こんにちは。添乗員のハルカです

10月に入り、日本もようやく涼しくなってきましたが、
エジプトなどの砂漠地帯でも暑さがやわらぎ
過ごしやすい季節になってきました。

この時期よくあるのが「ラクダに乗ってみたい!」というご要望です。

本日は、impressoツアーで訪れる国でのラクダ乗り体験の違いをご紹介します。

まず、近年女子旅でも人気のドバイDxb_downtown_night01w4721
ここではツアーでの「選べるプラン」やオプショナルツアーで
設定のある「砂漠サファリ」でラクダ乗り体験ができます。

この砂漠サファリは、4WDで砂漠を駆け抜けることがメインの
アクティブなプログラムです。

Dxb_desert_safari02w4721 このプログラム中に、食事やベリーダンスの観賞をするテントエリアで
ラクダに乗っての記念撮影ができます。

なので、初心者向けのラクダ乗り体験といえます。

2番目は、エジプトPiramides03w4721 この国では、最も中近東らしい風景といえる場所の一つ
でラクダに乗ることが出来ます。

誰もが知っている、あのギザの三大ピラミッドを望む
パノラマポイントピラミッドを背にした
こんなに素敵なラクダ乗り写真が撮れるんですよ。
(現地払い、10ドル/2019年10月現在)

Egypt
最後はモロッコ
ここでのラクダ乗りは、他の国に比べると少し本格的。
らくだに乗って、30分ほど砂丘を移動してサハラ砂漠の朝日観賞へ向かいます。
隊列を組んで移動していくというまさにキャラバン気分も味わえるのです!

しかし長い時間ラクダに乗って移動し、揺れもありますので
足腰の弱い方にはお勧めできません。
そして、うれしくなってついつい自分で写真を撮りたくなりますが、
そこは我慢してしっかり両手でつかまってくださいね!
(オプショナルの場合はその場で申し込み&支払い、
日本円で約5,000円+チップ要/2019年10月現在)

Sahara 実際に体験してみるとわかりますが、ラクダに乗り降りする際は
バランスを崩しやすいので万が一の怪我に備えて、
保険にはしっかり加入しておきましょう。


(実際現地のオプショナルツアー主催会社は保険に加入していないため、
ラクダに乗られる際に保険に関しての同意書にサインを求められます。)

ちなみに…
ラクダには、ヒトコブラクダとフタコブラクダの2種類があり、
今回ご紹介した地域はヒトコブラクダの生息地域です。
ヒトコブラクダは足と首が長めなのが特徴。
フタコブラクダは主に中央アジアに生息しています。

また、最新の遺伝子分析によると、ラクダとクジラは
同じ祖先で同じ系統の仲間だそうですよ。
是非、動物園などで小ネタにトリビアを披露してみてください。


※掲載のツアー内容・現地情報等は掲載日現在のものとなります。


******************
impressoお勧めツアーはこちら!

ドバイ・アブダビ5日間 

気軽にエジプト5日間

モロッコの誘惑8日間

******************

前回に引き続き エジプトをご紹介sign03

エジプト南部最大の見どころは、

巨大なラムセス2世像が目を引アブシンベル神殿ですshine

アブシンベル神殿とは・・・
ラムセス2世のアブシンベル大神殿とその妻ネフェルタリに捧げられた
アブシンベル小神殿の2つ神殿からなります。

1日の中で様々な表情を見せてくれるアブシンベル神殿。

さて、あなたは朝昼夜、どのアブシンベル神殿を見たいですか?

downwardrightdownwardrightエントリーナンバー1downwardleftdownwardleft
朝、太陽に照らされて赤く美しく輝くアブシンベル神殿。

Photo

downwardrightdownwardrightエントリーナンバー2downwardleftdownwardleft
昼、観光客で賑わう活気溢れたアブシンベル神殿。

Photo_2

downwardrightdownwardrightエントリーナンバー3downwardleftdownwardleft
夜、音と光に包まれた幻想的なアブシンベル神殿。

(アブシンベル神殿を舞台に音と光のショーが行われます。)

