前回の投稿がもうはるか昔のことのようですが、久々に更新です!


本日はバングラデシュのビーチリゾート『コックスバザール』を紹介致します。
バングラのビーチと言われても正直ぴんと来ない人が多いかと思いますが、全長約120kmの世界最長のロングビーチがあり、観光にあまり貪欲ではないバングラの人たちも一度は行ってみたいと思っている場所、それがコックスバザールです。

さて、ざっくりですが行き方は下記の通りです。


①ダッカから国内線で約50分
(今回は設立2周年を迎えたNOVO AIRを利用)

Img_3673

②コックスバザールの空港からビーチエリアまでCNGで約10分、またはリキシャで約20分

Img_3678

CNGやリキシャのおっちゃんは大体ホテルを把握してるので、細かいことは伝えなくてもホテル名だけ言えば連れて行ってくれます。
料金は交渉次第ですが、CNG100タカ/リキシャ50タカくらいが目安です。


空港付近はまだリゾートに来た感じがしない・・・。

Img_4074

しかし、ビーチへ行くと・・・
おぉ・・・

Img_3930

おおぉ・・・

Img_3932

・・・いまいち伝わりにくい写真ですみません。

そしてビーチでできるアクティビティはというと、乗馬・サンドバギー・ジェットスキー。
料金はやはりすべて交渉です。

Img_3731


Img_3704

●乗馬
1ラウンドいくらという風にあちらから話しかけてきます。
1ラウンドというのは馬主(?)が手綱を引いて数十メートルの距離をゆっくりと歩いて戻ってくることらしいですが、乗ってから何も言わないと永遠とラウンドが続き、どんどん料金が追加されていきます(ちゃりーん)。
また、乗馬が得意な方は別料金で好きなように馬を走らせることも可能です。
砂浜を馬で駆けると気分爽快です。某時代劇のOPのようです。


●サンドバギー
1回いくらという風に話しかけてきます。
但し、1回というのは1海(ビーチ?エリア?)ということのようで、知らずにまっすぐに走っているとどんどん違うエリアに入っていって、高い料金を請求されます(ちゃりーん、ちゃりーん)。
特に区切りとかもないので、見た感じわかりません。乗る前に要確認です。
基本オーナー(?)が一緒に載って運転をサポートしてくれますが、お金を払って30分乗り放題も可能でした。
高さがないので馬よりも乗りやすく安全で、同じく気分爽快です。


●ジェットスキー
泳ぎが得意でないのでやりませんでした・・・。


**ご注意**
いずれのアクティビティもどこかの会社が主催で行っているもではなく、個人的に行っているようでした。そのため落馬など事故などがあってもおそらく責任を取ってもらえません。
参加される場合は十分お気を付け下さい。




一通り遊び終わってビーチでのんびりしていると、次から次へと売り子が声をかけてきます。

Img_3822_2

水・バナナ・スナック・キーホルダーなどなど。
便利なような、休まらないような・・・。
お国柄なのかホットコーヒーも売っていますが、ビーチではちょっと・・・。
そしてもちろんお酒は販売されておりません。




そうこうしているうちに今日もベンガル湾に日が沈む・・・。

Img_3854


次はコックスバザールのビーチ以外の魅力もご紹介いたします。






しいな

観光 2014.02.17
こんばんは

本日はショドルガットにあるロケットスチーマーのご紹介です



【質問】ショドル・ガットって何?

ショドルガットとはオールドダッカの南にある船着場のことです。

※ちなみに、HISオフィスがあるボナニからショドルガットまで渋滞により車で片道約3時間半かかりました。オールドダッカ以降が特にひどい渋滞。(交通状態により異なります)


【質問】ロケットスチーマーって何??

ロケットスチーマーとは今も定期路線として運行しているダッカとクルナを結ぶ外輪船のことです。
最終埠頭のクルナ付近には世界遺産の「バゲルハット」があり、旅行者もよく利用している交通機関のひとつです。




※ちなみにダッカからクルナまでの所要時間は26時間以上かかりますが、移り変わる景色を眺めながらなので飽きずに過ごせれるよう。


【質問】チケットはどこで買えるの??

モティジールにあるビーマンエアライン本部オフィスの側近の通り(ビーマンエアラインオフィスを正面に見て右側の通り)にある
BIWTC(Bangladesh Inland Transport Authority)で購入することができます。

住所;Bangladesh Inland Transport Corp (BIWTC)
    5 Dilkusha Commercial Area, Motijheel Dhaka
   (※二階にあります)

電話番号;01729774564

営業時間;日曜~木曜 9:30 am ~ 5:00 pm


【質問】ビーマンエアラインって何??

バングラデシュの国営航空会社です。(ビーマンエアラインオフィス↓)



チケットが購入出来るBIWTCのオフィス↓



※分かりづらいですが肌色の建物に緑色のBIWTC看板が見えます。



※ビルの一角にありとってもわかりづらい。。。(オフィスの前には上部に看板あり。見落とし注意!)



