こんにちは。添乗員のハルカです

10月に入り、日本もようやく涼しくなってきましたが、
エジプトなどの砂漠地帯でも暑さがやわらぎ
過ごしやすい季節になってきました。

この時期よくあるのが「ラクダに乗ってみたい!」というご要望です。

本日は、impressoツアーで訪れる国でのラクダ乗り体験の違いをご紹介します。

まず、近年女子旅でも人気のドバイDxb_downtown_night01w4721
ここではツアーでの「選べるプラン」やオプショナルツアーで
設定のある「砂漠サファリ」でラクダ乗り体験ができます。

この砂漠サファリは、4WDで砂漠を駆け抜けることがメインの
アクティブなプログラムです。

Dxb_desert_safari02w4721 このプログラム中に、食事やベリーダンスの観賞をするテントエリアで
ラクダに乗っての記念撮影ができます。

なので、初心者向けのラクダ乗り体験といえます。

2番目は、エジプトPiramides03w4721 この国では、最も中近東らしい風景といえる場所の一つ
でラクダに乗ることが出来ます。

誰もが知っている、あのギザの三大ピラミッドを望む
パノラマポイントピラミッドを背にした
こんなに素敵なラクダ乗り写真が撮れるんですよ。
(現地払い、10ドル/2019年10月現在)

Egypt
最後はモロッコ
ここでのラクダ乗りは、他の国に比べると少し本格的。
らくだに乗って、30分ほど砂丘を移動してサハラ砂漠の朝日観賞へ向かいます。
隊列を組んで移動していくというまさにキャラバン気分も味わえるのです!

しかし長い時間ラクダに乗って移動し、揺れもありますので
足腰の弱い方にはお勧めできません。
そして、うれしくなってついつい自分で写真を撮りたくなりますが、
そこは我慢してしっかり両手でつかまってくださいね!
(オプショナルの場合はその場で申し込み&支払い、
日本円で約5,000円+チップ要/2019年10月現在)

Sahara 実際に体験してみるとわかりますが、ラクダに乗り降りする際は
バランスを崩しやすいので万が一の怪我に備えて、
保険にはしっかり加入しておきましょう。


(実際現地のオプショナルツアー主催会社は保険に加入していないため、
ラクダに乗られる際に保険に関しての同意書にサインを求められます。)

ちなみに…
ラクダには、ヒトコブラクダとフタコブラクダの2種類があり、
今回ご紹介した地域はヒトコブラクダの生息地域です。
ヒトコブラクダは足と首が長めなのが特徴。
フタコブラクダは主に中央アジアに生息しています。

また、最新の遺伝子分析によると、ラクダとクジラは
同じ祖先で同じ系統の仲間だそうですよ。
是非、動物園などで小ネタにトリビアを披露してみてください。


※掲載のツアー内容・現地情報等は掲載日現在のものとなります。


******************
impressoお勧めツアーはこちら!

ドバイ・アブダビ5日間 

気軽にエジプト5日間

モロッコの誘惑8日間

******************

2021.01
loading...
WORLD情報局