メルハバnote

トルコは、気候のせいか、色々な食物が栽培され、殆ど自給自足ができる程の農業大国です。ただし、近年海外へ食物を輸出することが多くなり、トルコ国内でトルコ人が自国の食物を高く購入するという件も増えております。

その中でもナッツ類は、非常にたくさん国内生産されていますが、近年非常に高くなり、昔ほど気軽に1キロなど買うことも少なくなりました。

中でもピスタチオは、料金が一番上がっているものの1つです。

20年前は日本円で200円ぐらいで1キロ程買えましたが、今では1キロ1600円ぐらいです。

まだまだ日本に比べたら安いですけどねhappy01

トルコで生活をしていて、初めてピスタチオの生を見ました。丁度9月初めから終わり頃に出回るのですが、写真がそれです。

Photo

赤い皮をかぶっていて、それをむくと普通にピスタチオが登場!味は香ばしくはないのですが、くせになります。

今回は、アンテプという地方のものを頂きましたが、イスタンブールでも少し見かけました。

2


その他、生アーモンドや生ヘーゼルナッツなど、日本ではなかなか手に入らないものもトルコでは

食すことができます。

それぞれに季節がありますが、もしトルコに来る機会がありましたら、是非ナッツ類もトライしてみてください。

お土産にも喜ばれますよ。

どこで購入できるかというと、基本はどこでも購入可。スーパーではパッケージになったものが売られています。パッケージになっているものは、1キロなどと大量ではなく、小袋で販売されているので、購入しやすいかもしれません。でもせっかくなら、エジプシャンバザールや、その周りのナッツ屋、その他バザールを歩き回りおいしくて新鮮なものを購入してみてください。味見もたくさんさせてくれますよ。

生のナッツ類は、地元のバザールなどで見かけることができますが、それぞれその季節のみ販売されているので、見つけられたらラッキー!です。(各地方に行けばさらに出会える可能性は大です)

それでは、またギョルシュルズsign03

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS イスタンブール支店

    2020.12
    loading...
    WORLD情報局