先週、パリは40℃の猛暑日がありましたが、無事乗り越えました。

今日8月3日は最高気温23度、少し涼しいくらいですが、週末にかけては体温並みの予想最高気温が出ています。

暑い中、冷房が効いていないのに涼しく感じられるところは・・・教会です。

パリの街の暑さと賑やかさから、別世界に逃れてきたような気持になります。

サンジェルマンデプレ教会は、パリ最古の教会です。

Img_1539

6世紀に建てられたのち、破壊と改装が幾度も繰り返されました。

ロマネスク様式とゴシック様式の2つの特徴が見られる、珍しい建築様式をもつ教会です。

外観も特徴的です。

Img_1542

中世時代は大規模な修道院でしたが、19世紀後半のオスマン新都市改造計画により、大部分が壊されて、跡地には住宅が建てられました。

Img_1545_3

最近改装されたことで、ロマネスク様式の特徴がより綺麗に見られます。

藍色に金の星、なんとも絶妙な色です。

Img_1544

信者でなくとも、数々の祈りが捧げられてきたことを感じられるような・・・

気のせいでしょうか。

Img_1546

サンジェルマンデプレ教会のほか、この辺りはぶらぶら散歩をしながら自分のペースで発見するのが楽しいです。

下記、過去の記事です。

見所たくさんのサンジェルマンデプレ地区

(NK)

ブキニスト(Bouquiniste)、って聞いたことありますか?

パリのセーヌ川沿いにある、古本屋さんたちのことです。

古本がメインですが、絵画やおみやげ物も売っています。

Img_27462

ちょっと雲がかかっていますが、ノートルダム大聖堂横のブキニストです。

このブキニスト、ユネスコの世界遺産登録が目標になっているということです。

200件以上のお店があります。実は、税金も家賃も免除されているのだとか。

サイズは厳しく決められているようです。

Img_27472

(車窓から撮ったので反射していてごめんなさい。)

1891年からあるそうです。約130年前ですね。

1900年のパリ万博の際には、既に200もの店が誕生していたそうです。

深緑色も目立ちすぎず、どの季節にも調和している気がします。

世界遺産になるでしょうか?

(NK)

7月14日は、フランス国民にとって特別な日です。

市民が王政を倒したフランス革命は、1789年7月14日、パリのバスティーユ牢獄を襲撃したことが発端となりました。

フランスはこの日は祝日で、一日中お祭りの雰囲気です。

例年、凱旋門では大統領や国賓が参加するパレード、航空ショーが行われます。日が沈むと、エッフェル塔での花火。エッフェル塔下のシャンドマルス公園には、場所取りの市民が早くから賑やかにイベントを待ちます。(今年は一部変更あり)

また毎年オペラ座もコンサートが無料となります。今年は、例外的にインターネットで無料で配信されるようです。


パリオペラ座

CONCERT SOLIDAIRE DES 13 & 14 JUILLET

https://www.operadeparis.fr/saison-20-21/concert-et-recital/concert-solidaire-des-13-14-juillet

7月13日・14日、19:30~(1時間20分)

Youtube / Facebook より配信


お時間が合えばアクセスしてみてください。おそらく日本からでも見られるのではと思います。ただし日本時間は翌朝2:30ですのでご注意を…。

Img_1221

なお、オペラ座での公演は現在中止中ですが、施設の見学は再開されています。

Img_1223

オペラ・ガルニエ見学再開の動画を見つけました。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=20&v=2qkkgVnuXj0&feature=emb_title

有名なシャガールの天井画をはじめ、圧倒される豪華さです。ぜひ本物をご覧いただきたいです。

こちらは4月に公開された動画ですが、外出制限中、オペラ座所属のバレエダンサーたちがそれぞれの自宅などで踊る様子を編集したものです。ニュースでも話題になりました。

https://www.youtube.com/watch?v=NiM-x4fPFRI

(NK)



HIS パリ支店

2020.09
loading...
WORLD情報局