タイトルの通り、

貸切のルーブル美術館に、HISのimpressoのお客様に混ざって体験してきました

18時過ぎから30人程度のグループに分かれて入場します

あのルーブル美術館にお客さんが自分たち150人程度しか居ないと考えるとすごいですよね!

Image2

本当に誰も居ません!!

Image1

ミロのヴィーナスもこんなに素敵に撮れます

普段だったらこの距離で誰も写りこまないことは不可能ですeye

Image3

オーラがすごいですimpact

Image3_1_2

ダ・ヴィンチ・コードのイメージがあるのでちょっと怖いです笑




Image2_1_2

私の一番のお目当ての絵

好きなバンドがこの絵をアルバムのジャケットに使用しているので本物が見てみたかったのです!

7曲目が頭から離れません笑

そして

Unnamed_2

世界一有名であろうモナ・リザ!

こんなに近くでゆっくりと見れるなんて!

参考までに、前回私が通常営業のときに来た写真です

Image1_1_2

このときは、近くに行くまでにとても待たなければいけなかったのですが!

今回は最初から近くでゆっくりと見れるし、ツーショットまで撮れます!笑

とても価値ありますよねー!

Image4_2

夜のルーブルも綺麗だし、とっっても行ってよかったです!

こんなことなかなか体験できないので、みんなに自慢しようと思います。笑

是非皆さんも参加してみてください!!!

AY

こんにちは!
パリには世界に誇る建造物が沢山ありますよね!
エッフェル塔に凱旋門、ノートルダム大聖堂などなど・・・・・・
パリの街を歩くと、その都市計画に圧倒されます。

オフィスで働く人々が急がしく行き交う街の中心に
どーーーんとそびえ立つのが、そう!

!!オペラ座!!

Image_6483441


ジャーーン、ジャジャジャジャジャーーーン
(頭の中では『オペラ座の怪人』のテーマが鳴り響きます)

今回は、オペラ座とオペラ座について詳しく知れるもう1箇所をご紹介いたしますsign03

このオペラ座は、ガルニエという設計者の設計で、1875年に完成しました。
「オペラ・ガルニエ」や「ガルニエ宮」とも呼ばれています。
建築中には、普仏戦争やナポレオン3世の逃亡、パリ・コミューン発足など
いろいろあって、工事が止まってしまうこともあったそうです。

オペラ座は、実際にオペラを鑑賞しなくても中を見学することができますscissors
ただ、オペラ座の見学には、結構「運」も必要なんです。
本来ならばオーディオガイドが付くのですが、
筆者が見学に行ったときはなせかオーディオガイドが借りられませんでしたcrying
劇場内ステージや客席も見学することができますが、
運が悪いと公演準備のため中が真っ暗だった!なんてことも・・・・・・shock
なので、オペラ座見学に行く前には徳を沢山積んでおきましょう(笑)


では早速オペラ座内部を少しご紹介いたしますscissors



Img_4075_1


入ってすぐの吹き抜け部分は、とっても高い天井に豪華な絵が描かれており、
柱や壁には装飾がふんだんに施されています。



Received_1037405153067086_1


吹き抜けの大広間にあるのは、この大階段shine
「マスカレーード 仮面舞踏かーーい」
と歌って踊りながら階段を降りていきたくなりますwink



Received_1037405366400398


ボックス席から客席内部を見学することができます。
豪華ですねーーーhappy02
また、ガイド付のツアーに参加すると、
あのふかふかそうな椅子に座って説明を聞くことができます。



Img_4082


有名なシャンデリアもここにあります。
重さがなんと、7トンもあるんですsign03
これが落ちてきたのを想像するととっても怖いですねwobbly
(実際に1896年に落ちて、その事件から『オペラ座の怪人』が生まれたのです)

シャンデリアの上の天井画も見どころです。
シャガールが手がけたこちらの天井画ですが、
有名なオペラの演目たちのワンシーンを描いたものです。



Fb_img_1522248413694


こちら、グラン・ホワイエ。開演前や休憩時間の休憩場所です。
まるでベルサイユ宮殿の鏡の間のようですねshine
しかも、ここの鏡はベルサイユ宮殿のとは違って
1枚の巨大な鏡でできているんですeye
圧巻です。



Img_1732


天井画もゴージャスです。
この絵は「音楽」を意味する絵だそうですwink


『オペラ座の怪人』ファンの方々、見逃してはいけないのが
あの「5番ボックス」です。
ちゃんと怪人のためにボックスがとってあるんですscissors



Received_1037405123067089


ドアの前には「LOGE DU FANTOME DE L'OPERA」(オペラ座の怪人のボックス席)と書かれたプレートが掲げられています。
このボックスから客席をみて、怪人が見ていた景色を味わうのもいいですね。



そして、オペラ座を楽しめるもう1つの場所が、
オルセー美術館です!
ここにはオペラ座に関する展示品のコーナーがあり、
オペラ座についてさらに詳しく知ることができます。



20180324151554_1


オペラ座の模型です!
グラン・ホワイエの豪華な天井画までちゃんと描かれています。



20180324151432_1


そして、注目ポイントは、舞台装置です!
たくさんの仕掛けがあります。
なんだかミニチュアの怪人が潜んでいそうですねsmile
これはオペラ座に見学に行くだけでは見られないので、
一見の価値がありますgood

また、近くには紙で作られた舞台セットの模型がいくつか展示されています。
遠近法をうまく使ってステージの奥行きを持たせているのがわかりますよ。
(写真を撮りたかったのですが、ガラスへの光の反射でうまく写らなかったので、
目で見に行ってくださいねheart01



P_20180324_151707_1


大階段がある吹き抜け部分を描いた絵画も展示されています。
この絵と同じアングルで写真を取りに行くのもおもしろいですねcamera



オペラ座に行ってから、オルセー美術館に行くのも
その逆でもどちらでも楽しめますscissors

オペラ座だけではない、オペラ座見学、
パリを訪れた際には是非やってみてくださいdiamond




NY

Img_94511


ひと際目立つイルミネーションのDIOR

Img_94541


絶好の写真スポットになっています。

Img_94551



H.I.S. パリ支店

2019.03
loading...
WORLD情報局