いつもニューヨーク支店のブログをご覧いただきありがとうございます。
ニューヨークは徐々に観光スポットも再開してきております。
皆様が安心してニューヨークにお越しいただけるようになった際に参考になる観光情報や
スタッフの日常生活などの記載を引き続き努めてまいります。
  。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。 

 

冒頭から私事で恐縮ですが、私がニューヨークのロングアイランドに住み始めたのは1977年。その頃は現在のワイナリーのある通称“イースト・エンド”と言えば、蟹の爪形状の二つの半島の南側(サウス・フォーク)にあるハンプトンくらいしか一般的には知られていませんでした。

現在のワイナリーが集中する北側(ノース・フォーク)と言えばジャガイモ畑ばかりの農地。しかも現在ウッドベリー・コモンに次ぐニューヨーク最大級のアウトレット・モール「タンガー」があり、“ワイナリー・カントリーの玄関口”にあたるリバーヘッドという町はギャング/マフィアが多いとても危険な町でした(もっとも当時はタイムズ・スクエアも非常に危険なエリアでしたが)。

それが今やニューヨーク、いや東海岸、いやアメリカをも代表するワイナリー・エリアとなったことは本当に感慨深く驚くべきことであると言えます。

2012年10月末にニューヨークを襲ったハリケーン・サンディのために、ロング・アイランドのワイナリーも甚大な被害を受けました。しかし、今回のパンデミックはそれを遥かに上回る被害であると言えます。

しかし、ワイナリーという基本屋外中心となる利点を活かし、ロングアイランドのワイナリーはフレキシブルに、力強く、そして元気に営業を行っています。

しかも、今年は冬季休業を棚上げして年中営業を行うワイナリーも増え、寒さに強い?アメリカ人達は、気温が氷点下に近づこうかという状況でも、楽しく屋外でワインを楽しんでいます。

現在、ロングアイランドのワイナリーは対人距離確保と人数制限のため全て予約制となっており、屋内施設はもちろんマスク着用。

紅葉も終わり、本格的な冬が近づく11月の半ば、久々にロングアイランドのワイナリーに足を運び、寒さの中でワインを楽しんできました。

今回予約したのは私のお気に入り&一押しの一つであるSherwood House Vineyards。テイスティング・ルームや居間のような個室のあるこじんまりと落ち着いた建物とおしゃれなバーン(納屋)が人気で、結婚式にも利用されるワイナリーです。

Img_0472

ここはステンレス貯蔵とオーク樽貯蔵の二種類のシャルドネー(白)が一番人気で、やはりシャルドネー100%でシャンペーンの製法を踏襲したスパークリング・ワインも非常にクオリティが高く人気です。

そんなワインを楽しみに、予約を済ませてワイナリーに向かっていた当日朝、ワイナリーの敷地内が停電に見舞われてまだ復旧が見込めないため、申し訳ありませんがキャンセルさせていただきたいという電話が…(涙)。

そこで急遽他のワイナリーに連絡して事情を説明し、すぐに予約を取ってくれたのがShinn Estate Vineyardsでした。

Img_0476

ここは2000年創業ということで、ロングアイランドのワイナリーの中でも比較的新しいワイナリーです。

年間約7万2千本という小ロット生産ですが、28エイカー(約11ヘクタール)という小さなワイン畑では風力などの代替発電を利用したサステイナブル型の農法を進めており、既に13のブトウ品種を栽培・生産してクオリティの高いワインを作り上げ、瞬く間に大人気注目ワイナリーに成長しています。

Img_0474

もちろんブドウ品種ごとのワインも豊富ですが、何と言ってもお勧めは独自のセンスを持つブレンド・ワインとロゼのスパークリングと言えます。

Thanksgivingtrioscaled

※左から、赤のブレンド(メルロー、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニョン、メルベックのブレンド)、一押しのロゼ・スパークリング(シャルドネ主体でピノ・ノワールを僅かに加えたブレンド)、白のブレンド(ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネ、リースリング、ピノ・ブランのブレンド)2016wildboardoe

※こちらは赤のブレンドの自信作。メルロー、カベルネ・フラン、メルベックにプティ・ヴェルドを加えた本格的なボルドー・タイプ。

こちらのワイナリーには、一部屋ながら樽の貯蔵スペースを覗けるアット・ホーム間溢れる小パーティ用の個室もありますが、現在ニューヨーク州はパンデミックのためにインドア・ダイニングが禁止されており、残念ながら利用不可の状態となっています。

Img_0478

Img_0477

この日もテイスティング・エリアのテーブルは常に空き無しの状態で、みんなワイン・グラス片手にテイスティングとローカル食材(現在ロングアイランドのワイナリーでは、テイスティングにはおつまみ的な食事のオーダーが必要となっています)を楽しみ、休日を楽しんでいました。

Img_0479

Sherwood House Vineyards
1291 Main Rd, Jamesport, NY 11947
https://sherwoodhousevineyards.com
​TEL: ​631​-​779-3722

Shinn Estate Vineyards
2000 Oregon Rd, Mattituck, NY 11952
https://www.shinnestatevineyards.com/
​TEL: ​631-804-0367

 

#ふたたび美しい世界へ オンライン体験セミナー

NY支店公式FACEBOOK

NY支店公式Instagram

NY支店公式ツイッター

 

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。
一日でも早く世界の新型コロナウイルス感染が終息し、皆様に素晴らしい旅行をご提供できることをスタッフ一同心よりお祈り申し上げます。
皆様も健康に留意し、健やかにお過ごしくださいませ。 
HIS ニューヨーク支店 

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS ニューヨーク支店

    いいね!ニューヨーク
    2021.01
    loading...
    WORLD情報局