こぼれ話 2018.09.26

イエローキャブ。

ニューヨークを舞台にした映画では必ず映り込んでいるあのタクシーです。

繁忙期にサービスカウンターでお客様と接する機会がよくあり、

タクシーの説明をしているときに

イエローキャブ。黄色い車・・・で?”

あれ?お客さんの頭上にはてなマークが。

一部と思ってたところ、意外とそうではなく

現地スタッフとしては、見慣れた車なので衝撃を受けた

thunder灯台もと暗しthunderな出来事でした。

”地下鉄に乗るのをためらわれるようでしたら

イエローキャブがいっぱい走ってますから”

などと、メールでご案内してましたので・・・。

微妙な空気がお客様との間に流れた場合、

ネットで検索した画面を出して説明したら

happy02あー、あの車ですかhappy02

と、ようやくご納得頂くことが何度かありました。

よくよく考えたら車もモデルチェンジしているので

今のタクシーのイメージがフワっとしててもしょうがないですね。

”白タク(違法タクシー)でなく、黄色いタクシーを使う”ということだけは

皆様がっつり刺さっておられるのですが、実際利用するとなるとちょっとこころもとない。

ということで。


bellこちらが2018年現在のニューヨーク市公認・イエローキャブですbell

Dsc_1775_2_5

みなさまがイエローキャブといえばこんなの?!と思う標準タイプをまず撮影cameraDsc_1773_2


flair車椅子ご利用の方仕様flairの車もありますよ♪ ボンネットの上の車椅子マークが目印ですeye
Dsc_1772_2

ご家族連れや手荷物が多い方にもぴったりなワゴン車もあります!

これからニューヨークへお越しの方、イエローキャブといえばこちらの車になりますので、

ご都合にあわせて街で流してるのをご利用ください~!

とはいえ、空港送迎は日本語が通じるドライバーに乗っけてってもらいたい!という方は

送迎サービスがありますのでご予約くださいませ。

appleお待ちしております~apple

今週は国連総会の交通規制で街中の車がゆーっくり走っております・・さっちゃんsnail

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    H.I.S. ニューヨーク支店

    いいね!ニューヨーク
    2018.10
    loading...
    WORLD情報局