先月末に、グアムに行ってきました!!
閑散期ということでしたが、日本人の観光客は沢山いました。
ちなみに、グアムの観光客の7,8割は日本人なんだとか・・・sweat02

グアムは飛行機で4時間の距離で、時差も日本より1時間進んでいるだけなので、
少ない日数でも出かけやすい場所ですairplane
また、日本人観光客が多いので、日本語も沢山見受けられますeye

11011718_836848479727285_9083352323
今回はグアムリーフというホテルに泊まったのですが、空港から車で10分ちょっとの
場所にあり、近くにお店がたくさんあるので買い物にも食事にも困らない、とても良い立地ですhotel

11048722_836850953060371_6772787866

ここのプールはインフィニティプールといって、海と繋がっているように見えるプールですmist

10683456_836850999727033_6337730674

11212145_836849806393819_7251655023

11128643_836855813059885_4436822295

海もとてもキレイで、砂浜は真っ白でしたyacht
そして、昼間からビーチで飲むビールは格別でした。笑

11147187_836851399726993_2685850498
とても楽しかったのですが、日焼け止めを塗らずに遊んでいた為、
もの凄く日焼けをしました・・・・。

Image1
なんでも、グアムの紫外線は日本の8倍もあるんだとか・・・sunsunsunsunsunsunsunsun
グアムに行くときは、しっかり日焼け対策をしましょう。。。

11110376_836854249726708_3866702135












いつもご覧頂きありがとうございます。



先日言ったパラオので食べたものをご紹介。


マングローブ貝


H.I.S. 海外発券BLOG


見た目が丸っこく、ほんとに貝なの?大丈夫的?な感じでしたが、

磯臭さがにじみ出ていて、ボンゴレパスタとして食べたらおいしかったです。



シャコ貝


H.I.S. 海外発券BLOG


海でシュノーケルしていて珊瑚の中で青っぽいものがなんとなくパカパカしていたものが

これっだったとは。


ホテルレストランにて注文。(ちょっと値が。。)

しかし、目の前で裁いてくれて、刺身とソテーで食しました。

こりこりしておいしい!



タロイモケーキとパン



H.I.S. 海外発券BLOG




H.I.S. 海外発券BLOG

地元のひと曰く、パラオは土壌がよくなく、肉、野菜なんかは大体輸入に頼っているそう。

そんななか、数少ない農作物、そして主食となるのがタロイモらしいです。


コロッケなんかも食べましたが、このパンがおいしかった。

ケーキもそうでしたが、もちもちした食感がいい。

練乳ココナッツのようなたれつけて、朝食にはもってこいでした~。



他には。。



H.I.S. 海外発券BLOG



これではないですが、

珍しいものとして、フルーツバット(コウモリ)のスープなどがありましたが、

結構、注文すると今日はないとのことで、食べれないこと多々あり。

ちょっと残念。時期的なんですかね~。




お問い合わせはこちら


Facebook いいね!海外自由旅行


Twitter



新宿本社営業所 海外発航空券デスク


TEL 03-5360-4909

営業時間 

平日 10:00~18:30 

土曜日 11:00~18:30 

日曜日・祝日 11:00~18:00


upwardright皆さんはグアムに行かれたことはありますか?sun


日本から約3時間弱でアクセスできるアメリカ。airplane


昔から日本人に大人気のリゾートです。


身近すぎるので逆にまだ行ったことがないという方もいらっしゃるかもしれませんね。


でも、グアムに行ったことのある方にももう一度行ってもらいたいですね。


ホテルが立ち並ぶタモンエリアだけがグアムではないんですよ。


車が好きな方には一度レンタカーを借りて島をグルっと一周なんでいかがですか?car


海外での運転には抵抗があるかもしれませんが、グアムは街中を少し離れれば海沿いの単調な広い道が続くのでそれほど難しくもないんですよ。


日本ではなかなか乗れない左ハンドル。


ちょっと奮発してアメリカンスポーツカー、オープンカーなんていかがですか?


