いつもニューヨーク支店のブログをご覧いただきありがとうございます。
ニューヨークは徐々に観光スポットも再開してきております。
皆様が安心してニューヨークにお越しいただけるようになった際に参考になる観光情報や
スタッフの日常生活などの記載を引き続き努めてまいります。
  。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。 

みなさま、お元気でお過ごしでしょうか。

今回から、シリーズ〈名作映画ロケ地めぐり〉と題し、
ニューヨークを舞台にした名作映画をご紹介していきたいと思います。

第1回は、1974年にブロードウェイで上演されたミュージカルを、
1978年にオール黒人キャストで映画化したウィズ

オリジナルは、世界的な名作児童文学として名高いオズの魔法使いです。
原作の舞台はカンザス州ですが、本作では大都会ニューヨークが舞台になります。

主人公ドロシーを演じるのが、当時の売れっ子歌手だったダイアナ・ロス
ドロシーの仲間のひとり、かかしを演じるのが、若き日のマイケル・ジャクソン
という豪華キャストで、話題となりました。


制作費2400万ドル(約25億円)が投入された本作は、1979年のアカデミー賞で、
美術賞、衣装デザイン賞、作曲賞、撮影賞の4部門でノミネートされておりますが、

なんといっても、豪華絢爛に演出されたニューヨークの名所が
最大の見どころと言えるでしょう。

Wiz01

ハーレムに住む幼稚園の先生ドロシーは、吹雪の路上へ飛び出した愛犬トトを
追いかけているうちに竜巻に巻き上げられ、
ムンチキンランドという見知らぬ国に不時着します。

ロケに使われたのが、1964年のニューヨーク万国博覧会で作られたパビリオン。
クイーンズのフラッシング・メドウ・コロナパークにあります。

Wiz02

家に帰りたいなら魔法使い〈ウィズ〉に会わなければならないということで、
ドロシーは、黄色いレンガ道にたどりながら旅に出ます。

途中、カラスにいじめられているカカシを助けたドロシーは、コニー・アイランドへ。
写真は、1927年創業の世界で最も古いジェット・コースター〈サイクロン〉。
アメリカ合衆国が指定する歴史登録財として登録されています。

ここで油の切れたブリキマンと出会います。

Wiz03

臆病なライオンと出会うのが、ニューヨーク公立図書館
ここには実際に、ライオンの石像があります。

その後、地下鉄構内で追いつ追われつの場面になりますが、内部の様子から見ると
42丁目/タイムズスクエアの駅と思われます。

Wiz04a

ブリックリン・ブリッジの向こうに広がるのが、100万ドルの夜景ならぬ
エメラルド・シティの夜景。

やがて、リンゴの形をした太陽がのぼり、夜が明けていきます。


Wiz05

そして、いよいよエメラルド城に到着。
当時、まだ健在だったワールドトレードセンターの広場で、
650名のダンサーによるきらびやかな踊りが繰り広げられます。

全体的に、1970年代のニューヨークを彷彿とさせるダークな色調。
シュールで怪しげな魅力にあふれたカルト映画として、根強い人気があります。


★★★

ウィズ』の原作となった『オズの魔法使い』に関しては
HIS のオンライン講座をご参照ください。

【世界の名作】行った気になる!〈オズの魔法使い〉の故郷カンザス/ミズーリの旅
〜ハート・オブ・アメリカがここにある〜
 
12月以降の催行日(12/10, 12/24, 1/7, 1/21, 2/4, 2/18)

1939年に映画化された児童文学の名作〈オズの魔法使い〉にまつわるエピソードと今日的解釈、
ゆかりの地として知られるカンザス/ミズーリの旅にご案内いたします。

お申し込み・詳細は →こちら

Posted by Firebird '20

#ふたたび美しい世界へ オンライン体験セミナー

NY支店公式FACEBOOK

NY支店公式Instagram

NY支店公式ツイッター

。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。
一日でも早く世界の新型コロナウイルス感染が終息し、皆様に素晴らしい旅行をご提供できることをスタッフ一同心よりお祈り申し上げます。
皆様も健康に留意し、健やかにお過ごしくださいませ。 
HIS ニューヨーク支店 

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS ニューヨーク支店

    いいね!ニューヨーク
    2021.01
    loading...
    WORLD情報局