
10tkです(10円)
(2012年 2月現在。)

チケットはこちらになります!
H.I.S. ダッカ支店(バングラデシュ)

そしてバスが来たら乗りましょう!!
必ず行き先を誰かに確認してから乗りましょうね!

H.I.S. ダッカ支店(バングラデシュ)
(このバスです!)

席が空いていたら座りましょう。
前は女性優先席なので、女性が来たら譲りましょう。
H.I.S. ダッカ支店(バングラデシュ)

乗るときにおっちゃんにこうしてチケットを破られます。
H.I.S. ダッカ支店(バングラデシュ)
(乗った証。)

こうして、空いてたら10分で行くところを
渋滞してたら約1時間前後。笑
場所に着いたらおりましょう。

H.I.S. ダッカ支店(バングラデシュ)


初めての場合は、他の乗客に行きたい場所を言ってると、

着いたよー!と知らせてくれます!
頼ってくださいね!

降りたファームゲイトにも同じようにチケット売り場。
H.I.S. ダッカ支店(バングラデシュ)

皆さんこれなら大丈夫でしょう!
なにせ安い!

挑戦してみてくださいねnotes


HISダッカ支店 関根





HIS ダッカ支店

2020.12
loading...
WORLD情報局