※階段で二階にあがると廊下があり突き当たりがオフィスです。



※オフィスの前にはベンガル文字の目印あり



※オフィスに入ってすぐ左側に個室がありそこで買えます。
 日本語で「ありがとう」という言葉を言われました。
 しかし、基本の会話は英語かベンガル語になります。


【質問】ショドルガットとモティジールにある
チケット売り場は離れているの??

はい、離れた場所にあります。
モティジールからショドルガットまで車で約1時間(交通状態により異なります)

※チケットの手配はHISでも承っております。
 モティジールまで行く暇がない方。
 英語が苦手な方はぜひ弊社までご連絡下さいませ。


【質問】ロケットスチーマーの中ってどんな感じ??

一等船室




※一等船室はエアコンが付いていたりもするようですが、私が見た部屋は付いておらずファーと手洗い場がついていました。(エアコンに関しては要確認!)

二等船室


※正直きれいとは言えず、もし二等船室に乗る場合は、持参でシーツを持って行った方がよさそうです。

三等の雑魚寝広場


※広場でお祈り中

トイレ


※このときだけかもしれませんがトイレットペーパーは付いておらず、要持参です。

外輪を回すディーゼルエンジン



外輪



【ショドルガットの雰囲気】



乗り場へと続く屋根つき坂道



乗り場近辺の雰囲気



ボートもたくさん





ロケットスチーマーに乗って、バングラデシュを巡る旅というのも、
きっと想像以上にドラマチックで素晴らしい思い出になると思います


バングラならではの船旅。
私も機会があるならぜひ乗ってみたいです



※*※*※チケット手配などに関するお問い合わせ先※*※* 

H.I.Sダッカ支店
住所:HOUSE#45,ROAD#27,BLOCK A,
BANANI,DHAKA-1213,BANGLADESH

電話:+880-2-9896166

停電で通じない場合:+880-17-3044-7101

Mail:info@his-bd.com

営業時間: 日~木曜 10:00~17:30

土曜10:00~13:00 (金曜・祝日:休み)

※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*※*
観光 2012.07.20
みなさんこんにちは、深谷です(^^)

グルシャン2サークルのすぐ近く、
でウェスティンダッカホテルの大通りを挟んで向かいにある、
このダッカシティコーポレーションマーケット
H.I.S. ダッカ支店(バングラデシュ)

ここの2階部分は、見ているだけでもわくわくなアンティークショップが集まっています!
そう、例の
flair「バングラデシュでは同じ種類の
お店が固まって存在するの法則」flair

が適用されています。(笑)

今回はこちらのお店に行ってみました☆

H.I.S. ダッカ支店(バングラデシュ)

商品が完全にお店から溢れてますね(^O^)

店内には、素人から見ると何に使うのか、
価値があるのかが全く分からない、eye
でも足を止めて見入ってしまうような商品が所狭しと並んでいます(^^)

H.I.S. ダッカ支店(バングラデシュ)

天井から吊り下げられているランプたちがとっても素敵ですよね♪

こちらは文鎮かと思ったのですが、指輪についていたものだそうです。
H.I.S. ダッカ支店(バングラデシュ)

いろいろな模様が彫ってあり、お店の人が、
どの模様が珍しいだとか、これがお勧めだとか説明してくれます(*^_^*)

そして、バングラガールのおしゃれには欠かせないheart04バングルheart04

H.I.S. ダッカ支店(バングラデシュ)

交渉前で1つ100タカ(約100円)
と、やはり日本と比べると安いですよね☆
紐に通されて大量のバングルが売られているのですが、
どれも刻まれている模様が違うので、
一つ一つよく見てお気に入りを見つけてみてください(^^)

こちらはショーケースに入れられているアクセサリーたち。
H.I.S. ダッカ支店(バングラデシュ)

やはりケースに入ってるだけあって、
このクリーム色のバングルのお値段は、
ペアでなんと6,000タカだそうです!
何の素材でできているのか分からないので何とも言えませんが、
お茶が一杯5タカのこの国で6,000タカとは…

恐るべし、アンティークショップ。

そして、アジアンな置物たち。
H.I.S. ダッカ支店(バングラデシュ)

さらに、いかにもアンティーク!という感じで、蓄音器やこんな電話もありました☆

H.I.S. ダッカ支店(バングラデシュ)


ここで紹介した意外にも、懐中時計やお皿、
船で使われていたサーチライトなど、
高そうだったり何の価値があるのか分からないものだったりがたくさんです!

お店がいくつもあって、バングルなどはどこのお店にもあるので
、値段を比較して交渉して買うのがベターだと思います(^^)

とっても便利で分かりやすい場所にあるので、
日本へのお土産を買う際などに、ぜひ訪れてみてください!!


HISダッカ支店 関根 代筆 深谷


HIS ダッカ支店

2020.12
loading...
WORLD情報局