いつもニューヨーク支店のブログをご覧いただきありがとうございます。
新型コロナウイルスの感染拡大が最も深刻だったニューヨークは6月8日から経済活動が再開されました。
皆様が安心してニューヨークにお越しいただけるようになった際に参考になる観光情報やスタッフの日常生活などの記載を引き続き努めてまいりますが、
規制の緩和は段階的に緩和されていくため、まだしばらくは記載内容が新型コロナウイルス感染拡大前の体験、情報などになることがございます。
何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。
 
  。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。 
 
 

皆さんご存じでしたでしょうか?
6月の第二土曜は、ナショナル ロゼ デイです。
更に、6月の第四金曜は、インターナショナル ロゼ デイです。笑
他にも、ワイン界には、ナショナル ワイン デイ(5月25日)とか、インターナショナル
ソービニョンブラン デイ(5月第一金曜)とか、マルベック ワールド デイ(4月17日)とか、
インターナショナル ピノノワール デイ(8月18日)などなど、とにかくワインを祝う日は、
他にもたくさんあります。笑   

ナショナル ロゼ デイは、Bodvár House of Rosés というロゼを専門に作っている
会社が2015年から始めたイベントで、最初のイベントはNYのハンプトンで行われました。
その後、フランス、スウェーデン、LA などで行われ、最近は、LAに定着しているようですが、
今年はやはり残念ながら、イベントは一旦中止になり、12月あたりにマイアミで開催を
予定しているとか? 実はマイアミも、ロゼの消費量が多い街として知られていますが、
アメリカ内では、ニューヨークでの消費量が最も高いとされています。

前置きはともかく、、、楽しく、美味しいワインが飲めれば、それで良いということで、
6月はロゼを、二度祝わねばなりません。笑
そこで、今注目のニューヨークロゼを、いくつかご紹介します。

個人的には、ロゼはやっぱりロングアイランドかなあと思いますが・・・

Sparkling Point のスパークリングロゼ
ブログでも何度と登場しているスパークリングワインだけを作っている
ワイナリーです。特に女性には人気で、週末はここで、ニューヨーク風
女子会を、多くみます。笑


Img_8832_1_1

Img_1537_1

何タイプかロゼありますが、個人的にはピノノワールとピノムニエで作られた
2015 Blanc De Noirs がお勧め。$75というお値段が、ちょっと勇気いりますが、
私は毎回、これがテイスティングメニューに含まれていることを願っています。

Lieb Cellars のスパークリングロゼ
若いスタッフが非常に多い、今のワイナリーといった感じでしょうか。
でも実力はあります。テイスティングルームがとってもおしゃれで、
ブルックリンの一片を切り取ったような感じです。


Dsc02483_2_1_1

Dsc02134

2017 Estate Sparkling Rose 
ピノノワールとシャルドネ。よく行くリカーストアのマネージャーさんに
「(フードは)何にでも合うよ」と勧められて買ったのが最初でしたが、
確かにその通り。程よい酸味と、ほのかにスパイシーな感じもあり、
夏にはもってこいな爽やかさです。

Wölffer Estate Vineyardのロゼ
おそらく今ニューヨークで、一番人気と言ってもいいのではないでしょうか。
マンハッタンのリカーストアでも、多く見かけるようになりました。
私がワイナリーに行ったときには、イベントでクローズしており、
彼らの経営するレストランと、ワインピクニック場みたいなところだけ行き
普段は、リカーストアで買っていますが、WEBサイト見て頂いたら分かるように
とにかく、おしゃれです。

Img_2677

Finca Wolffer Rose 2018
こちらは、アルゼンチン産なんですが、やはりマルベック、ピノノワール
シラーなどのブレンド。ストラス系のアロマと、酸味がとても良いです。
アルゼンチンのメンドーサ産、ワインの名所ですね。
ボトルの形もかわいらしく、ギフト映え間違いなしです。

Img_2666

Summer in a bottle Rose 
有名なのが、こちら。毎年販売されると、結構すぐ売り切れてしまうとも
言われており、ニューヨークロゼの代表格にあります。もちろんロングアイランド産です。
メルロー、シャルドネ、カベルネソービニョンなどのブレンド。
フルーティーでかつ、程よいタンニンも残っている辛口、酸味もあります。
こちらもフードにはなんにでも合うと言われています。
これを街で見ると、夏だなーと思います。

今年のお勧めは、こんな感じでしょうか。ニューヨークのロゼは、もうトレンドを
超えて、スタンダードになっている気がします。特にロングアイランドの爽やかな海と
ロゼの組み合わせは、最高のコンビネーション。

皆さんも、6月は、ロゼ中心のワインセレクションで良いかもですね!

Img_2684

NY支店公式Instagram

NY支店公式ツイッター

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。

一日でも早く世界の新型コロナウイルス感染が終息し、皆様に素晴らしい旅行をご提供できることをスタッフ一同心よりお祈り申し上げます。皆様も健康に留意し、健やかにお過ごしくださいませ。 

HIS ニューヨーク支店 

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS ニューヨーク支店

    いいね!ニューヨーク
    2020.12
    loading...
    WORLD情報局