2018.04.25

BULA !


ヤサワ諸島クアタアイランド3回目です。

Dscn8610 静かな海


クアタアイランドの特徴の一つがこれ

Yg0a3413b 鮫!

と言っても、ハウスリーフにうじゃうじゃ居るわけではありません。
ハウスリーフは遠浅のビーチもあり安心してシュノーケリングを楽しめます。


注)近年飲酒後の遊泳で事故が増えています。浅瀬で泳ぐとしても
アルコールを飲んでからの遊泳は決してしないで下さい!!

Whitetip クアタアイランド沖合い20分~くらいの所に鮫が生息するスポットがあります。
ここ周辺の鮫はホワイトチップやブラックチップと言う鮫たちで性質がおとなしいとの事。


シャークダイビングはよく聞きますし、ダイバーの方でないと鮫を見ることができないのだろう
と思っていました。


シュノーケリングで見れるのは中々珍しいツアーのようです。

Ue_4_2

Ue_5
真上から鮫を見下ろすのは何とも新鮮な驚きでしたeye
素潜りが出来る人はこのようにちょっと鮫の近くまで行っていたり・・・

鮫が身近に居る光景、何だか不思議な感覚です。

季節や天候などまた鮫達も野生生物なのでその日によって
大小、数様々ではありますが周辺の海を熟知したスタッフが案内してくれます。
鮫たちのほかにタコや海亀、スティングレイなどに出会った方もいらっしゃいます。


野生の鮫たちを間近で眺めてみませんか!?

*クアタアイランドツアーにはシャークシュノーケリング付きツアーと(シャークなしの)1日ツアーが
あります。”なし”のツアーでも当日現地で申し込み可能ですが、定員がある為、満員ですと
ご参加できない事もございます。(シャークシュノーケリングは通常、島到着後すぐに実施されます)

ベアフット・クアタアイランド・シャークシュノーケリング付き1日ツアー(往復高速船”キャプテン・ラウンジ(特別指定部屋)付き)
https://tour.hisfiji.com/city/nan/detail.php?tid=8195

ベアフット・クアタアイランド(シャークなし)1日ツアー
https://tour.hisfiji.com/city/nan/detail.php?tid=8194

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    H.I.S. フィジー支店

    2018.12
    loading...
    WORLD情報局