Photo_3

downwardrightdownwardright番外編downwardleftdownwardleft

ナセル湖から眺めるアブシンベル神殿。

Photo_4

かつて、このアブシンベル神殿は、
アスワンハイダムの建設により水没の危機にありましたが、
ユネスコの働きかけで、
神殿自体を分割切断して運び、eyeimpact
コンクリートのドームを基盤に今の場所へ大移築wrench

水没の危機から免れたという奇跡の神殿sign03

また、ユネスコが世界遺産を創設するきっかけにもなった歴史遺産です。

ダムの建設によりできたダム湖「ナセル湖」はなんと琵琶湖の約7倍sign01
滋賀県がすっぽり入ってしまう大きさなんですhappy02

ナセル湖のすぐ脇にある、アブシンベル大神殿の巨大なラムセス2世像は、
あの奈良の大仏よりも大きくて、脣の長さだけでも横1メートルあるんですってsign03
ずっと見上げていると首が痛くなるほど。


ちなみに私は、
朝のアブシンベル神殿が一番のお気に入りheart01

Photo_5

2_2

 

ナセル湖の向こうから昇る太陽と、
その朝日に照され赤く染まるアブシンベル神殿の美しいことcatfaceheart04

エジプトでの早起きは、三文の徳なのです。

byニシタニ


水没の運命から救われたアブシンベル神殿をたっぷり楽しむなら、
▼▽▼こちらのツアーがおすすめ▼▽▼

●添乗員同行●エジプト感動周遊8日間

●添乗員同行● 憧れの豪華ナイル川クルーズ満喫 悠久のエジプト周遊8日間

●添乗員同行● 奇跡のエジプト満喫 10日間
→出発日限定、アブシンベルの朝日の奇跡ラムセスDAYを体験できるツアー特別ツアー

shineラムセスDAYとはshine

アブシンベル大神殿は年に2回(2/22、10/22)
大神殿の奥の小さな至聖所まで朝日がまっすぐに差し込むよう造られており、
エジプトではこの日をラムセスDAYと呼んでいます。
この日は夜通しお祭りのようなイベントが開催されます。
是非ご体験あれsign01


※掲載のツアー内容・現地情報等は掲載日現在のものとなります。

アッサラームアレイコム♪(こんにちは~)


さて、今回は
エジプトのナイル川クルーズの景色をご紹介します。


エジプトといえば・・・

壮大な歴史とそれを物語る遺跡の数々が思い浮かびますが、


でも、エジプトはそれだけじゃないんですsign03


雄大なナイル川を優雅にクルーズしながら移動するのも
エジプト旅行の醍醐味のひとつshine

あのカエサルとクレオパトラも、
新婚旅行でナイル川クルーズしたんですってsign01

この景色を二人も眺めたんだなぁなどと思いを馳せながら、
夕方のデッキで心地よい風に吹かれていると、

何やらナイル川が大渋滞、、、sweat02


そう今回のルート、

ルクソール~アスワンまで3泊4日のナイル川クルーズの見どころのひとつが、

ルクソールとエドフの間にある、このエスナ水門通過ですshipdash

1(水門に入る瞬間は船頭で!)


船幅ギリギリの水門に大きなクルーズ船が2隻ずつ入って水門が閉まると、
水位がぐんぐん上がります。

その水位差は、なんと6メートルeyeimpact

2(水門が閉まるのを船尾から見守ります。)


こうして日々何隻ものクルーズ船が、
ナイル川6メートルの水位差を通過してゆきます。

この日のエスナ水門通過は17:30頃、
ちょうど夕焼けから夜景に変わる景色も堪能できましたhappy02

3(夜景に写るのは昔のエスナ水門。)


「エジプトはナイルの賜物」
ナイル川から見る夕焼けは格別ですよ~。

Photo_6

クルーズ旅行ならではの景色をお楽しみあれ。
byニシタニ


※掲載のツアー内容・現地情報等は掲載日現在のものとなります。

 

2021.01
loading...
WORLD情報局