レンタカーを借りたらまずは南へ向かいましょう。upwardright


意外と流れの早い幹線道路の交差点に、地元の人向けでしょうか?


アメ車のディーラーが目に入ります。


新型の車かな?


そのすぐ横を、大事にされてきたのかとっても古い車が走り抜けて行きます。


古い日本車も良く見かけます。


でもヨーロッパ車はほとんどみかけません。


アメリカの領土と行ってもここは日本に近い場所なのだなと思い出します。


しばらくすると住宅街が目に入ります。house


テレビや映画で見るようなアメリカの住宅がたくさん並んでいます。


タモンエリアにはないような建物ですね。


もう少しすると少し開けた風景になります。


観光客のほとんど来ないキレイな地元のビーチがひたすら続きます。


お金持ちなのか?普通の人なのか?


個人所有のモーターボートが目に付きます。ship


あの船で魚釣りにでも行くんでしょうか?pisces


うらやましい。


あまり目立つ飲食店の看板はみかけませんが、「あれはなにかのお店かな?」と思う建物がいくつかあります。


あの時少しの勇気があれば探検してみたかった・・・!


ずーっと海が続くかと思ったら徐々に道の勾配がきつくなって、気づいたら山に向かってワインディングロードが続きます。


ついついアクセルを吹かしたくなる気持ちを抑えつつも、この急勾配をグイグイ登っていくアメ車の力強さ、日

本では味わえませんね。


うっそうと茂る熱帯雨林、ビーチリゾートに来たと思っていたのにジャングルまで見られるとは思ってもいませんでした。

fuji

小さな島だと思っていましたが、迷い込んだらまず抜けられないのでは・・・と思わされます。


そういえば以前聞いた話ですが、グアムでは鳥を見かけることがほとんどないそうです。


かつてこの島には野鳥がたくさんいたそうです。chick


それは天敵となる動物がほとんどいなかったからだそうです。


でも、ある時期に船や飛行機での往来が可能になり、貨物にまぎれてヘビが侵入してきたそうです。


ヘビにとっても天敵となる動物がほとんどいなかったため、あっという間にヘビが繁殖して野鳥の数が激減してしまったそうです・・・。


改めて自然と人間の付き合い方について考えさせられますね・・・。


山道が下り坂になりました。


また広い海へ向かって車を走らせるとココス島行きのフェリー乗り場があります。ship


乗船券を買って、さっそく沖合いの島へ向かいます。


本島と違って、また趣のあるビーチです。


目の前には雄大なグアム島が見えます。


やっぱり大きな島だなぁと実感します。


ここでは様々なアクティビティが楽しめますが、私は実は一回も海に入りませんでした。


とりあえずビーチサイドでノンビリしていたら管理人のビーチボーイのお兄さんたちが、退屈なのか絡んできてくれました。


英語は苦手ですが、南国特有と言いますか、とてもフレンドリーなのでなんとなく会話が通じていた気がします。


まぁ、話す内容も歳の近い男同士なら万国共通と言いますか、ちょっとくだらない話で大盛り上がりでした。


そのうち他の仲間もやってきて(仕事しなくて大丈夫なのかな?)一緒にバスケをやって遊んでいました。run


でも、若い女性のお客さんが来たときだけはボールをほっぽり出して我先に話しかけに言っていました。


男なんてどこに行ってもこんな感じですかね(笑)


でも、夕方になって少し疲れてくるとなんとなくみんなでビーチサイドでしみじみ語り出すんですが、楽園に住む人にもいろいろな思いや悩みがあるのだなと気づかされました。weep


この続きはまた次回に・・・。



お問い合わせはこちら

----------------------------------------------

海外発航空券デスク
Face book いいね!海外自由旅行

Twitter

TEL:03-5360-4909

営業時間 
平日10:00~18:30 土曜11:00~18:30 日曜・祝日11:00~18:00

----------------------------------------------





HIS 海外発航空券デスク

2020.11
loading...
WORLD情報局