ウィルス対策として、パリの公共交通機関利用の際は、マスク着用が義務付けられています。

一時はマスクが売り切れたこともありましたが、使い捨てマスク、布マスクともに薬局やスーパーで買うことができます。

行政の判断で、住民に配布されることもありました。

色々なマスクをした人々がいます。

パリのメトロでも対策が取られており、一定の距離を保つために『座ってはいけない』席にはシールが貼られています。

Img_2602_2

立つ場所にも、シールが貼られています。

Img_2601

ドアにも注意書きがあります。

Img_2605

「みなさんの健康のため、正しい対策を」

特にマスクなどをチェックする係員は見られませんでしたが、きちんと乗客はマスクをしていました。

Img_2600 使い捨てマスクが道端に捨てられている、という残念なニュースもありましたが、このシールも以前はありませんでした。

「Merci」ありがとう、と大きく書かれているのも新しい気がします。

皆で協力しましょうね、ご協力ありがとうございます、ということでしょうか。

今は特に世界中で、一人一人が気を付ける時ですね。

この状態はしばらく続くようですが、皆様も体調に気を付けてお過ごしください。

(NK)

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS パリ支店

    2020.12
    loading...
    WORLD情報局