2019.02.14

BULA !

今日はバレンタインデーです。

フィジーのバレンタインデーはお互いにプレゼントを交換します。

義理チョコなどは多分存在しません。
ちなみに弊社オフィスも通常通り、時々男性スタッフに「チョコレートちょうだい!」と
逆リクエストしている女性スタッフもいます。happy01


さて今日は、1日離島クルーズ「ホエールズテール号」のご紹介です。

Whales_tail_cruise_4 帆船で行くクルーズです。

Whalestale03 クラッシック感がこのクルーズのワクワクするところでもあります。

Imgp0683 乗船


Imgp0684 外のデッキもあります。
潮風が気持ち良いのは確かですが、知らず知らずじわじわ焼けますので
長時間は避けましょうban


Imgp0703

ホエールズテールの魅力の一つは島までの移動中でも十分楽しめること!
島まで1時間30分程掛けて向います。
え!長い! そんなに乗ってられない!!
って躊躇される方もいらっしゃいますが、船内で歌を歌ってくれたり、

Whales_tale_033

Whales_tale_008

モーニングティ(午後はアフタヌーンティ)がありますcake

日本からのイメージですと「アフタヌーンティ」=素敵なカップでハイティと上品なスコーン!!
と想像されると思いますが、

Whales_tale_009 アットホームで素朴なお茶タイム!と言う感じです♪

Whales_tale_007

フルーツもあったりapple


お茶をしながら、クルーや他ゲストの方との交流も楽しめるが素敵です。


Dsc_0562

青い空に映える白いマスト。


Whales_tale_029 ちなみにフィジーの人は視力がとても良く、かなりの遠くを見て「ボートが来た」
「あそこに海亀が泳いでいる」と教えてくれます。
クルーも毎日広い海を眺めているので益々視力が良くなっているんじゃないかな?なんて
思います。 なんともうらやましいですeye


Dsc_0648

Blog185
島が近づいてきました。
こちらの島 通称 シュノーケリングアイランド と呼ばれています。
白砂がまばゆいですね。


Whales_tale_031 島へは小型のボートで上陸します。

ちなみにクルーズの名前のホエールズテール、「鯨ウォッチングツアー」ですか?と尋ねられるのですが
残念ながら鯨は見れません。その代わり、ラッキーなときは海亀やイルカが船と一緒に泳いでいるのを
見られる時もあります。

次回、島内をご案内致します。
お楽しみに。

https://tour.hisfiji.com/city/nan/detail.php?tid=8196

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    H.I.S. フィジー支店

    2019.10
    loading...
    WORLD情報局